RAB(リアルアキバボーイズ)のじゆう帳! 第4回 ゲスト・爆弾ジョニー

レペゼン秋葉原のアニソン・ダンスパフォーマー集団、RAB(リアルアキバボーイズ)が、アニソンとダンスを繋げるリスアニ!WEBの連載「RAB(リアルアキバボーイズ)のじゆう帳!」。第4回は、TVアニメ『ピンポン』のOPテーマ「唯一人」で知られる5人組ロック・バンド、爆弾ジョニーの皆さんをゲストに迎えてお送りします!

今年5月にRAB主催のイベント〈RABバトルロワイヤル〉で初共演した彼ら。あまり接点がなさそうに思えますが、実はプライベートでも遊びに行くほどの超仲良し!今回も和気あいあいと語っていただきました。

――今回は男ばかりが10人も集まったわけですが……。

一同 (笑)。

けいたん 第2回のA応Pさんとの対談が11人でしたけど、そのときとは180度違いますね(笑)。

――でも、同性が相手だからこそ話せることもたくさんあると思うので、本日はざっくばらんに語っていただければと思います。

けいたん 爆弾ジョニーとしか話せないことのほうが多いと思うし。

ムラトミ 9割はシモの話だからね(笑)。

タイチサンダー 文字を起こしたら全部伏せ字になったりして(笑)。

――そこはお手柔らかにお願いします(笑)。まずは両グループの交流のきっかけを聞かせていただけますか?

りょーめー 僕が(RABのことを)YouTubeとかで見て一方的に好きになって。ムラトミさんがひとりで「唯一人」を踊ってくれてたりもしてたので、タイチとライブを観に行ったんですよ。そしたら、けいたんさんがTwitterでDMをくれて。

けいたん しかも、そのライブは僕らのいちばん最初のワンマン・ライブだったんですよ。それで彼らが観に来てくれてたことを、後でTwitterで知ったんですよね。

マロン 僕たちも爆弾ジョニーのことはもちろん知っていて、みんな『ピンポン』のアニメにハマッてたんですよ。特にムラトミさんとあつきくんと僕は帰り道がいっしょだったので、『ピンポン』が放送してた時期はその話ばっかりで、「オープニング超カッケー!」という話をしてたぐらいで。それでライブのあとで僕がエゴサしてたら、「あれっ!?爆弾ジョニーの人が来てたらしいよ!」ってなって。

けいたん 「マジで!これはいくしかねえ!」ってことで連絡して(笑)。

ムラトミ 俺は最初信じられなくて、マジでニセモノだと思ってたから。実際に会ってからもしばらくは本物だと思えなくて、なんだったらライブで歌ってるところを観て初めて信じられたぐらいだし(笑)。

けいたん でも、それはわからなくもない。僕らにしてみれば、爆弾ジョニーにいちばん最初に触れたのが『ピンポン』の曲だったからね。PVを観てもカッコいいし、「これは違う人種だな」と思ってたから。だけど、会ってみたら「あれ?同じ人種じゃない!?」と思うぐらい僕たちと似てて(笑)。

涼宮あつき 「やべえ、これ俺らじゃん!」ってなったよね(笑)。

マロン 初めて直接会ったのは、僕らのニコ生にりょーめーくんとタイチくんが来てくれたときだったんですけど、そのときに送られてきたアー写はキメッキメで、それこそイカついあんちゃんたちの集まりみたいな感じだったので、出会うまではちょっとビビッてたんですよ(笑)。でも、会ってみたら「同じ人たちだ!」ってなりましたね。

タイチ 僕は『テニスの王子様』のジャージのコスプレでニコ生に出ましたもんね。

けいたん でもタイチくん、あのジャージはニコ生のときに限らず着てるよね(笑)。

ムラトミ 普通に俺らの番組に出てくれるからアニメのジャージを着てくれたのかと思ったら、前にプライベートで遊んだときにもガチでそのジャージを着てきたからね(笑)。しかも、俺らが初めて爆弾ジョニーのワンマン・ライブを観に行ったときも、本田未央(『アイドルマスターシンデレラガールズ』のキャラクター)のジャージを着てて(笑)。俺、コスプレ衣装をこんなに私服として着こなしてる奴、初めて会ったよ(笑)。

けいたん そのライブはRABのメンバー全員で観に行ったんですけど、終わったあとにムラトミさんが周りのお客さんに引かれるレベルで泣いてて。まあ、泣くのはわかるんですけど、ファンの女の人が「えっマジで?」ってなってましたからね(笑)。

ムラトミ そうだったねー、記憶にないわ。

けいたん 記憶にないだろうね!隣にいなくて良かったよ(笑)。

――ムラトミさんはなぜそこまで感動したんですか?

ムラトミ う~ん……たぶん曲とかもあったと思うんですけど、やっぱりライブ中の爆弾ジョニーの「生きてる感」に食らったんだと思います。

RAB一同 うんうん。

けいたん で、そのあとに楽屋で挨拶させてもらって、そこで初めてフルメンバー同士で会ったら、メンバー構成が似てることに気付いて(笑)。人数が5人同士ということもそうなんですけど、それぞれのキャラの編成が似てるんですよね。だって見た目でわかる人たちもいるでしょ(笑)。

一同 (爆笑)。

マロン 僕は会う前から、ずっと小堀くんに似てると言われてたんでよ。

ロマンチック☆安田 僕らも初めてマロンさんに会ったときに「小堀くんだー!」ってなりましたからね(笑)。

マロン ようやく会えた感があって、会った瞬間に2ショット撮りました(笑)。

安田 でも、たしかに爆弾ジョニーのメンバーでも、RABのこの人は誰に似てるとかを話したことがあって。例えばドラゴンさんはめっちゃドラマーっぽいし、あつきくんとキョウスケはマインドが似てると思う。今日も服の色がレッドでいっしょだし(笑)。

――ということは、RABさん側からだけでなく、爆弾ジョニーさん側からも、相手に対するシンパシーのようなものを感じたわけですね。

りょーめー そう。そのときに楽屋でみんなで会うまでは、俺とタイチが知り合いっていうだけだったんですけど、一緒にやったライブ(〈RABバトルロワイヤル〉)の打ち上げでウオーッて盛り上がって。特に安田くんは一緒にやってめっちゃシンパシーを感じたみたい。

あつき あのときの打ち上げ、超楽しかったんだけど、飲みすぎて全然覚えてないんだよね(笑)。俺めちゃくちゃ酔ってたからあんまり記憶にないんだけど、キョウスケにいきなり「お前はさー○○なんだよ!」みたいなことを言われて。俺もなんか反論してたんだけど、内容はマジで全然覚えてない(笑)。

キョウスケ 俺もまったく覚えてないです(笑)。

けいたん そのときは他にも共演したアーティストがたくさんいたんですけど、ほとんどのみなさんは途中で帰られて、僕らと爆弾ジョニーだけは最後までフルで飲んでたんですよ。ただ、ムラトミだけは病に倒れていたので、イベント自体にも出演できなくて。

――そのイベントで爆弾ジョニーとRABのコラボ・パフォーマンスも披露されたんですよね?

小堀ファイアー 「唯一人」をRABと一緒にライブでやったんですよ。

タイチ 僕らが演奏してるところでRABさんに踊ってもらって。ホントにリアル「踊ってみた」みたいな感じでしたね。

マロン その当時のRABはちょっと大変だったんですけど、あのときは楽しくて疲れが一瞬で吹っ飛びましたね。

けいたん 僕らはその時期、「RABのゴールデンウィーク」と称して4日間連続でいろんなイベントに出演したんですけど、ムラトミさんがその直前に倒れてしまって、4日間の演目をすべて5人で編成してたものから4人編成に直すことになったんです。だから、本番が終わったあとに練習して、それが終わったあとにまた練習の繰り返しで、かなりヤバイ状態だったんです。でもビックリしたのが、爆弾ジョニーとリハしたときに体力が戻ったんですよね。

ムラトミ やっぱりほかのアーティストに対しては気をつかう部分がどこかしらあったみたいなんだけど、爆弾ジョニーだけはなぜかそういうのを気にせずに楽しめたって言ってたよね。

あつき そうじゃなかったら俺、打ち上げで記憶飛ばさないから(笑)。

りょーめー すげえうれしい。あの日のライブはスタッフの人にも「りょーめーがすごく楽しそうで、今年観たライブのなかでいちばん良かった」って言われたからね。

――そのときのライブの手応えはいかがでしたか?

安田 めっちゃ楽しかったし、普段ロックバンドをあまり聴かないお客さんが多かったと思うんですけど、その人たちの「楽しもうぜ感」がすごくて。音楽が好きというより、楽しむことが大好きみたいな感じがすごくて、そういう人たちの前で演奏できたこともすごくうれしかったです。

マロン あの日は音楽から力をもらうことをすごく感じましたね。

――りょーめーさんはRABのどういった部分に惹かれたのでしょうか?

りょーめー RABの「踊ってみた」を観てたら、選曲が俺の好きな曲ばかりで、すげえセンスいいなあと思って。活動の場が被ることはあまりないけど、俺らもカラオケに行ったら「おジャ魔女カーニバル!!」とか歌うし、好きなアニソンのバックボーンとしては同じ部分があると思う。そのノリを俺らは音楽でやってるけど、RABはダンスでやってるってだけで。ユーモアもある人たちだし、すごいなあと思う。

あつき りょーめーとタイチはアニメ好きなんですけど、好きなアニメのジャンルが俺とほぼバッティングしてるんです。今朝もりょーめーがLINEで「取材よろしくお願いします」みたいな挨拶を送ってきたんだけど、それが『からかい上手の高木さん』のLINEスタンプだったんですよ。僕もその作品のことをむちゃくちゃ好きなので、りょーめーが送ってきたスタンプをそのまま買いましたからね(笑)。

一同 (爆笑)。

タイチ あれアニメ化しますよね!俺も大好きで新刊も買いました。

あつき スピンオフ作品もぜひみてほしい。

タイチ 『からかい上手の(元)高木さん』ですよね!

あつき なんかもう今日イチで真剣な目じゃん(笑)。

タイチ アプリもダウンロードしましたから(キリッ)。

――ガチぶりが伝わりますね(笑)。爆弾のほかのみなさんはアニメを観られるんですか?

小堀 僕は全然見ないんです。

りょーめー でも小堀くんはマンガをすごい読むみたい。『暗殺教室』とかもすごく早いタイミングでチェックしてたし。

安田 あと彼はけっこうコアなゲーマーなんですよ。

けいたん そのTシャツは「スプラトゥーン2」だよね?

小堀 はい。でもNintendo Switchをゲットできてないので、ソフトは持ってないんですけど(笑)。あと自分はホラー系のゲームが好きで。

ムラトミ 名作と思う作品はなに?

小堀 Xbox Oneのエイリアンのゲーム(「ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-」)が好きです。PlayStation(R)4でも出てるんですけど。

マロン ここでXboxの名前が出るのがね(笑)。

安田 キョウちゃんは『ガンダム』とか『エヴァンゲリオン』とかが好きで。

キョウスケ 僕は暑苦しい感じが好きなんですよ。今でも少年マンガを読んでて、ジャンプもずっと買ってるんで。

――安田さんは?

安田 僕は機材とかが好きなので、アキバはアキバでもパーツ屋によく行きますね。○○無線みたいなお店に行って、ギターの改造に使うパーツとか、配線とかを買ったりして。前にはんだごても買いましたから。

けいたん 俺のイメージだとパーツ屋といえば自作PCとかなんだけど、ギターで使う道具も売ってるんだね。

安田 けっこうミュージシャン界隈でもアキバで有名なお店があったりするんですよ。

ドラゴン オーディオ・スピーカーとかもすごいもんね。

――そういう意味では、アキバを介したディープな繋がりみたいなものがあるのかもしれないですね。

キョウスケ りょーめーとタイチはプライベートでもよくアキバに行ってるよね。よく話を聞くけど。

りょーめー 別に何をしにいくとかじゃないんでけど、アキバを巡回すると落ち着くよね。定期的に行かないと我を見失うというか(笑)。

安田 たしかに買うものがなくても、アキバならではの街のパワーというか元気がもらえるよね。

りょーめー 遠征とかでアキバに行けないときは、ゲーセンとかに行って気を紛らわせる。似たようなものを浴びないと。

タイチ りょーめーくんはライブでたまにギターのアンプの上にフィギアを置いてますから。

りょーめー 遠征先のゲーセンで取ったフィギアをアンプの上に置くんですよ。こないだは「アイドルマスター シンデレラガールズ」の(双葉)杏を置いてた(笑)。

けいたん ライブ中に「働きたくない、働いたら負け」ってヤバイね(笑)。

――そういえばさっきムラトミさんが〈プライベートで遊んだ〉とおっしゃってましたけど、本当に仲が良いんですね。

あつき 俺けっこう長いこと活動してるけど、ダンサー以外のアーティストの人たちとプライベートで遊んだのは初めてだと思う。やっぱり自分たちのコミュニティでしか活動できないタイプなので。

けいたん うちのメンバーは、ほかのアーティストさんとかがいても全然喋らないんですよ(笑)。

りょーめー でも俺らもそうですよ。最初の頃は、RABのライブに行って楽屋に誘われても、「えー喋れねえ」と思って行かなかったし。それが会ってみたら、もう大変ですね(笑)。

この記事を書いた人