Goose house、10月スタートのTVアニメ『四月は君の嘘』OPテーマを書き下ろし!

news-1408111615-c001

新世代シンガー・ソングライターユニットGoose houseが、10月よりスタートするTVアニメ『四月は君の嘘』のOPテーマを書き下ろすことを発表した。

これは、8月9日に名古屋ダイヤモンドホールで行われた“GOOSE HOUSE LIVE TOUR 2014”のツアー初日にて発表されたもので、新曲のタイトルは「光るなら」。この曲はメンバーが原作を読んで書き下ろしたもので、Goose houseのオリジナルとしてはこれまでにない曲調となっている。
そのほか、Goose houseとアニメとのコラボ企画もあるということなので、ぜひ続報に期待していただきたい。

●Goose houseコメント
有馬公生、宮園かをり、登場人物たちが抱えている、心の中の光と影。誰もが抱えているものだからこそ、自分のことのように応援したくなります。
メンバーそれぞれが原作を読んで、メンバー全員が感じたそんな感情を、1曲に詰めこみたいと思いました。
Goose houseのオリジナルとしてもいままでになかった、新しい曲調になりました。
『四月は君の嘘』のファンのみなさんや、ぼくたちGoose houseを応援してくれるみんなにとって、大切な曲になるとうれしいです。
オープニングの映像とぼくたちの曲が相まってどんな世界をつくるか、メンバーみんなでドキドキしながら、初回放送を楽しみに観たいと思います。早くはじまらないかな。

news-1408111615-c002
TVアニメ『四月は君の嘘』

2014年10月放送開始

■イントロダクション
母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった元天才少年・有馬公生。モノクロームだった彼の日常は、一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。傍若無人、喧嘩上等、でも個性あふれる演奏家・宮園かをり。少女に魅せられた公生は自分の足で14歳の今を走り始める。
第37回講談社漫画賞を受賞した「青春×音楽×ラブストーリー」!

■スタッフ
原作:新川直司(「月刊少年マガジン」連載中/講談社)
監督:イシグロキョウヘイ
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子
プロップデザイン:髙田 晃 
美術設定:塩澤良憲
美術監督:薄井久代
色彩設計:中島和子
3Dディレクター:小野竜太(グラフィニカ)
撮影:関谷能弘(グラフィニカ)
編集:三嶋章紀(グラフィニカ)
音響監督:明田川 仁
音楽:横山 克
アニメーション制作:A-1 Pictures

■キャスト
有馬公生:花江夏樹
宮園かをり:種田梨沙
澤部 椿:佐倉綾音
渡 亮太:逢坂良太
井川絵見:早見沙織
相座武士:梶 裕貴

(C)新川直司・講談社/「四月は君の嘘」製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人