「クリオネの灯り」2017年夏アニメ化!OP&ED主題歌はakiに決定!

Yahoo! JAPAN「ネットの名作!泣けるサイト特集(2007年)」に選出され、アップストア有料アプリランキング(カテゴリ別(本))で9位入りした、ナチュラルレイン原作の「クリオネの灯り」(イースト・プレス刊)が2017年夏にTVアニメ化されることが決定した。

また、OP&ED主題歌には元SKEのメンバーで2014年にソロシンガーとしてデビューしたアニソン歌手akiが担当することが決定!3月14日に開催された自身のソロライブにて発表された。主題歌のタイトルは「クリオネの灯り」で、疾走感あふれるさわやかな曲に仕上がっている。

<ライブレポート>
TVアニメ『美少女遊戯ユニット クレーンゲールギャラクシー』「ナゾトキネ」のエンディング主題歌を担当したアニソンアーティストのakiが、29歳の誕生日である3月14日に、東京・北参道にあるストロボカフェで『aki「出口陽」生誕ワンマンライブ』を開催し、その公演内で、ナチュラルレイン氏による人気オンライン小説「クリオネの灯り」のTVアニメ化が発表された。放送は7月を予定しており、キャストやスタッフ、放送情報などは後日発表される。

「クリオネの灯り」は、現代社会の深刻な問題になってしまった「いじめ」をテーマにした作品で、2012年にはイースト・プレスから書籍化もされている。病気がちなうえ、両親を早くに亡くしたため金銭的にも自由がきかずに、いじめの標的となった少女・実(みのり)と、彼女の笑顔を見たいと願う方(たかし)と杏子の物語。3人が焼きそばブラザーズとして過ごしていたある日、実は遠くの街の病院に入院してしまう。それから2ヶ月後、方と杏子のもとに隣町の夏祭りを知らせる差出人不明のメールが届く。

ライブ会場で公開された特報映像では、TVアニメ『クリオネの灯り』のビジュアルとともに、akiが同作のOP&ED主題歌を歌うことも発表された。作品タイトルを冠したOP主題歌「クリオネの灯り」は、aki自身が作詞した楽曲で、「原作をしっかり読み込んで詩をつづりました」とアピールしている。

なお、ライブでは、オリジナル曲「天使にはなれない」「テノヒラ」のほか、中島みゆきの「糸」や松任谷由実の「真夏の夜の夢」などの1970年~90年代にアコースティックナンバー、J‐POPを中心に歌いあげた。久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」では、歌詞を間違えて悔しがるakiの姿に、ファンから声援があがる一幕も。

また、akiたっての希望でスペシャルゲストとして登場した、アイドルオーケストラ「RY’s(リィーズ)」のRIOは、akiとともにSKE48の「強がり時計」ほかを披露。いち早くプライベートで誕生日にお祝いのメッセージをくれたという声優の原奈津子も駆けつけ、改めてakiを祝福した。

アンコールでは、RIOのバイオリンにあわせてファンが「Happy Birthday to You」を合唱し、彼女からakiに誕生日プレゼントが贈られた。最後はakiが「今年は、20代最後の年でアニメの主題歌も任せていただく、私にとって勝負の年です。応援よろしくお願いします!」と決意を新たに、「クリオネの灯り」をライブ初披露して生誕ライブの幕を飾った。

<セットリスト>
1.天使にはなれない
2.テノヒラ
3.ひまわりの約束/秦基博
4.糸/中島みゆき
5.碧いうさぎ/酒井法子
6.真夏の夜の夢/松任谷由実
7.なごり雪
8.LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸
9.なんでもないや/RADWIMPS
10.強がり時計/SKE48
11.ハジマリノオト
EN1.恋/星野源
EN2.クリオネの灯り


●作品情報
TVアニメ『クリオネの灯り』
2017年夏アニメ化決定!

<クリオネの灯り あらすじ>
ずっとイジメられっ子のレッテルを貼られていた実(ミノリ)。そんな彼女の笑顔を見たいと願う 方(タカシ)と杏子(キョウコ)は、ある雨の日の午後、思い切って声をかける。けれど結局、笑 顔は見られないまま、彼女は体調を崩し学校に来なくなってしまう。 それから二ヶ月・・・方と杏子の元へ一通の不思議な携帯メールが届いた。送り主の名前もなく返信す ら出来ないそのメールは、隣町の夏祭りを知らせるものだった――

<aki プロフィール>
1703161542-003

1988年3月14日生まれ
2014年4月31日にソロシンガーを目指す為にSKE48を卒業。
2016年11月9日「Destiny」をリリース
アニメ「ナゾトキネ」エンディングを担当
2016年11月16日 「絶対的晴天青空」をaki a.k.a 出口陽名義でリリース
アニメ「美少女遊戯ユニット クレーンゲールギャラクシー」エンディングなどを担当

©ナチュラルレイン/「クリオネの灯り」製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人