香港・夏の一大アニソンイベント「ANISON DREAM STAGE 2016」にナノ&西沢幸奏が出演!国境を越えた歌声で1000人を超えるオーディエンスを魅了!

news-1608022100-c003

TVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ-』OPテーマ「SAVIOR OF SONG」を始め数多くのヒットを放ち国内ばかりでなく海外でも高い評価を受けているナノと、昨年2月TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』EDテーマ「吹雪」がオリコンウィークリー6位、iTunes総合パート2位にランクインとをリリースし、鮮烈なデビューを果たした西沢幸奏。

そんな2人が7月31日に香港で開催された夏の一大アニソンイベント「ANISON DREAM STAGE 2016」に出演。香港を熱狂の渦に巻き込んだアツいライブのレポートを早速お届けする。

“ANISON DREAM STAGE 2016”ライブレポート

2016年7月30日~7月31日にかけて、香港では夏の一大アニソンイベント「ANISON DREAM STAGE 2016」が開催された。ナノと西沢幸奏は7月31日に出演。イベント2日目であるこの日は開演前から会場のボルテージが高く、出演する4組のアーティストには大きな期待が向けられた。

そんな会場の熱気を一身に纏い、西沢幸奏はトップバッターとして、なんと生バンドを背負って登場。香港のファンで埋め尽くされた会場で圧巻のパフォーマンスを行い、1,000人を超えるオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。
ライブ1曲目は自身のデビュー曲でありTVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』のEDテーマでもある「吹雪」を熱唱。観客を一気に「西沢幸奏」の世界に惹き込んだ。

news-1608022100-c001

その後、彼女のシンボルでもあるギターを掻き鳴らしながら「Brilliant Star」、「Meaning」を続けて歌い上げ、会場の熱は更なる高みへ。4曲目はワルツ調が心地よい「ピアチェーレ」を披露。先ほどまでのロックサウンドとはうってかわり、彼女の優しく透き通る歌声に会場が色鮮やかに包まれた。
再びギターを背負い、ライブはクライマックスを迎える。ラスト2曲はTVアニメ『学戦都市アスタリス』」の前期&後期OPテーマ「Brand-new World」と「The Asterisk War」を熱唱。オーディエンスの熱は最高潮に達した。あっという間に6曲を歌い終え、鳴り止まない歓声の中、彼女のステージが終了した。

続けて登場したナノは西沢の作った会場の興奮を受け、1曲目の「SABLE」からボルテージはマックスに…。「Bull’s Eye」「Nevereverland」「No pain,No game」「Now or Never」と畳み掛けるようにアッパーなナンバーを連発、英語によるMCでオーディエンスを煽り、オーディエンスもそれに応え会場は圧倒的な熱量に満たされた。

続くミディアムナンバー「Be the one」で会場を一旦クールダウンした後は、再びMCでオーディエンスのボルテージを一気にマックスまで持ち上げ「SAVIOR OF SONG」「Rock on.」と2曲続けて披露、それに答えるオーディエンスも声の限り叫び、この日一番の興奮が会場を包んだ。そしてラストはエレクトロな「Freedom Is Yours」。会場を幸せな雰囲気で満たし、ライブは感動の内に終了した。

共にクオリティの高いライブパフォーマンスは、国境の壁を越え、多くの人の心に響いたに違いない。

<ANISON DREAM STAGE 2016 セットリスト>
西沢幸奏
M1:吹雪
M2:Brilliant Star
M3:Meaning
M4:ピアチェーレ
M5:Brand-new World
M6:The Asterisk War

ナノ
M1:SABLE
M2:Bull’s Eye
M3:Nevereverland
M4:No pain, No game
M5:Now or Never
M6:Be the one
M7:SAVIOR OF SONG
M8:Rock On.
M9:Freedom Is Yours


●ライブ情報
Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-
日時:2016年8月26日(金)、8月27日(土)、8月28日(日)
各日 開場14:00/開演 16:00
会場:さいたまスーパーアリーナ
チケット料金:全席指定/前売¥8,700(税込・各日)
*ナノ、西沢幸奏は8月28日(日)に出演します

8月28日(日) 出演アーティスト
蒼井翔太/ALI PROJECT/angela/小倉 唯/小野賢章/黒崎真音/地球防衛部/戸松 遥/TrySail/ナノ/西澤幸奏/Pile/petit milady/Minami/三森すずこ/ゆいかおり and more

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人