『CHAOS;CHILD』、公式サイトグランドオープン!体験版『CHAOS;CHILD 404 not found』配信開始!

news-1409042315-c001

11月27日に発売されるXbox One用ゲーム『CHAOS;CHILD』の公式サイトがグランドオープン。同時に、体験版『CHAOS;CHILD 404 not found』の配信が開始された。

この体験版は、『CHAOS;CHILD』の1章をまるごと遊ぶことができるもの。これを遊ぶには、インターネットに接続されたXbox One本体とXbox Liveアカウント(無料)が必要なのでご注意を。

 

■科学アドベンチャーシリーズとは?
志倉千代丸が企画・原作を担当し、Windows、PS3、Xbox 360、PSP、PS Vita、iOS、Androidなどマルチにリリースされている『CHAOS;HEAD』『STEINS;GATE』『ROBOTICS;NOTES』に続く一連のゲーム作品シリーズです。いずれの作品もコミカライズ、ノベル、グッズ、TVアニメーションと幅広くメディアミックス展開されています。

 

■主人公たちが振るう妄想の剣(ディソード)【新】
妄想の剣「ディソード」を持ち、自らの妄想を現実に変える力を持つ者たちのことを「ギガロマニアックス」と呼びます。
前作『CHAOS;HEAD NOAH』でも登場した「ギガロマニアックス」は本作でも健在。主人公をはじめ登場人物の多くは「ギガロマニアックス」であり、それぞれ妄想の剣を所持しています。

 

■全体あらすじ
西暦2009年11月6日 22時28分

発生は、突然だった。
M7.8。最大震度7の局地的直下型大地震。
この悪夢のような天災は、東京を代表する繁華街のひとつである渋谷を一晩で無価値にした。
視線を遮っていた高層建造物は諦めたように倒壊し、黒い火災は仲間を求めて勢いを広げ続け、混乱した人たちは集団心理から恐怖を扇動され、その全てがあらゆる命を奪っていった。
最終的な死者、3851人。負傷者、30927人。
のちに、“渋谷地震“と呼称されるようになった震災である。

物語は西暦2015年10月――
復興中の渋谷区からはじまる。

そんな復興中の渋谷で奇妙な事件が続発する。
ネット生放送中に視聴者の前で謎の死を遂げる者。
ストリートライブ中に歌いながら死にゆく者。
ラブホテルの天井から吊られ回っている死体。
人々は気づき始めた。
事件の発生日は5年前の渋谷を騒がせたとある事件の日付と一致する。
――そう、これはニュージェネレーションの狂気の再来なのだと。

ただ――ひとつだけ。ひとつだけ違う事がある。事件の現場に残されている謎のシール。不気味な力士を模したような謎のシールが新たなニュージェネ事件を解決する鍵になることを、まだ人々は誰も知らない。

暗躍する300人委員会。
覚醒しつつある妄想具現者(ギガロマニアックス)たち。
彼らの“胎動“により妄想の扉が再び解き放たれる……

 

■ 冒頭部分あらすじ その1
2015年9月7日、自宅で生放送中の生主が突然死する事件が発生。
同9月19日、渋谷でストリートライブ中に歌いながら死亡する事件が発生。

猟奇的で奇妙なこの事件に興味を持った碧朋学園新聞部の部長、宮代拓留は取材を続けていた。
ふとしたきっかけで「奇妙な一致」に気づいた拓留はクラスメイトで親友の新聞部部員・伊藤真二に相談することに。

文化祭の準備でざわつく学校で伊藤と話していると、副部長の来栖乃々が現れる。
強引に拓留を連れ出すと、事件を追う拓留と伊藤を咎めはじめた。

風が吹いて乃々のスカートめくれてしまうハプニングなどもあり、説教がうやむやになったところで拓留と伊藤は事件について情報を整理しはじめる。

拓留が気づいたこと。それは、2009年におこった連続猟奇殺人事件「ニュージェネレーションの狂気」第1、第2の事件と今回の2つの事件の日付が一致していること。

凄惨な写真を見たからなのか、青ざめて偶然を主張する乃々。
そんな乃々を制するように、拓留が話を続ける。
 
「……偶然かそうではないかはすぐにわかるよ。ニュージェネ第3の事件が起こったのは、9月29日。つまり――今日だ」

直後、拓留のスマホが鳴った。発信者は尾上世莉架。

「事件だ! いや、事故? と、とにかくタクの言う通りのことが起きたかもしれないんだよ!」

どくんと高鳴る胸を押さえ、拓留は一行とともに世莉架が伝えて来た現場へと向かう――

■ キャラクター紹介

news-1409042315-c002
●宮代拓留(みやしろ たくる)

CV:松岡禎丞
「おい、リア充を馬鹿にするなよ。僕だってリア充だ」

本作の主人公で新聞部の部長を努める高校3年生。
6年前の大地震で両親を亡くしており、避難所となっている宮下公園にキャンピングカーを停めて寝泊まりしている。
自らをリア充で情報強者と自称する、ちょっと痛い人物。
リア充・情強とは自称であり、親しくない人物の前ではキョドってしまうため、クラスメイトから陰口を言われることも。そのたびに心の中で「これだから情弱は……」とレッテルを貼付けて自分を安心させている。
たびたび見せる拓留の反応に、親友の伊藤真二からは「お前はリア充じゃないわ」と呆れられている。
新聞部を立ち上げてから初めて起こった渋谷での大事件「ニュージェネレーションの狂気の再来」に執心しており、友人で部員の伊藤とともに事件の謎を追っているが、学校を休んで取材に行くなど極端な行動が目立つため、副部長の来栖乃々からは度々いさめられている。

news-1409042315-c003
●尾上世莉架(おのえ せりか)

CV:上坂すみれ
「事件だ! いや、事故? と、とにかくタクの言う通りのことが起きたかもしれないんだよ!」

ヒロインのひとり。新聞部に所属する高校2年生。拓留とは幼なじみで、彼を「タク」と呼ぶ。

news-1409042315-c004
●来栖乃々(くるす のの)

CV:ブリドカット セーラ 恵美
「こういう事件ばかり追いかけるのはやめなさいって前から言ってるでしょう」

碧朋学園の生徒会会長で、新聞部の副部長。
拓留と同じく地震で両親を亡くしており、彼と同じ児童養護施設に身を寄せていた。
文武両道でリーダーシップがあり、男女を問わずクラスメイトから慕われている。
学校側との交渉で振るった辣腕を讃え、クラスの男子生徒から「女帝」というあだ名で呼ばれているが、本人は気に入っていない様子。
ことあるごとに拓留を気にかけてくれる良きお姉さんキャラだが、説教に発展することも多いので拓留本人からは鬱陶しがられることも。
学生新聞は健全であるべきという主張から、拓留たちが夢中になっている「ニュージェネレーションの狂気の再来」を追うことを反対している。

news-1409042315-c005
●有村雛絵(ありむら ひなえ)

CV:三森すずこ
「チャオっす。いつもニコニコ笑顔が一番、有村雛絵でっす! これからヨロシクねっ☆」

ヒロインのひとり。高校2年生で文芸部の部長。流行に敏感な今時の女子高生。

news-1409042315-c006
●久野里 澪(くのさと みお)

CV:種田梨沙
「こんな非常識が蔓延している現場で常識的なことを言うな。それが邪魔だと言われなかったか」

ヒロインのひとり。拓留と同じ高校に通う3年生。最近転入してきたがほとんど登校していない。いつも白衣を着ている長身な女性。

news-1409042315-c007
●山添うき(やまぞえ うき)

CV:水瀬いのり
「……スマートフォンって、いったいなんですか?」

ヒロインのひとり。14歳としては幼い外見ながら落ち着いた感じの少女。携帯やらPCなどの機械類が苦手。

news-1409042315-c008
●香月 華(かづき はな)

CV:仲谷明香
「んん~~!!」

新聞部唯一の高校一年生。
極端に無口で基本的に「ん……」程度しか声を発しない。
乃々を中心に部員からは妹扱いされてかわいがられている。
共有PCでネットゲームをプレイするほどのネトゲ廃人だが、部で一番PCのスキルがあり、情報整理や情報検索を任されている。

news-1409042315-c009
●謎の少女(Unknown)

一切が謎に包まれた少女。

news-1409042315-c010
●伊藤真二(いとう しんじ)

CV:藤原祐規
「7日ってーと……。ニコニヤ生放送中の公開自殺か。読んだよ、その記事」

新聞部部員で拓留のクラスメイトであり親友。
「ニュージェネレーションの狂気の再来」に興味を持っており、持ち前の猟奇マニアっぷりを発揮して拓留とともに事件の謎を追う。

news-1409042315-c011

■仕様
タイトル:CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)
ジャンル:妄想科学アドベンチャー
発売日:2014年11月27日発売予定
価格:通常版 7,800円+税 限定版 9,800円+税
発売:MAGES.
開発:5pb.
ハード:Xbox One
CERO:審査予定
音声:フルボイス
※仕様は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

■ スタッフ
企画・原作:志倉千代丸 [5pb.]
プロデューサー:松原達也 [5pb.]
メインキャラクターデザイン:ささきむつみ
サブキャラクターデザイン/制服デザイン:松尾ゆきひろ
メインシナリオライター:梅原英司
サブシナリオライター:たきもとまさし、安本 亨、谷崎央佳、林 直孝[5pb.]
シナリオ補佐:たきもとまさし
シナリオ監修:林直孝 [5pb.]
演出:若林漢二 [5pb.]
ディソードデザイン:麦谷興一(CHOCO)
音楽:阿保 剛 [5pb.]
ディレクター:松本裕介[5pb.]
 
©2014 MAGES./5pb./RED FLAGSHIP/Chiyo St. Inc.
©2008 5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP

関連リンク

この記事を書いた人