ついに仮面を外したクララとカレン!「ClariS 2nd HALL CONCERT in パシフィコ横浜国 立大ホール ~さよならの先へ…はじまりのメロディ~」ライブレポート

ClariSのコンサート「ClariS 2nd HALL CONCERT in パシフィコ横浜国立大ホール ~さよならの先へ…はじまりのメロディ~」が、9月16日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて開催された。この日の公演はメンバーのクララとカレン、そしてその場に集ったすべてのClariSファンにとって、おそらく一生忘れ難い公演となった。

物語仕立てで進行することが恒例となっているClarisのコンサート。今回はクラリルス島に生まれた2人のお姫さまが、妖精たちの作った夢の世界で成長し、外の世界に旅立つまでの軌跡が描かれる。まずは、彼女たちのライブではお馴染みとなっているウサギの執事・KUMAと、仮面を被ったメイドが登場し、踊ったり冗談を交えながら、ライブの注意事項を説明していく。

やがてどこからかクララとカレンの「KUMAー、どこー?」という声が聴こえ、ウサギの駆けるCG映像がスクリーンに映し出される。そして白いドレスに身を包んだ2人が逆光に照れされてステージ上段に登場し、『エロマンガ先生』のOPテーマ「ヒトリゴト」で軽快にライブをスタート。クララは片方の耳が折れたウサギ、カレンはネコっぽい仮面を着用。可憐な動きと共にパフォーマンスを展開していく。

その後も「nexus」や「Collage」といったダンサブルなナンバーを次々と披露。歌詞やサウンドのイメージに合わせた振り付けで曲の世界を見た目でも表現する2人はもちろん、楽曲によっては8人のメイドダンサーやKUMAも参加するので、全体の印象としてはメルヘンチックな舞踏会といった趣きもある。

「border」のTeddyLoidリミックスをバックにしたメイドたちのダンス・パフォーマンスを挿み、大人っぽい赤の衣装に着替えた2人が再登場。「Drawing」「Tik Tak」などで艶味を帯びた歌や動きを見せて、自身の成長していく過程を表現していく。このようにストーリーの流れにピタリとハマる楽曲を用意できるのも、これまでの彼女たちの活動の積み重ねがあったればこそだ。

さらに今回のコンサートには、クララとカレンそれぞれのソロでの見せ場も。カレンは執事のKUMAと共になんとタップダンスを披露。クララはリスアニ!本誌の付録CDで発表されたメジャーデビュー前の初期楽曲「君の夢を見よう」をソロで歌唱する。ダンスと歌、それぞれの得意とする分野をさらに魅力的に見せる演出に、彼女たちのパフォーマーとしての成長と進化が感じ取れる。

そこからまたも衣装チェンジした2人は、ふわふわのスカートを揺らせながら「Clear Sky」で幻想的な歌声を響かせていく。続く「reunion」で〈蕾のままだった明日〉を咲かせた2人。ここで突如ファンファーレが鳴り渡り、「ClariS城のお姫様が誕生されました!」と宣言される。めでたいお話なのかと思いきや、ここで執事のKUMAがひとりで登場。もともとはクラリルス島の神木だったという彼、ClariSの2人を見守るために妖精の力でウサギとなっていたのだが、彼女たちが無事お姫様になったのに伴い、執事の役目を終えたということで元の神木に戻ってしまう。

「KUMA、どこにいるの?」と懸命に呼びかける2人の目の前で、「さようなら、お嬢様」と告げて神木に戻ったKUMA。切ない別れのシーンに続いて歌われたのは「泣かないよ」。時に胸元に手を当てて、みずからの心の痛みを抑えるように歌う2人の後ろには、大樹の映像が映される。そこから「YUMENOKI」で鋭いビートに乗せて前を向く覚悟を決めたような力強い声を届け、「サヨナラは言わない」へ。その曲のラスト、後ろを向いた2人はマスクを取り、スモークに包まれたまま姿を消す。

そしてスクリーンに投影されたのは、ClariSのこれまでの物語が綴じられた本。彼女たちの7年間に渡る活動の軌跡が、物語の形になって紹介されていく。最後に新しい本のページが開かれて…その動きにシンクロするようにステージの階段が左右に割れ、逆光を背に登場したのはなんと仮面を外したクララとカレン! 「みんなー! 会いたかったよー!」と告げて、眩い光に囲まれながら「Prism」を歌う2人。ClariSファンの誰もが夢見ていながら想像していなかった事態に、客席からは驚喜と熱狂の両方を意味する声が上がる。

そう、この日のライブは、デビューから7年間、顔を出さずに活動してきた彼女たちが、そのミステリアスなヴェールをみずから取って新しい一歩を踏み出す、記念すべき公演だったのだ。会場中が青のペンライトに染まった「カイト」で大海原に出航した彼女たちは、代表曲である『魔法少女まどか☆マギカ』のOPテーマ「コネクト」で文字通りファンと気持ちを〈連結〉してライブ本編を締め括った。

アンコールのMCで「今年の武道館公演で仮面を外すシーンがあったんですけど、そのときに仮面を外してみなさんにお会いしたい、いっしょの時間をすごしたいなと思う気持ちがすごく強くなりました」と、その心情を説明したクララ。カレンも「みなさんと仮面を外してお会いするのが、ちょっぴり恥ずかしかったし、緊張もしたんですけど、それ以上に幸せでした!」と喜びをあらわにする。アンコールの最後に歌われたのは「Orange」。クララとカレンもペンライトを手にし、一面オレンジ色となった会場に、2人の慈愛に満ちた歌声が広がる。歌詞の最後の一節〈眩しい季節越えて/今2人ここから歩き出す〉が深い余韻を残して、彼女たちの物語の〈Season01〉は幕を閉じた。

なお、2018年3月29日、30日には舞浜アンフィシアターにて次のライブの開催が決定。ClariSの〈Season02〉がそこからスタートするという。仮面を取って新しいはじまりのメロディーを奏でた彼女たち。今後は自身が主催するライブなど限定的な場所での解禁になるとは思うが、次に紡ぐのはどんな物語なのだろうか。さよならの先には無限の可能性が広がっている。

Text By 北野 創

“ClariS 2nd HALL CONCERT in パシフィコ横浜国立大ホール
~さよならの先へ…はじまりのメロディ~”
9月16日(土)パシフィコ横浜国立大ホール

<SETLIST>
M1. ヒトリゴト
M2. nexus
M3. プロミス
M4. Collage
M5. border –remix-
M6. Drawing
M7. Tik Tak
M8. CLICK
M9. ホログラム
M10. blossom
M11. again
M12. SECRET
M13. 42nd STREET(カレンソロ)
M14. 君の夢を見よう(クララ ソロ)
M15. Clear Sky
M16. reunion
M17. 泣かないよ
M18. YUMENOKI
M19. サヨナラは言わない
M20. Prism
M21. カイト
M22. カラフル
M23. コネクト

EN1. SHIORI
EN2. Orange


●ライブ情報
2018年3月29日(木)、30日(金)
会場:舞浜アンフィシアター
問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
詳細は後日発表!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人