「ランティス祭り2014」、皮切りの三重公演成功!2015年、海外公演の実施も発表!

2014.07.20

news-1407202330-c001

レコードメーカー・株式会社ランティスが設立15周年を記念した「ランティス祭り2014」が7月19日・20日にナガシマスパーランドにてスタート。そのステージ上で、2015年に海外での公演を行うことが発表された。

初日の7月19日(土)は荒天により開演が3時間遅れての開催となったが、7月20日の公演は開場時間前から晴天に恵まれ、会場では開演時間前から会場外の駐車場エリアにてフードやグッズが販売され、ランティスオリジナルグッズや、複数デザイナーとのコラボレーショングッズなどを買い求めるファンらで賑わった。
定刻14時に開演となった2日目のトップバッターは大人気沸騰中のμ’s。炎天下のもと、客席の盛り上がりは早くも最高潮に。続いて登場したアニソングランプリ第1回目優勝者の人気アニソンシンガー喜多修平は、2曲歌唱したのちに“大先輩アニソンシンガー”を呼び込んだ。するとそこに現れたのは、影山ヒロノブ。喜多修平の楽曲「世界の果てに君がいても」をともに披露。夢のコラボステージにより、さらに観客を盛り上げた。
さらに飛蘭やCeuiら女性アニソンシンガーも、青空のもと熱い楽曲たちを披露。続けて人気男性声優、寺島拓篤が登場すると、客席からは女性ファンの歓声が鳴り響いた。
寺島はMCで飛蘭やCeuiとTVアニメ『八犬伝』での繋がりがあるというエピソードを語り、同じレーベルならではの「アニソンの”わ”」を感じさせる一面も見られた。さらに寺島は、森久保祥太郎とのスペシャルコラボステージも披露。その後、Annabel、小野賢章、fhána、森久保祥太郎、ZAQ、栗林みな実と、男女アニソンファンすべてが喜ぶこと間違いなしのステージが続いた。

news-1407202330-c002

太陽が夕日に変わり、気温も少し下がり始めた頃、登場したのはOLDCODEX。2曲歌唱をし客席を煽ったのちに「驚かせるようなコラボを考えた」と語り、登場したアーティストはJAM Project。夢の共演に、割れんばかりの歓声が上がった。
そしてこの日のトリを飾ったのはJAM Project。栗林みな実を迎えてのコラボレーションステージも披露し、さらに観客を熱くさせ、代表曲「SKILL」では、全会場から「もっともっと」の声が鳴り響いた。
そしてラストは、出演者全員揃ってのラインナップ。ランティス祭り2014テーマソング「Starting STYLE!!」を全員で歌唱し、エンディング。皮切りとなった東海公演では、2日間で計18,000人を動員した。
なお、7月20日にはランティス祭りの海外公演「Anisong World Tour~Lantis Festival 2015~」が正式決定したことが発表された。今回ワールドツアーの開催がアナウンスされたのは5都市(シンガポール、台北、ソウル、香港、ラスベガス)。そして、さらに今後発表される1都市を加えての6都市公演となる予定だという。
世界中のアニソンファンが熱く盛り上がる「ランティス祭り」は、国内公演が来週、大阪・万博記念公園 もみじ川芝生広場 野外特設会場(2days)、9月には、東京・潮風公園 太陽の広場・野外特設ステージ(3days)にて開催。そして11月には、国内最終となる東北公演、宮城・ゼビオアリーナ仙台(2days)での公演を控えており、計7公演が引き続き開催予定だ。

■「15th Anniversary Live ランティス祭り2014」今後の日程
●大阪……7月26日(土)・27日(日)
会場:万博記念公園 もみじ川芝生広場 特設会場
●東京……9月13日(土)・14日(日)・15日(月・祝)
会場:潮風公園 太陽の広場 野外特設ステージ
●仙台……11月15日(土)・16日(日)
会場:ゼビオアリーナ

関連リンク

この記事を書いた人