妄想キャリブレーションの妄想アニメ部 ~部員募集中っ♪~【第0回:妄想キャリブレーション編】

各メンバーそれぞれの魅力に迫る前に、まずは「そもそも“妄想キャリブレーション”とは?」という点はしっかり頭に入れておきたいところ。そこで本稿では第0回として、まずメンバー全員にグループ自体や個々人がアイドルになったきっかけなど“基礎知識”にあたる部分をお届け。入り口にあたる質問でありながら、その答えにはどれもそれぞれの個性が際立っていた。

そもそも、“妄キャリ”とは?

――まずは「妄想キャリブレーションはどんなグループか?」というところからお伺いしたいのですが。

胡桃沢まひる ほんとだ!だいたい月1でやってますからね。少し前までは“夢に向かって妄想する、恋しちゃいそうなアイドル”ってキャッチコピーだったんですけど、「激ヤバ∞ボッカーン!!」とかちょっと強めの曲を歌ったりしているのもあって、最近は“秋葉原の体育会系”と自称しています。

――体育会系なんですか?

桜野羽咲 ……精神面が(笑)。

星野にぁ でも、そう自称し始めたら富士山に登ったりマラソンしたり……(笑)。

桜野 別に、体育会系になりたいわけじゃないんですけどね(笑)。あと、自分たちで言うのもなんですけど、ライブ・パフォーマンスも結構アツいんですよ。間髪入れずにMCなしでバーッとやりきったりしていて。

雨宮伊織 そうだね。ライブは体育会系かも。

水城夢子 自己紹介短くしたのも、曲数をやりたいからだよね。最近のアイドルっぽくなく「○○です、お願いしまーす」だけ、みたいな。

――それよりも「パフォーマンスを観て覚えて!」という感じ?

星野 はい。好きになってもらえたら、覚えたくなると思うので。

桜野 それに、パフォーマンスってその場でしか観られないものですからね。

――では続いて、皆さんそれぞれどんなきっかけでアイドルになられたのかをお教えください。

桜野 私はアイドルになるつもりは全然なくて。黒崎真音さんがすごく好きで、歌手に憧れて秋葉原ディアステに入ったんです。そしたら入店から2ヵ月ぐらい経った頃に、詳細を知らされないままオーディションを受けることになって。断ったんですけど「名前を言うだけでいいから」と言われたので結局受けて、その日の夜中に(当時の)社長から「妄キャリに入らないか?」って電話があったんです。そこでも断ったんですけど、なんせ夜中でボーっとしていたのでうまく言いくるめられて……(笑)。いつかソロでシンガーになるんだという夢を持ちながら、今は妄キャリとして活動しています。

水城 私は両親が共働きで、お兄ちゃんふたりもすごい年が離れているので、ちっちゃい頃からひとりでテレビを観てる時間が多かったんです。それで気がついたら、こういう世界への憧れがありまして。とにかくド田舎で育ったんで、「早くこの富山を抜け出してやるんだ!」って密かにずっと思ってました(笑)。

雨宮 で、オーディション受けたの?

水城 あ、そうです……なんでもやってみるもんですね。

一同 (笑)

星野 私はずっと物心ついた頃から「アイドルっていいなぁ」ってずっと思ってたんですけど、地元の宮崎から東京に行く勇気がなかったんです。でも上京してきたときに最後のチャンスとして受けたオーディションが、まさかの妄キャリ新メンバー加入のオーディションで。

桜野 知らされてないけどね。

星野 そう。普通にディアステにバイトしに行こうと思ってオーディションを受けたら、次の日に「妄キャリの新メンバーになりませんか?」って。

桜野 同じ手口で。

――手口(笑)。

星野 でも私は、すごくうれしかったです!最後のチャンスだと思ってやってみたら、こうやってアニソンを歌えたり、リスアニ!さんで連載できたり……もちろん本気で「大きくなりたい!」って思ってやってはいたんですけど、メンバーと一緒にこうやって本当にアニソンを歌えるとは思ってませんでした。

雨宮 私はただの大学生で、芸能界にもアイドルにもなんの興味もなくて……そんなときに、シフトを出し忘れて塾のバイトをクビになったんですよ。

――えー!?

雨宮 それがちょうど就活の時期だったので、「就活前にインパクトのあるバイトをしてみたいな」と思ったんです。それで、その日の朝に「めざましテレビ」で、でんぱ組.incさんの日本武道館ワンマンのニュースを観て“でんぱ組.inc”っていう言葉が頭に残って、ディアステのサイトを見たら“キャスト募集”って書いてあったんです。で、バイトの面接をしに行ったら、それが妄キャリのオーディションで……。

――なんだか、途中から聞いたことある流れに(笑)。でもたまたま起きてつけたテレビでっていうのも、運命的ですよね。

雨宮 ホントそうですよね……不思議です。

星野 他人事か!(笑)

胡桃沢 まひるは元々ディアステを知っていたので、大学に入学してからただのバイトとしてディアステに入ったんです。その頃はでんぱ組.incさんがまだ世間的にも知られていない時期で……一緒に(古川)未鈴さんとチラシ配りをしたり、人が入らなさすぎてキャストとお客さんの数が同じぐらいだったり……でもそこからLIQUIDROOMを乗り越えて、「絶対武道館を埋める!」って全国ツアーを回っていく姿を見て、「アイドルって、どんなときでも夢を持って追いかけたら絶対なれる素敵なものなんだ!」って感銘を受けて。それで、私も「アイドルをやりたい!」って思ったんです。で、全体のオーディションのときに「妄キャリ作るから入らない?」って言われて、初期メンバーになりました。

――なるほど。今お伺いしていても、やっぱり皆さんそれぞれきっかけが全然違っていて。

雨宮 でも、そのほうが味が出ませんか?

――たしかに。ひと口食べて全部同じ味よりも、5個の味があったほうが素敵ですし。

桜野 でも、いろいろあったね。

水城 よくここまで辿り着けたなって思います。

個性爆発! メンバーそれぞれの魅力に迫る

――拝見したプロフィールも皆さん個性が際立っているので、気になったところをお伺いさせてください。まず胡桃沢さんは資格の勉強中とのことですが、勉強と仕事とアニメとを両立させる時間の使い方が気になります。

胡桃沢 まひるは時間の効率化を図るのがすごく好きで。お風呂に入りながらマッサージしながらアニメ観たりとかするんです。

水城 すごい器用なんですよ。

――そうか、防水端末もあるから“ながら”ができますもんね。

星野 もはやスケジュール組むオタクだよね。

胡桃沢 普段の友達との予定とかもすごく刻んでて。今朝フラフープを回しながら、美顔器当てながら、アニメを観てました。

水城 これホントなんですよ!

胡桃沢 フラフープって有酸素運動なので、体力をつけるのにすごくいいんです!

桜野 でも最近、「身体を動かさないでください」って言われたんだよね?

胡桃沢 そう。週イチでキックボクシングに行ったりフットサルを始めたりしてたら、脚にすごく筋肉がついちゃって。整骨院の先生に「筋肉が疲れすぎて張り続けてるから、休まないとダメだよ」って言われて、今は自粛してます。

桜野 それでフラフープ始めたんだよね

胡桃沢 そう。脚じゃないから。

――なるほど、繋がった!(笑)

桜野 動きたくてしょうがないんだよね。ちなみに左回しが苦手らしいです。

胡桃沢 そう。苦手なので、練習してます!

――そして雨宮さんは、超ゲーマーだと。

雨宮 はい。上手くはないんですけど、好きな気持ちは誰にも負けません。

星野 いや、上手いよ?

胡桃沢 FPS(シューティングゲームの一種の略)をPCでやってるときの手の動きが、もう人じゃないレベルで。

雨宮 FPS、大好きなんです。FPSって移動するときにAとSとDとWをめっちゃ使うので、そこのキーだけ、どのキーボード使っても2ヵ月で剥げるんですよね。

一同 (笑)

雨宮 いや、本当に!キーを外してキーボードの掃除をするときも、AとSとDが消えすぎててどれがどれなのかわかんなくなっちゃうんです。

――工業用の塗装に勝つって、すごいですね!

星野 “塗装に勝つ”ってヤバいね(笑)。

胡桃沢 しかもたまにLINEがすごい早朝に返ってきたりして、「なんで起きてるの!?」って聞いたら「ゲームで中国の人と戦ってる」とか言ってて。

一同 (笑)

雨宮 最近私がやってるゲームが日本人が全然いないやつで、ボイスチャットで中国の人にムダに中国語で絡みにいくんです。朝の4時とかに「Hey, China?」とか言って。

星野 煽ってる(笑)。

――もうツワモノしか残ってない時間帯ですよね(笑)。

雨宮 そうなんです……ホント、楽しいんですよ!今って、プロゲーマーの人が家を借りてチームで集まったりしてるじゃないですか?そういうのにも、実は憧れてます。

――続いて星野さんは、ルパンがお好きだとのことで。

星野 はい!ルパンは初恋の相手で、世界でいちばん男らしいって思うんですよ。お父さんが好きだったのもあって『ルパン三世』自体もすごく好きで。小さい頃からシリーズ作品はほとんど、映画は全部観てると思います。この間は、伊勢丹でのイベントにも行ってハート型のクッキーとかを買ったんですよ。その中には“裏切りは女のアクセサリー”とか名言が書いてあって。

桜野 それって、つきものってこと?

星野 そう。「それぐらいじゃないと、女は魅力がないぞ」っていう。かっこよくない!?

胡桃沢 そのクッキー、お守りにしてるんだよね?

星野 うん。MV撮影とかの大事な日に持ち歩いて、何事もなかったらそのクッキーのおかげ……みたいにしてます。

桜野 かわいい(笑)。

――だから目標とする人が“峰 不二子”なんですね。

星野 そうなんですよ!昔は嫉妬もあってルパンをたぶらかす不二子ちゃんが大っ嫌いだったんですけど、最近は「ルパンをたぶらかしてる不二子ちゃんってすごくない?」って思っていて。

――しかも今のお話だと、ルパンは裏切られることがわかってて好きなわけじゃないですか?それって超純愛ですよね。

星野 そうですよ!マジカッコいいんです!それに、世界中の女は自分のものだと思ってるんで、たとえ裏切られることがわかってても絶対に守るんですよ。

水城 それは素敵だね。

星野 でしょ?こんなにかっこいい男は、ほかに絶対存在しません!

――そして水城さんは趣味に“ヲタ用語を真似ること”とあるんですが、今いちばんアツいのはどんな言葉ですか?

水城 うーん……「ありえん良さみが深い!」ですかね。でも最近はヲタ用語を使いすぎて、もうどれがヲタ用語でどれがそうじゃないかわからなくなるぐらいで。

桜野 言った言葉をすぐマネしてくるんですよ。

星野 何気なく「カワユス」とか言ったら、「……カワユス!」とか言ってかぶせてくるんです(笑)。

水城 そうなんです……これからもいろいろ教えてね。

胡桃沢 夢子だけは非オタクなんですけど、さすがに『NARUTO』とかはちょっとかじったことはあるので、そういう作品をパソコンで観てると「あー、それ知ってるー!」って入ってこようとするんです。

水城 私も同じ話題で共感して、みんなと一緒に笑い合いたいなって。

桜野 『冴えカノ』でやっと、そういう話ができるようになったよね。

水城 うん。最初から最後まで全部バーっと観て、みんなと「あれがかわいい」だのなんだの言って、盛り上がりました。

桜野 推しがいるもんね、ちゃんと。

水城 そう、(澤村・スペンサー・)英梨々が好きなんです。

雨宮 この間、英梨々が出るまでランダム缶バッチを引いてて。

桜野 半ベソかきながら「英梨々が出ない!」って。でも出たらすぐにうれしそうに自分の上着に缶バッチをつけてたから、オタクの素質はあると思います。

――桜野さんは特技が“アニメやマンガのセリフ覚え”とのことですが、どんな作品を覚えるのでしょうか?

桜野 ギャグマンガやラブコメとかを、テンポ感も含めて頭の中でいつでも再生できるようにしてます。そしたら寝る前に、頭の中で再生して寝られるので。好きなシーンって絶対自然に覚えるじゃないですか? そうするとその前後も覚えて、さらにその前後……ってなっていくんですよ。元々記憶力は全然ないんですけどね。

――えっ?

桜野 食わず嫌い気味なので、面白いとわかってるところを延々と観て覚えちゃうんだと思います。

――でも、最近の作品も含めてすさまじい数の作品数を観られているようですが……。

桜野 このお仕事を始めたときに「絶対早く妄キャリで売れるぞ!」と思ってアニメを全然観れない時期があったんですけど、最近やっと落ち着いてきたので、その失った数年分のアニメを今観始めているのもあると思います。時間のうまい使い方をまひるさんから学んで。

星野 ホントに?

一同 (笑)

桜野 配信サービスを使ってダウンロードしておけば、オフラインで移動中とかも観れるっていうのは勉強になりましたね。それも活用して、まだまだ楽しく吸収中です!

この記事を書いた人