『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が「Anime Expo 2016」にて本編映像初解禁!新ビジュアル公開&第1弾特典付き全国共通前売券 7月16日に販売開始決定!

news-1607042030-c001

現地時間の7月2日(土)にアメリカ・ロサンゼルスで開催中のアニメコンベンション「Anime Expo 2016」内で開催された本作のイベント「SAO Festival」にシークレットゲストとして、劇場版のキャストから、ヒロインのアスナ役を務める戸松 遥とリズベット役を務める高垣彩陽が登場!

3,000人のSAOファンが集うステージで、劇場版が2017年春に日本国内を皮切りに、世界中で公開されることが発表され、会場からは大歓声があがった。

news-1607042030-c009news-1607042030-c010

イベントに登壇した戸松は「ついに劇場版ということで私自身いちファンとしてワクワクしております! みなさまに楽しんでいただける作品をスタッフ、キャストのみなさまと力を合わせて作っていきたいと思います。」と語り、高垣も「完全新作ストーリーということで、映像を観ただけで胸が高鳴りました!世界中で愛されている今作…。きっと、皆様の胸を更に熱くさせる劇場版になると思います!続報、そして公開をお楽しみに!」とコメント。

さらに、映画本編の映像を初めて使用した第1弾特報映像とキャラクターデザイン:足立慎吾描き下ろしの劇場版最新キービジュアルも解禁された。

news-1607042030-c004news-1607042030-c005
news-1607042030-c006news-1607042030-c008

第1弾 特報映像


●作品情報
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
2017年 春 全国ロードショー

前売りチケット
7月16日(土)より第一弾特典付き全国共通前売り券販売開始!
news-1607042030-c003
チケット代:¥1,500(税込)
※当日券:¥1,800(税込)
※特典は数に限りがございます。無くなり次第事前前売り券のみの販売となります。
※今後、第2弾以降の販売も予定しております。

取り扱い劇場情報については、後日公式HPにて発表!
特典:第2弾キービジュアル B2ポスター

<ストーリー>
2022年、天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。そのキラーコンテンツは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするが……。

【スタッフ】
原作:川原礫(「電撃文庫」刊)
監督:伊藤智彦
キャラクターデザイン原案:abec
キャラクターデザイン:足立慎吾
音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO MOVIE Project

【キャスト】
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
アスナ(結城明日奈):戸松 遥
ユイ:伊藤かな恵
リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈
シリカ(綾野珪子):日高里菜
リズベット(篠崎里香):高垣彩陽
シノン(朝田詩乃):沢城みゆき
クライン(壷井遼太郎):平田広明
エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴
茅場晶彦:山寺宏一

●ライブ情報
梶浦由記 SAO コンサート ハリウッド公演
「Yuki Kajiura Live in Hollywood」
2017年1月14日 会場:Dolby Theatre at Hollywood & Highland

チケット発売開始日・方法:近日発表
詳細はこちら

<梶浦由記 コメント>
ソードアート・オンラインの楽曲ばかりを詰め込んだ「Yuki Kajiura LIVE~featuring SWORD ART ONLINE~」またロサンゼルスでもこのライブを開催出来ることが本当に光栄ですし楽しみです。
SAO世界の音を、米国の作品ファンの方にもご堪能頂けますよう。
開放的なロスの空気の中で演奏するSAO楽曲はまた違った色を帯びてくるかもしれません。メンバー共々楽しみにしております!

©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

関連リンク

この記事を書いた人