今度は6つ子がステージ上で大暴れ!?舞台化決定&メインビジュアル解禁!「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」

news-1606231800-c001

赤塚不二夫生誕80周年を記念して、名作マンガ「おそ松くん」の未来を描いたTVアニメ『おそ松さん』が、「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」として舞台化することが決定した。

TVアニメ『おそ松さん』は、2015年10月からテレビ東京系列にて放送が開始され、二十歳を過ぎてもニート生活を続けるどうしようもない6つ子の日常、時には奇想天外な非日常がユーモアたっぷりに描かれ人気を博した。

2016年3月に放送が終了してからも、各種イベント、タイアップの実施、グッズ商品の販売等、その勢いはとどまるところを知らないヒット作品。

この度解禁された舞台は、「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」と題して、東京と大阪2都市で公演される予定で、大阪公演は梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、2016年9月29日(木)~10月3日(月)まで、東京公演はZeppブルーシアター六本木にて、2016年10月13日(木)~10月23日(日)まで上演予定となっている。

チケットは、6月25日(土)よりオフィシャルHP抽選先行(オフィシャルHP:http://osomatsusan-stage.com/)がスタートする。

また、第1弾キャストとして、おそ松役に高崎翔太、カラ松役に柏木佑介、チョロ松役に植田圭輔、一松役に北村 諒、十四松役に小澤 廉、トド松役に赤澤遼太郎の6名が発表となった。

おそ松役を演じる高崎翔太からは、「長男としてゆるーく6つ子をまとめて、愛される6つ子をつくれるよう頑張ります。」とコメント。その他兄弟を演じるキャスト陣からも同様に、作品に掛ける意気込みが感じられるコメントが届いた。

あわせて本日公開されたメインビジュアルにも、6つ子のトレードマークとしてお馴染みのパーカーを着用したキャストが登場。そのポージングや表情に、それぞれの個性が滲み出ており、今から舞台本番で動き、話す6つ子の姿に期待が高まる。

もちろん、アニメに登場していた6つ子以外の個性豊かなキャラクターたちが、舞台版にも登場予定。こちらの詳細の発表も楽しみだ。

演出を手掛けるのは、岸谷五朗氏と寺脇康文氏の演劇ユニット「地球ゴージャス」の演出助手等を務める小野真一氏。テレビ画面を飛び出した6つ子が、今度は舞台上でどのようなドタバタ劇を繰り広げるのか、舞台でしか観られない「おそ松さん」にぜひ、注目してほしい。

<おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~ 6つ子コメント >
おそ松役:高崎翔太
長男としてゆるーく6つ子をまとめて、愛される6つ子をつくれるよう頑張ります。

カラ松役:柏木佑介
他の兄弟みんなに気持ちよく突っ込めるように全力でかっこつけていきます。

チョロ松役:植田圭輔
ミスター突っ込みとして頑張ります。

一松役:北村 諒
大変だけどとてもやりがいのある役なので、キャラに沿って良い意味で無気力に
頑張っていきたいです。

十四松役:小澤 廉
おもしろいアニメの原作なので、見ている皆さまがいっぱい笑って笑顔になって
もらえる舞台をつくっていきたいです。

トド松役:赤澤遼太郎
6つ子の仲の良さをうまく演じられるように頑張っていきたいです。


●公演情報
おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~
news-1606231800-c003

大阪公演:2016年9月29日(木)~10月3日(月)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
東京公演:2016年10月13日(木)~10月23日(日)Zeppブルーシアター六本木

演出:小野真一
出演:おそ松:高崎翔太、カラ松:柏木佑介、チョロ松:植田圭輔、一松:北村 諒、十四松:小澤 廉、トド松:赤澤遼太郎 ほか
主催:「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016

チケット情報
プレミアムシート9,800円(税込/全席指定)※特典付き・前方座席
一般席6,800円(税込/全席指定)
※枚数制限:1申込みにつき1公演、2枚までとさせていただきます
※未就学児の入場は不可となります

オフィシャルHP抽選先行
受付期間:6/25(土)12:00~6/28(火)23:59
オフィシャルHPにて受付

・公演に関するお問合せ インフォメーションダイヤル
03-5793-8878(平日13:00~18:00).
・チケットに関するお問合せ ローソンチケット
0570-000-777(10:00~20:00)

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016

関連リンク

この記事を書いた人