「FLOW×GRANRODEO」、奇跡のコラボレーション実現!TVアニメ『七つの大罪』EDテーマを担当!

news-1408172020-c001

FLOWとGRANRODEOが、TVアニメ『七つの大罪』のEDテーマにてコラボレーションすることが明らかになった。

『七つの大罪』は、MBS/TBS系全国28局ネットで10月5日の毎週日曜夕方5時からスタートするTVアニメで、原作は「週刊少年マガジン」に連載中の大人気ヒロイックファンタジー漫画。監督は『青の祓魔師』などを手がけた岡村天斎、アニメーション制作も、同じく『青の祓魔師』や『宇宙兄弟』などを手がけたA-1 Picturesが担当。声優陣も主人公・メリオダス役を『マギ』アリババ役や『進撃の巨人』エレン役などを演じた梶 裕貴、ヒロインのエリザベス役を雨宮 天、メリオダスの友人である喋るブタ・ホーク役を久野美咲、巨人族の少女・ディアンヌを悠木 碧が務めるという、超豪華なスタッフ・キャストとなっている注目作だ。

news-1408172020-c002news-1408172020-c003

そしてこのTVアニメ『七つの大罪』のEDテーマが、男性アニソン・アーティストの2トップとも言えるFLOWとGRANRODEOのコラボレーションにより作り上げられる。多くのアニメタイアップ楽曲を手掛け、日本ばかりでなく海外でも絶大な知名度と人気を誇る5人組ミクスチャーロックバンド・FLOW。かたや、ハードロックを基調とした多彩なジャンルをミックスした楽曲が特徴であり、声優としても活躍中のヴォーカル・KISHOWとギタリスト・e-ZUKAによる2人組ユニット・GRANRODEO。このコラボレーションは、まさに奇跡だ。
この2アーティスト・計7人と、『七つの大罪』のコンビネーションに今後も注目したい。
こちらの楽曲のリリースは今秋を予定しており、詳細は追って発表される。期間限定Twitterアカウントやスペシャル・サイトも登場しているので、ぜひチェックしてほしい。

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人