TVアニメ『タブー・タトゥー』OPアーティスト決定!圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで魅了する「May’n」が本作のメッセージが込められたOPテーマ「Belief」を熱唱!

news-1605162000-c001

2016年7月よりTVアニメ放送が開始する、月刊コミックアライブ(KADOKAWA刊)にて好評連載中のスタイリッシュ異能バトルアクション『タブー・タトゥー』のOPアーティストに、数々のアニメ作品のOPテーマで話題となり、世界的に人気のある「May’n」が決定!また、そのOPテーマのタイトルも「Belief」に決定した。

この楽曲は、これまでのMay’n像とは違う、新たなMay’nを感じることができる、エモーショナルなロックテイスト。
また、その歌詞は、本作品の中でも扱われている、「力」というものをテーマに、そのあり方を歌ったものとなっている。

OPテーマの詳細な楽曲情報については近日公開予定。また、May’nからのコメントも到着した。

<May’n コメント>
原作を一気に読みきってしまうくらい大ファンになってしまいました!キャラクターたちが皆それぞれ正義を掲げ、大切なものを守りながら戦う強い力を。そして、わたし自身の活動12年目の”前のめりにまだまだいくぜー!” な想いも込めて。熱く儚く激しく歌わせていただきます!放送をお楽しみに!!

<May’n プロフィール>
愛知県名古屋市出身。1989年10月21日生まれ。
アーティスト名の”May’n(メイン)”は本名から由来している以外に、いつも本人が胸に秘めている『みんなのメインテーマになる曲を歌っていきたい』という想いがこめられている。デビュー以来数多くのTVアニメ(『マクロスF』、『アクセル・ワールド』、『アクエリオンロゴス』等)、ドラマ(「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」、映画主題歌(「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」、「生贄のジレンマ」等)、ゲーム主題歌(「戦場のヴァルキュリア3」、「エクストルーパーズ」等)を担当。

また、年間61公演に及ぶワールドツアーを始め、過去4度の海外ツアーを開催。2015年8月には4度目の日本武道館単独公演を開催する等、圧倒的な歌唱力とそのパフォーマンスに多くの支持を得ているライブを、精力的に行ない国内外を問わず人々を魅了し続けている。


●楽曲情報
TVアニメ『タブー・タトゥー』OPテーマ
「Belief」歌:May’n

●作品概要
TVアニメ『タブー・タトゥー』
2016年7月より放送を開始!
news-1605162000-c003

月刊コミックアライブ(KADOKAWA刊)にて好評連載中、「Fate/Zero」のコミカライズで話題となった正統派アクション作家「真じろう」が満を持して贈る、スタイリッシュ異能バトルアクションのアニメ化。

【呪紋】
それぞれの固有の物質『トリガー』を充填することで起動し、『印者(シールド)』と呼ばれる操者の身体的な能力を飛躍的に高め、超常的な現象を発現させることができる超古代兵器―――。
赤塚正義(通称:セーギ)は、不良に絡まれていた男性を助けた際、礼として渡された謎の石を手にした瞬間、掌に不思議なタトゥーが刻まれる。
「その呪紋、どこで手に入れたの?」
翌日、学校からの帰宅途中に、季節外れのコート姿の少女“イジー”に突如襲われたセーギは、祖父から教え込まれていた柔術で反撃するものの圧倒的な力の差に押され、命の危機に晒される・・・。
偶然にも「呪紋」を手にしてしまった赤塚正義を中心に、様々な人々の思惑が渦巻く争いが、いま始まる。

【スタッフ】
原作:真 じろう(月刊コミックアライブ連載)
監督:渡部高志
シリーズ構成・脚本:関島眞頼・大武正光(セブンデイズウォー)
キャラクターデザイン:長谷川眞也
音楽:スーパースィープ 細江慎治
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:タブー・タトゥー製作委員会

【キャスト】
赤塚正義(ジャスティス) 通称:セーギ:古川 慎
ブルージィ=フルージィ 通称:イジー:小松未可子
一ノ瀬桃子 通称:トーコ:安済知佳

●ライブ情報
May’n Hall Tour 2016「SPRING OUT!!」

5月15日(日)【福岡】福岡国際会議場メインホール
 開場:17:30/開演:18:00 →終了
5月22日(日)【大阪】オリックス劇場
 開場:17:00/開演:17:45
5月29日(日)【宮城】仙台電力ホール
 開場:16:30/開演:17:00
6月2日(木)【東京】TOKYO DOME CITY HALL
 開場:18:00/開演:19:00
6月19日(日)【愛知】愛知県芸術劇場
 開場:16:15/開演:17:00

©2016真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人