緊迫のバトル・サバイヴ・サスペンス、劇場3部作アニメ 第2部『亜人 -衝突-』宮野真守、梶裕貴、瀬下総監督、安藤監督が登壇した完成披露上映会・舞台挨拶のレポートが到着!

news-1604182000-1

決して死なない新人類・亜人と、それを追う日本国政府、両者の戦いを本格的なアクションと緻密な心理描写で描く大ヒットコミック「亜人」(桜井画門/講談社『good!アフタヌーン』連載)。

昨年11月27日公開した第1部『亜人 -衝動-』がスマッシュヒットを記録したことも記憶に新しい劇場アニメ3部作「亜人」が2016年再び始動!その劇場アニメ3部作の第2部となる『亜人 -衝突-』の公開日が5月6日(金)に決定、3週間完全限定で公開される。

この度、本作の完成を記念して、お台場シネマメディアージュにて舞台挨拶付き完成披露上映会が行われた。

舞台挨拶には本作の主人公・永井圭役の宮野真守、第2部から登場する中村慎也役の梶裕貴、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督が登壇!亜人シリーズの魅力や第2部の見どころ、制作にあたっての思いなどを存分に語った。

また5月6日(金)発売のコミックス第8巻の特別限定版付録のOAD「中村慎也事件」の特別映像も最速上映!本編の重要な鍵となる物語の特別映像ということもあり、上映鑑賞前の観客席から大きな歓声が上がった。

トークセッションでは、作中では関わることのなかった宮野と梶の息の合った掛け合いに会場からは絶えず爆笑が起こり、終始賑やかな雰囲気の舞台挨拶となった。

完成披露上映会舞台挨拶の各ゲストのコメントが到着した。

劇場アニメ3部作 第2部『亜人 –衝突-』完成披露上映会&舞台挨拶
2016年4月15日(金) 19:00~ 
お台場シネマメディアージュ
登壇者:宮野真守(永井圭 役)、梶裕貴(中村慎也 役)、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督

<登壇者コメント>
宮野真守
公開前に完成披露でいち早くみなさんに見ていただけることを、本当に嬉しく思います。テレビシリーズを見続けてくださっている方は何が起こるのか知っているかもしれませんが、その思いが覆される程、映画としての魅せ方に監督のおふたりがこだわっていらっしゃるので、永井圭の変化や向かって行く方向をご覧頂けると思います。3部への期待が高まり、本当に凄まじい作りになっておりますので、ぜひご覧ください!

梶裕貴
第2部の完成披露舞台挨拶に(亜人コミック8巻OADに付属する特別映像DVDに出演している)「中村慎也事件」に参加する役者として登壇させて頂き、大変嬉しく思います。「亜人」の原作を読ませていただき、役者としてキャラクターに命を吹き込み、その世界の中でお芝居をしてみたいと思っていた作品だったので、中村慎也役として参加できて本当に嬉しく思っています。5月6日発売コミックス第8巻の付録の特典映像をご覧頂ければ、原作の素晴らしさがそのままアニメになっているということを感じて頂けるはずです。5月6日から公開となります第2部の方も是非ご覧いただき、これからも亜人ワールドを満喫して頂ければと思います。よろしくお願いします。

安藤監督
今日はご来場ありがとうございます。今回の、劇場版第2部「亜人 –衝突-」は3部作の中でも、ターニングポイントにとなる作品に仕上がっております。今回、永井圭と彼を取り巻く色々な状況も変わっていきます。その変化をぜひ見届けて頂きたいと思っています。

瀬下総監督
永井圭がどんどん人間らしくなっていきます。周りにいる人々が過酷な状況下で色々な立場の人間と亜人が絡みあっていきますが、みんなどこか人間らしくなっていきます。「死」を扱う作品ですが、人間らしさが生命に溢れていく、そういう印象を持ってもらえると信じております。それは物語全体を通してみると、感動につながっていくと思いますので、これからも亜人シリーズを楽しんでいただけたら幸いです。本日はこんなにもたくさんお方々にお集まり頂きありがとうございました。


●作品情報
劇場アニメ3部作 第2部
『亜人 -衝突-』
5月6日(金)~5月26日(木)3週間完全限定公開
160307-1

劇場アニメ3部作 第3部
『亜人 –衝戟(しょうげき)-』 
9月23日(金)より全国公開
news-1603072030-4

 

<INTRODUCTION>
衝戟にそなえろ―― 
第1部『亜人 -衝動-』は、2015年11月27日に公開され、2週間の限定公開ながら大きな反響を呼んだ。「第28回東京国際映画祭」にも出品され、2015年10月22日開催のオープニング式典では、主演の宮野真守、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督がレッドカーペットに登場。各種メディアに大きく取り上げられた。そのスマッシュヒットを受け、全国10館の劇場にて、さらに異例の1週間のロングラン上映が行われた。
劇場3部作の第2部となる本作『亜人 -衝突-』は、第1部に引き続き、決して死なない新人類・亜人と、それを追う厚生労働省<亜人管理委員会>責任者・戸崎との攻防が社会全体を巻き込む壮大なうねりとなって描かれる。
さらに、亜人研究所から逃走を図った永井圭の行方、帽子の男こと佐藤の真の狙い、そして、窮地に立たされた戸崎の取った思いも寄らぬ行動―。それらは、物語の中で多彩に交錯し、第1部以上の謎と、衝撃の展開が待ち受ける!

スタッフは前作に引き続き、ポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を、監督・演出を瀬下寛之総監督と安藤裕章監督のコンビが務める。そして、9月23日(金)には、第3部『亜人 –衝戟-』が公開となり、アニメ「亜人」の物語は、そこで終結する。

劇場のスクリーンでダイナミックに繰り広げられる、亜人ならではのスピーディな戦闘と、人類と亜人が繰り広げる息詰まる心理戦を、今、体感せよ!

<STORY>
男の声が画面を通し、不気味に響き渡る。テロリスト・佐藤がその冷酷な素顔をさらけ出した瞬間だった。数日前、佐藤は亜人研究所前で報道陣を相手に、亜人の権利について涙ながらに訴えていた。だが、その会見は人に宛てたものではなかった。日本全国に潜んでいるであろう在野の亜人たちに向けたメッセージだった。佐藤の呼びかけに応じ、集まった亜人は7人。彼らを前に佐藤は、驚くべき計画を告げる。「できる限りのことを、精一杯やるんだ。……大量虐殺だよ」
集められた亜人のひとり・中野攻は、佐藤の冗談とも本気ともつかぬ話に戸惑いを隠せずにいたが……。
佐藤対中野攻、戸崎対永井圭、そして、中野攻対永井圭。亜人と人間、亜人と亜人の戦いが、今、始まる――!

【STAFF】
原作:桜井画門 (講談社『good! アフタヌーン』連載)
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
シリーズ構成:瀬古浩司
プロダクションデザイナー:田中直哉/フェルディナンド・パトゥリ
キャラクターデザイナー:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:滝口比呂志/松本 吉勝
色彩設計:野地弘納
演出:りょーちも/鹿住朗生/井手恵介/岩田健志
CGスーパーバイザー:岩田健志/菅井進/上本雅之/溝口結城
編集:肥田文/渡邊潤
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:亜人管理委員会 / 配給:東宝映像事業部  

【CAST】
永井圭:宮野真守
海斗:細谷佳正
中野攻:福山潤
佐藤:大塚芳忠
田中功次:平川大輔
戸崎優:櫻井孝宏
下村泉:小松未可子
オグラ・イクヤ:木下浩之
曽我部:鈴村健一
アルメイダ:森川智之
マイヤーズ:坂本真綾
琴吹武:斉藤壮馬
中村慎也:梶裕貴

(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会

関連リンク

この記事を書いた人