妄想キャリブレーションの妄想アニメ部 ~部員募集中っ♪~【第4回:桜野羽咲編】

連載第4回に登場するのは、桜野羽咲。かつてアニメに人生を支えられた時期があったと語る彼女は、今では主題歌を担当するアーティストとしてアニメを支える存在となった。自らの夢を“アニソン・シンガー”と公言する彼女は、どのようなきっかけでその夢を持ち、今に至るのか。彼女が持つ強い強いアニメ愛はもちろん、併せてその土壌を培ってきた様々なジャンルの事柄についてのエピソードとともに、存分に語ってもらった。

自分を支えてくれたアニメを通じて、生まれた夢

――桜野さんがアニメやアニソンを好きになったきっかけは、何だったんでしょう?

桜野羽咲 お父さんやお兄ちゃんがアニメやゲーム大好きで、ちっちゃい頃から身近なものだったんです。でも小学5~6年生ぐらいになるとまわりの子がアニメを観なくなって話が合わなくなってきたので……なので「アニメ大好き!」って声を大にして言えるようになったのは高校生の頃に友達ができてからでした。

――ただ、その高校生になる前に放送された深夜アニメもたくさんお好きとのことで。

桜野 はい。そういう作品は、高校2~3年生ぐらいに引きこもってるときにバッと観ました。その時期は1日20時間ぐらいアニメを観てたんですけど(笑)、「明日のアニメがあるから頑張れた」っていう時期だったんです。

――そういう存在になったのは、どんな作品でしたか?

桜野 『君と僕。』とか『ギルティクラウン』、『BTOOOM!』とか『夏目友人帳』とかかな? あとは『WORKING!!』とか……。

――結構ジャンルに幅がありますね。

桜野 ありますね。でも“私の生きてる小さな世界じゃ、絶対にあり得ない作品”っていうことが一貫してまして。「アニメは絶対私を裏切らない、絶対楽しませてくれるエンターテインメントだ」と思って、それを信じて毎日観てました。だから今も、自分が“今、生きてる世界”を忘れられるような作品が好きなんです。

――ちなみに今は、1日でどれぐらいの作品を観られてるんですか?

桜野 日によって違うんですけど……でもちょうど昨日、1日で『夏目友人帳 陸』を全話観ました(笑)。前回(星野)にぁちゃんが言ってたみたいに、羽咲も便利なのでアニメ配信サービスに3~4つ登録してまして(笑)。今でも休みの時間があったり移動時間が長かったりすると、それを使って観てますね。

――そのほか、今でもお好きな作品はありますか?

桜野 私、CLAMPの先生たちの作品が大好きなんですよ! 元々小さい頃に『カードキャプターさくら』を観ていて、『ツバサ・クロニクル』もNHKで夕方にやってたのを観てたんですよ。そこから興味を持って原作のマンガを読んだら、アニメと全然話が違っててびっくりして! それで『XXXHOLiC』とも繋がってるのを知って、読んだらめっちゃ感動したんですよ。あのときのわくわくする感じは今でも忘れられないですし、その繋がった3つの世界が大好きで、今でも自分の中で大事にしています。

――それだけお好きだと、影響を受けたセリフやシーンもあるのでは?

桜野 ありますね。特に『XXXHOLiC』の「貴方は貴方だけのものじゃないのよ」っていうセリフなんですけど、それは「自分のことを粗雑に扱うということは、あなたを大切にしている人も粗雑に扱っているっていうことなんだよ」意味で。その頃は人間関係も全然なくて友達もいなかったんですけど、人と関わってなければ自分では気づけないような大事なことを、マンガやアニメから教えてもらいました。

――数多くの作品に触れられているので、ほかにも影響を受けた作品をたくさんお持ちのように思います。

桜野 今の活動に繋がる、っていう意味では『マクロスF』の影響は大きいですね。本当にシェリル・ノームからは、いろんなものをもらいました。最初はたまたま「私の歌を聴けー!」のセリフに続けて「射手座☆午後九時 Don’t be late」を歌い出したシーンを観て、衝撃を受けたんですよ。

――マクロスシリーズらしいポイントではありますけど、たしかに初めて観たときは衝撃的でしたね。

桜野 しかも、それまでにアニメの作中で観てきた、歌ったり踊ったりするシーンとは全然迫力が違っていて全身鳥肌が立って、そこから『マクロスF』を全部バーッと観て、観終わる頃にはシェリルの曲を全部歌えるようになってました(笑)。それでシェリルに影響を受けて本気で「歌手をめざそう」って思うようになったんですけど、誰にも言えなくて。それで、河原でずっと歌ってたことがあるんですよ。

――河原で!?

桜野 はい。引きこもる直前は本当に学校に行きたくなくて、学校に行くフリをして家を出て、河原に行ってウォークマンで曲を流しながらずっと大声で歌ってたんです(笑)。

――今思えばですけど、なんか特訓みたいですね。

桜野 そうですね。知らず知らずのうちに、今に繋がる積み重ねになってたんでしょうかね?(笑)

夢の入り口に立った彼女が、今後めざすものは?

――ちなみに、そのほかお好きなシンガーさんはいらっしゃいますか?

桜野 私、LiSAさんが好きなんですよ。『Angel Beats!』で「ユイちゃん、カワユス!」ってなったのがきっかけで。そこからずっと観ていたんですけど、私、本当にアニソン・シンガーにずっとなりたかったんで、新人の方の出どころを調べるのがすごく好きだったんですよ。

――どういう道を辿って、デビューしたのかを?

桜野 そうなんです。私がそれまで知ってた職業って「学校に行って資格を取って、なる」ものだったので。それでLiSAさんはずっとバンドをやってて……っていう経歴も知ったので、ソロ・デビューが決まったときには「おめでとう!!」って思いました(笑)。

――じゃあ、同じグループのソニー・ミュージックさんからメジャー・デビューできて、しかもアニソンも歌えるというのは、願ったり叶ったりなところもあるのでは?

桜野 あります! 私、(同じレーベルの)UVERworldさんも、彼らがアニソンを歌う前から大好きだったので、私たちも同じソニー・ミュージックさんからメジャー・デビューできるという話を聞いたときは本当に幸せでしたし、さらにアニソンを歌わせていただけるって決まったときもすごく感動しましたね。普段は結構ローテンションなんですけど、「アニソン、決まったよ!」って聞いたときは喜びすぎてヒザを思いっきりすりむいちゃったぐらいで(笑)。

――何があったんですか(笑)。

桜野 うれしすぎて、にぁちゃんと手を取り合ってぐるぐる回ってたら……手が離れちゃって(笑)。でも放送される時間帯も私が今いちばん大事に思ってる『カードキャプターさくら』とか『ツバサ・クロニクル』とかがやっていたような時間帯の作品なので、言葉にできないくらい幸せに思ったんですよ!

――そうしてアニソンを担当し始めることのできた妄キャリですが、もちろん今後もアニソンを歌われていくと思います。桜野さんは、どんな作品の主題歌をうたってみたいですか?

桜野 『冴えない彼女の育てかた♭』のときは「桜色ダイアリー」が作品にガッチリハマっていくのを見るのがすごく気持ちよかったので、同じようにいろんな作品でいろんな音楽に出会って、いろいろと挑戦をしていきたいなってすごく思います。それに今は“リスアニ!LIVE”や“Animelo Summer Live”に出るのが夢なので、もっとアニソンを歌えるグループになりたいですし、もちろんソロとしてもアニソン・シンガーになりたいですし……どんどんどんどん、アニメに関わっていきたいですね。

――そのふたつのライブ・イベントは、生でご覧になったことは?

桜野 まだないんですよ。でも「仕事がいろんな場所に自分を連れて行ってくれる」って信じているので、絶対仕事でそのステージに立とうって思います。

――なるほど。ところでちょっと脱線なんですが、最近お気に入りのアニソンはありますか?

桜野 最近はClariSさんの「ヒトリゴト」がすごく大好きで、ずっと聴いてます。テンションも上がるし、かわいいじゃないですか? MVもお姿が観られただけで感動で……実は私、“アリス☆クララ”として「歌ってみた」を上げてるときから好きだったので、ガチヲタなんです(笑)。だから「リスアニ!」も高校生のときに図書委員になって、取り寄せてもらってました!

――ありがとうございます! ちなみに、声優アーティストさんにはそういう方はいますか?

桜野 最近また小倉 唯さん熱が再燃してるんですよ。もう、めっちゃかわいいですよね! それこそ唯ちゃんは……“唯ちゃん”とか言っちゃった(笑)。唯さんは『会長はメイド様!』で幸村るりっていう小1の子の役をやってるときから好きなんですけど、そのときから声がかわいくて! でもまだ生でライブとかを拝見したことがないので、唯さんにもお仕事の現場でお会いできるように頑張ります! あと、「#コレしご」っていう配信番組では『冴えない彼女の育てかた』の(加藤)恵役の安野希世乃さんとお会いできまして。本当に……オーラが柔らかい。“優しい”というより“柔らかい”感じのする、素敵な方だったのが印象的でした。

――こうしてお話をお聞きしていると、本当に様々なジャンルがお好きで、そこから自然とたくさんのことを吸収されている印象があります。

桜野 でもやっぱり、すごく偏ってるとは思いますね。学校に行かなかった時期に観ていたアニメは自分の中の財産だと思っているんですけど、やっぱり学校の勉強って大事だししておけばよかったなぁと思っていて。あと、本ももっと読んでおけばよかったなってずっと思っていたので最近はちょっとずつ読むようにしてるんですけど、本でしかできない展開の裏切り方が、私に初めての感覚をくれるんですよ。それもまた、知らず知らずのうちに何かの積み重ねになっていくのかもしれないですね(笑)。

――では最後に改めて、ここまでお伺いしたからこそ伝えられるような、ご自身のアピールポイントを教えてください!

桜野 あんまりいい言葉が見つからないんですけど、“頑固なところ”です。たまに悪くも作用しちゃうんですけど、自分が大事にしてるところだなってすごく感じるんですよ。有言実行じゃないですけど、自分が絶対「これだ!」って思ったことや「絶対かなえたい」って思えたことは言い続けますし、無理くりにでも繋げようとするので。

――実際に、夢にされたことを次々とかなえられてきていますし。

桜野 それが、自分でもちょっとびっくりするぐらいなんですけど、口に出したことがちゃんと全部かなうんですよ。口にすると「絶対かなえなきゃ!」っていう気持ちが強くなるし、自分で自分を絶対あきらめないようにできるので、それしかないと思って口に出して頑固に貫いてます……絶対に、アニソンシンガーになります!

Inteview&Text By 須永兼次
Phtography By 山本哲也

【第5回:水城夢子編】は9月20日(水)公開予定!次回もお楽しみに!!


●リリース情報
5thシングル
「桜色ダイアリー」
発売中

【初回生産限定盤(CD+DVD)】

品番:SRCL-9414~9415
価格:¥1,574+税
<CD>
M1. 桜色ダイアリー
M2. 青春プロローグ
M3. PINKY☆STAR
ニァピン<藤咲彩音(でんぱ組.inc)×星野にぁ(妄想キャリブレーション)>
M4. 桜色ダイアリー -Instrumental-
M5. 青春プロローグ -Instrumental-
M6. PINKY☆STAR -Instrumental-
<DVD>
「桜色ダイアリー」-Music Video-
「桜色ダイアリー」-Music Video Making-

【通常盤(CD Only)】

品番:SRCL-9416
価格:¥1,204+税
<CD>
M1. 桜色ダイアリー
M2. 青春プロローグ
M3. 桜色ダイアリー -Instrumental-
M4. 青春プロローグ -Instrumental-

【アニメ盤<期間生産限定盤>(CD+DVD)】

品番:SRCL-9417~9418
価格:¥1,574+税
※CDジャケット:「冴えない彼女の育てかた♭」アニメ絵柄描き下ろしイラスト
<CD>
M1. 桜色ダイアリー
M2. 青春プロローグ
M3. スバラシキセカイ
LAVILITH<相沢梨紗(でんぱ組.inc)×桜野羽咲(妄想キャリブレーション)>
M4. 桜色ダイアリー -Instrumental-
M5. 青春プロローグ -Instrumental-
M6. スバラシキセカイ -Instrumental-
<DVD>
「桜色ダイアリー」-Music Video-
「冴えない彼女の育てかた♭」ED映像(ノンクレジットver.)

(C) 2017 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/冴えない♭な製作委員会

●ライブ情報
“47都道府県ツアー ~大声出そうぜ。MOSO MAX~”
※スケジュール等の詳細は公式サイトにて随時更新中!

8/12 Sat 大分Drum Be-0  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
8/13 Sun 宮崎SR BOX  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
8/14 Mon 鹿児島SR HALL  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
8/15 Tue熊本DRUM Be-9 V2  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
8/19 Sat前橋DYVER  open 15:30 / start 16:00  ¥4,860(D代別)
8/20 Sun Live House 柳都SHOW! CASE!!  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
9/8 Fri 高知Bay 5 square box  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
9/9 Sat 松山KITTY HALL ※全自由席  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
9/29 Fri 奈良NEVER LAND  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
9/30 Sat 和歌山SHELTER  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/6 Fri 千葉STARNITE  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
10/7 Sat つくばBAR PARKDINER  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/21 Sat SUSUKINO810  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/27 Fri 青森QUARTER  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
10/28 Sat 酒田HOPE  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/29 Sun 盛岡Club Change  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別

関連リンク

この記事を書いた人