『魔法のための少女クラブ』より、ななひら×鹿乃がボーカルを務める「“Lie chi te la di hul”~しあわせの魔法~」のMVが公開!

news-1410081530-c001

『魔法のための少女クラブ』(※通称 ましくら)は、9月30日に「“Lie chi te la di hul” ~しあわせの魔法~ feat. 鹿乃」のMVを公開した。

【【ノワ・トランシュ starring ななひら】“Lie chi te la di hul” ~しあわせの魔法~ feat. 鹿乃【MusicVideo】】

今回の「“Lie chi te la di hul” ~しあわせの魔法~ feat. 鹿乃」は、2014年9月24日に発売したアルバム『はるかぜポシェット』収録曲より、ニコニコ動画などで活躍するボーカリストであるななひらと鹿乃のふたりをボーカルとしてフィーチャーし、アニメの劇伴や主題歌を主に担当している作曲家・やしきんが作詞作曲を手がけた楽曲。
“物語性”を重視した本プロジェクトらしく、本日公開したMVも登場人物のひとりである ”ノワ・トランシュ” の初ライブが決定してから本番のステージを迎えるまでを描いた物語仕立ての内容となっている。
このMVでは、まずましくらのWEBコミックを担当するびよらが12ページにおよぶ漫画原稿を本作品のために描き下ろし、その素材を元に映像作家のotogi*がモーショングラフィックスを制作。漫画を映像に融合させることで、物語と音楽のふたつを余すことなく伝えている。

2014年7月よりスタートした『魔法のための少女クラブ』は、魔法が存在する世界を舞台に、一人前の魔法使いとなるべく奮闘する少女たちの物語を描くプロジェクト。
現在は第一弾のフィーチャーキャラクターである“ノワ・トランシュ”にスポットを当てて、漫画家“びよら”によって毎週更新される公式サイトのWebコミックを中心に、作中の登場人物が書き込むTwitterや、現実世界でのパブリシティなどが互いにリンクしながら、ひとつのストーリーを様々な視点から多角的に描いている。
これまで様々なメディアを通じて断続的に展開してきたストーリーの全貌は、公式サイトでMVと同時公開したショートストーリー「隣と隣、そのまた隣の女の子」にまとめられている。この小説は、Web小説という形態を活かして本文中に様々なWEBページヘのリンクが貼られており、読者はそのリンクを辿ることで作中のどのエピソードをどういったメディア(Web漫画、ツイッター、フライヤー)で描いてきたかを解き明かしながら、ノワ・トランシュの今までの活躍を見守ってきたある女生徒の視点で綴られた内容を楽しむことができる。こちらも必読だ。
「隣と隣、そのまた隣の女の子」はこちら!
なお、「“Lie hi te la di hul” ~しあわせの魔法~ feat. 鹿乃」が収録されているアルバム『はるかぜポシェット』は、現在とらのあなとAmazonで絶賛販売中。

■CDリリース情報
ノワ・トランシュ starring ななひら「はるかぜポシェット」
発売中
news-1410081530-c002
価格:¥2,000+税
品番:MGCD-002
<収録曲>
01.Introgical! [prod. ジュクチョー]
02.まじかるノワるん☆です×3っ! [prod. ARM (IOSYS)]
03.マジカル☆ワナビー [prod. U-ske]
04.魔導師労働基準法違反だぞ!ブラック・マジック・カンパニー feat. 小紺ココ [prod. かめりあ]
05.内気な少女のSecret Dream feat. ゆいこんぬ [prod. かたほとり]
06.おやすみトリップ! [prod. daniwell]
07.不器用なオマジナイ [prod. Junky]
08.“Lie chi te la di hul” ~しあわせの魔法~ feat. 鹿乃 [prod. やしきん]
09.Ha*Ru*No*No Pochette [prod. 奥田英貴 (from Sucrette)]
★商品詳細はこちら!

(C) 王立魔法教導学校 / 魔法のための少女クラブ製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人