『ジョジョ』シリーズ主題歌の制作秘話に迫る!ベスト・アルバム『TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 THEME SONG BEST「Generation」』リリース記念、大森啓幸プロデューサーインタビュー

シリーズのひとつの集大成となったJO☆STARS

――ここまでは(笑)。そのあとは第3部エジプト編OPテーマである、JO☆STARSの「ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~」ですね。

大森 最初を公平さんで始めたので締めてもらうので公平さんにやってもらおうと思いお願いしました。テーマとしては“旅の総括”にしたいと思っていたんですが、公平さんにも「じゃあ歌い手は誰にするの?トミーなの?Codaくんなの?仁さんなの?」と言われたので、「全員です」と答えて。事前に相談してなかったので、周りからも「えっ」ってなって(笑)。

――そこは誰も予想できないですよね(笑)。大森さんのなかでは歴代シンガーがJO☆STARSとして集結することは決めていたんですか?

大森 そうなるといいなと最初から思ってはいました。ただ言わなかったのは、成立するかどうかわからなかったんですよ。元々3人のユニットを組む場合、3人のバランスを考えて組むじゃないですか。でもこれまで一球入魂で作っていたので、いざやってみてうまくいくかはわからないんですよね。でも3人揃うと、力の1号、技の2号、そしてV3みたいになるかなと(笑)。自分の子供心には胸アツ仮面ライダー1号と2号、V3が揃う夏の映画のような勢揃い感です。

――三人ライダーが揃うカタルシスを求めたと(笑)。ではシンガーとしては素晴らしい3人を、どうまとめていくのかという話になりますが……。

大森 公平さんから上がったデモを聴いてびっくりしました。

――おどろおどろしいイントロから複雑な構成の「ジョジョ その血の記憶」のデモが上がってきたと。

大森 たまげましたね。「なんだこれは」と。このデモはいちばん聴き込みましたね。仮歌が入っているデモで歌の成分を消して、メロの成分だけにして、あとはアレンジだけを頭の中で考えていたりして、3週間ぐらい考えていましたちょうど僕が海外に行っていたりもしたんですけど、その間ずっと考えていて。

――そこから「いける」と思ったのはどのタイミングで?

大森 ずっと考えて、ふと「これって舞台劇だな」と思ったんです。元々公平さんもミュージカル曲を得意とされていて、その強さが出ているなと。そこで「アレンジのこういうところだけ変えてお願いします」と連絡しました。具体的にはテンポを少しだけ下げてとか、ふたりで話して、歌うパートも変えたりして。3人がカレイドスコープというか、銃の弾倉みたいにカチャカチャと各自が歌うパートが変わっていくのが「その血の記憶」です。まあ無茶をやりましたが、承太郎も「無理だとか無駄だとか聞きあきた」と言っていましたし結果良かったのかなと(笑)。

――完成した楽曲はカオティックながらキャッチーな仕上がりでした。また映像との親和性も素晴らしかったですが、特に第47、48話での曲中にディオのスタンド“ザ・ワールド”が発動するという演出は語り草になりました。

大森 あれは神風動画の方が会議でいきなり言い出したんですよ。みんな一瞬シーンとして、しばらくして「結構いいかも」って通ったんです。

――通常のオープニング尺より9秒長いものというのも異例中の異例ですよね。

大森 普通はあまりやらないんですね。でも集英社さんもアニメの現場も代理店の方人も「いいんじゃあないですか。最高ですね!」ってムードになっていました。思えばみんなあのときはジョジョのアニメを続けていく熱気に浮かされていたのかもしれません(笑)。

――まるでDIOによる肉の芽を植えつけられたような(笑)。

大森 “ジョジョ愛”という肉の芽なんでしょうか(笑)。放送までずっと内緒にしていたスペシャル版のオープニングですが、放送当時のSNSなどでの実況的なものもすごかったですね。

――誰も予期しなかっただけに、衝撃は半端じゃなかったですよ。

大森 神風のスタッフも「このまま終わったら神風動画じゃないですよ!」といってプレゼンで出されたんです。海外の実況も大反響で、あれはうれしかったです。みんなが喜んでくれる様子が見られたので。

――音楽面において、まさに大森さんが魂を削りながら作った集大成ですよね。

大森 何かが削れました(笑)。

――第3部が大団円を迎えたあとは、第4部がスタートし、こちらも昨年完結しました。気が早いですが、ファンとしては『ジョジョ』アニメのその先を期待してしまうのですが……。

大森 このあとはですね……僕自身は何かが削れたので充電をしたいなと思っています(笑)。

――充電ですか!(笑)。

大森 今ベスト盤を出したり、映像でもBlu-rayボックスを出したりしてますが、もう一回『ジョジョ』を皆さんに観返してほしいと思っているんですよ。素晴らしいテレビまんがのような世界を楽しんでほしい。CDもベストになったし手にとって聴いてもらいたいですし、カラオケに行って歌ってもらえるとうれしいし。もう一回『ジョジョ』を観返してもらって、面白いと思ってくれれば、さらにいろんな人に勧めてくれるとうれしいなと思います。アニメやマンガっていいものですよ、観たり読んだりして胸が熱くなる。そういうものを届けてくれる画と曲なので、もっとみんなに観てもらいたいと思っています。

Interview&Text By 澄川龍一(リスアニ!)
Photography By 山本哲也


●リリース情報
『ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」』
発売中

品番:1000644021
価格:¥2,500+税

<CD>
01. ジョジョ~その血の運命(さだめ)~/富永TOMMY弘明
(ジョジョの奇妙な冒険 第1部オープニングテーマ)
02. BLOODY STREAM/Coda
(ジョジョの奇妙な冒険 第2部オープニングテーマ)
03. ROUNDABOUT/YES
(ジョジョの奇妙な冒険 第1部・第2部エンディングテーマ)
04. STAND PROUD/橋本 仁
(ジョジョの奇妙な冒険 第3部オープニングテーマ〈前期〉)
05. Walk Like An Egyptian/The Bangles
(ジョジョの奇妙な冒険 第3部エンディングテーマ〈前期〉)
06. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜/JO☆STARS~TOMMY,Coda,JIN~
(ジョジョの奇妙な冒険 第3部オープニングテーマ〈後期〉)
07. Last Train Home/Pat Metheny Group
(ジョジョの奇妙な冒険 第3部エンディングテーマ〈後期〉)
Bonus Track. アク役♢協奏曲/オインゴ(cv:保村 真)&ボインゴ(cv:くまいもとこ)&ホル・ホース(cv:木内秀信)
(ジョジョの奇妙な冒険 第3部特別エンディングテーマ〈第27話&第36話〉)

※初回仕様版がなくなり次第、初回仕様特典のない通常版を販売致します。

©荒木飛呂彦/集英社
©荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会
©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人