TVアニメ『おじゃる丸』EDテーマを清浦夏実と沖井礼二によるユニット、TWEEDEESが担当!

アニメ『おじゃる丸』の新EDテーマをTWEEDEESが担当することが決定した。
1998年に放送を開始したNHK Eテレのアニメ『おじゃる丸』は、今年20年目を迎えたことを記念して、最初のEDテーマである「プリン賛歌」の新バージョンを4月5日から放送する。
この2017年のアニバーサリーバージョンを清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ、TWEEDEESが担当。
「プリン賛歌 ~20th à la mode edition」として、ポップでドリーミーなロックサウンドに生まれ変わった「プリン賛歌」を是非チェックしてほしい。

また、こちらのTVサイズの音源は4月12日からiTunesとレコチョクにて配信される予定だ。
新しくなったTWEEDEESのアーティスト写真も合わせてチェックしてみてほしい!


●配信情報
アニメ『おじゃる丸』2017年度EDテーマ
「プリン賛歌 ~20th a la mode edition」TVサイズ
歌・演奏:TWEEDEES/作詞:犬丸りん 作曲:竹中敬一 編曲:沖井礼二
01_TWEEDEES_PuddingSanka_ArtWork_170318_1

4月12日配信開始

iTunes
レコチョク

<TWEEDEES コメント>
清浦夏実

遡ること20年…夕飯前のチャンネルは教育テレビに固定だった清浦家。小学一年生だった私はおじゃる丸の初回放送をハッキリと憶えています。
なので今回お話を頂いた時に「今すぐにでも歌えます」とお返事をしました。
歌録りの際には大地監督もスタジオにいらして、初回放送当時の思い出や、どんなEDにしたいかなどお話ししてくださいました。
大切な20年という節目にTWEEDEESとして参加出来てとても光栄です。
素晴らしきこの時代!是非アニメも音源も楽しんで頂けたら嬉しいでおじゃる。

沖井礼二
おじゃる丸放送開始20年を記念して、スタート時のエンディング・ナンバー「プリン賛歌」をカヴァーするという大役をTWEEDEESが担わせていただくことになりました。恐縮です。
恐縮しつつカヴァー・アレンジに着手したところ「メロディがとても良いから、何をやってもいい曲になってしまう。つまり選択肢が多過ぎて困る」という非常に贅沢な悩みに苦しみましたが、これもプロデューサー氏の「TWEEDEESらしくかっこよくしてくれるのが一番です。ただしベースはリッケンバッカーでお願いします。」というディレクションで吹っ切れました。おかげでTWEEDEESらしくフルスイング出来た作品になったと思います。
私自身がデビューするきっかけとなったバンド「Cymbals」を結成したのもちょうど20年前でした。今、おじゃる丸にこうして関われるのも因縁めいたものを感じます。
おじゃる丸放送開始20年を改めてお祝いさせていただきたく思います。

<TWEEDEES プロフィール>
清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ。2015年結成。
2015年3月18日、日本コロムビアより1st Album「The Sound Sounds.」リリース。ミュージックマガジン誌レビューでは10点満点、2015年年間ベストアルバム歌謡・J-POP部門では8位にランクインと高評価を得る。
11月3日 1st Single「Winter’s Day」TOWER RECORDよりアナログ盤7インチ、日本コロムビアより配信でリリース。
2016年7月20日、日本コロムビアよりセカンドアルバム「The Second Time Around」リリース。
2017年4月よりNHK Eテレのエンディングテーマを担当。
高い音楽性とファッション性を持ちつつ等身大のフレンドリーなキャラクターで臨むステージングのライブにも定評がある。様々な面でポップス/ロックの「王道」を貫くTWEEDEESは世代を超えて時代の潮目となりつつある。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人