水樹奈々も参加!DREAMS COME TRUEデビュー25周年記念「史上最強のカヴァーアルバム」発売決定!

news-1401281830-c001

日本を代表するポップバンド、DREAMS COME TRUEのデビュー25周年を記念して、カバーアルバム『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』が3月26日に発売。本作には水樹奈々もボーカリストとして参加することがわかった。

数々の邦楽CDセールス記録を塗り替えてきた日本を代表するポップバンド、DREAMS COME TRUEが2014年3月21日にデビュー25周年を迎える。そのデビュー25周年を記念してリリースされるのが、今回のカバーアルバムだ。記念すべきデビュー25周年をお祝いするために、1989年3月21日にデビューしたレコード会社であるエピックレコードジャパンが、カヴァーアルバムの制作を企画。ドリカムのことが好きなアーティストを募り、若い世代の実力派アーティストがこぞって参加することとなった。その結果、超豪華なアーティストたちが大集結。邦楽アーティストのカヴァーアルバムとしては、前代未聞のラインナップが揃うことになった。

25年間、日本の音楽シーンの最前線を駆け抜けてきたDREAMS COME TRUEが、若い世代のアーティストからも絶大な支持を受けているということが改めて証明される形になったこのカヴァーアルバムは、まさに「史上最強のカヴァーアルバム」と呼ぶのにふさわしいラインナップの作品となっている。さらに、DREAMS COME TRUEは記念すべきデビュー25周年に、全国13都市32公演30万人を動員する全国ツアーの開催とニューシングルの発売も決定した。

 

■カヴァーアルバム商品情報
『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』
2014年3月26日発売
価格:¥3,059(税込)
仕様:初回盤のみ三方背BOX予定 ESCL-4182

<参加アーティスト>
(50音順)
E-girls「うれしい!たのしい!大好き!」
いきものがかり「未来予想図II」
HY   「決戦は金曜日」
大塚 愛 「ROMANCE」
倖田來未 「IT’S SO DELICIOUS」
JUJU 「す き」
SCANDAL「大阪LOVER」
中島美嘉 「やさしいキスをして」
Flower 「何度でも」
BENI 「サンキュ.」
Ms.OOJA「WINTER SONG」
水樹奈々「笑顔の行方」
miwa 「LOVE LOVE LOVE」

 

■カヴァーアルバム参加アーティストからのコメント
●E-girls(Aya(Dream/E-girls))
news-1401281830-c002

DREAMS COME TRUEさんの『うれしい! たのしい! 大好き!』は
私の中で “史上最強のポジティブラブソング” として、
物心ついた頃からずっと聴かせていただいていたので
このお話を伺った時は、全身が弾けてしまうのではないか?!というほどうれしかったです!
E-girlsのポジティブなイメージにも凄くぴったりで
歌っていると自然に体が動きだし踊りたくなるような……
そして、このお話を頂いた時からこれだけは!!絶対にやりたい!!と思うことがありました。
LIVEで美和さんが、2番の『その後すぐに私の右手~』のフレーズが来ると、
右手を上げてお客さんを盛り上げるあのシーン。
思い出すだけでゾクゾクします。
お客さんと一体になれる瞬間。
E-girlsはやはりLIVEが一番大好きで、LIVEのために全てを作りあげていると言っても過言ではないので
DREAMS COME TRUEさんがお客さんを盛り上げる、あの瞬間は凄く印象的でした!!
この楽曲をいつかE-girlsのステージで歌唱させていただく事ができたときに、
あのシーンをE-girlsらしく再現させていただければ幸せです!
『うれしい! たのしい! 大好き!』
E-girlsらしくみなさんへ “元気” をお届けできるように
大切に大切に歌わせて頂きます!!!

 

●いきものがかり(吉岡聖恵)
news-1401281830-c003

J-POPが大好きで、J−POPを聴きながら育って来た私たちにとって、DREAMS COME TRUEの音楽は、いつも生活の側にいてくれる存在でした。学生時代は、自分の恋と共にDREAMS COME TRUEの曲が有ってくれて、失恋した時には曲を聴くことで、泣いて、励まされ、元気になったり。友人と一緒にいる時は、カラオケで一緒に盛り上がったり、文化祭のステージで友人と一緒に歌った事も思い出に残っています。
そして今回、このアルバムでカヴァーさせて頂いた“未来予想図Ⅱ”は、いきものがかりとして、学生時代に3人でカヴァーさせていただいていた楽曲。世代を超えて多くの皆さんに愛されているこの楽曲に取り組ませていただけることを、本当に光栄で、有り難い事だと感じています。自分達なりに、精一杯の“未来予想図Ⅱ”を表現してみました。
DREAMS COME TRUEから生み出された名曲たちを、さまざまな素晴らしいアーティストとともに今回カヴァーさせていただけた事、とても有り難く思っています。

 

●HY(仲宗根泉)
news-1401281830-c004

昔からドリカムさんの曲を沢山、聴いてきました。
カヴァーさせていただくなんて、初めは恐れ多くて多くて...でもこんなことは二度とないだろうと思い参加させていただくことにしました。美和さんのスーっと入ってくるあの声とメロディアスな、たくさん楽曲がある中、「決戦は金曜日」というとても素敵な歌をカヴァーさせてもらうには訳がありまして……パワフルでビートを凄く感じられるダンサブルなこの楽曲、私のカラオケ十八番なんです!私なりの心を込めて歌わせて頂いただきます!

 

●大塚愛
news-1401281830-c005

小さい頃からカラオケでお世話になったDREAMS COME TRUEのカヴァーをやってしまうとゆうわけで。まさにDREAMS COME TRUE!ってゆうのを超えることがまず無理なので、私がどんな風に自分味にできるかちょっとした挑戦をさせていただきます。こんな機会をいただけたこと、光栄に思ってます!美和さん、正さんありがとう!ドリファンのみなさんよろしくお願いします。

 

●倖田來未
news-1401281830-c006

私が小学生のとき、DREAMS COME TRUEのライブを観て、感動して涙、笑顔がこぼれました。そのとき、「私もDREAMS COME TRUEのように、感動を与えられる歌手になりたい!」と心から思いました。そんな私の歌手の夢、そして人生を変えるキッカケにもなったDREAMS COME TRUEのカヴァーアルバムに参加させていただき、とても感激しています。
今回、そんな大切なDREAMS COME TRUEの曲を歌わさせていただくということで、選曲、編曲、いろいろ悩みましたが、倖田來未らしい1曲に仕上がったかなと思います。
これからもずっとずっと私たちの夢として、輝き続けてください!
25周年本当におめでとうございます!

 

●JUJU
news-1401281830-c007

初めて吉田美和さんの歌声を聴いて衝撃を受けてから、早25年。
いまだにその衝撃は続いていて、どこで吉田美和さんの歌声を聴いてもただただうっとりしてしまいます。これからも私たちドリカムファンをうっとりさせ続けてください。
25周年、本当におめでとうございます!

 

●SCANDAL
news-1401281830-c008

私たちSCANDALは今回このカヴァーアルバムで「大阪LOVER」をカヴァーさせていただきました。
大阪発のバンドなので、歌詞に出てくる景色がとてもリアルに想像できて昔から身近に感じられる1曲です。
大阪に集まりながらバンド練習をしていた頃を思い出しながら、レコーディング中も「カラオケでよく歌ったよね。」なんて話しつつ楽しく作っていけました。
思い入れのある一曲なのでカヴァーさせていただけてとてもうれしいです!
少し大人になった今、改めて聴くと当時とは違うフレーズにグッときたり、カヴァーさせてもらえた事でもっと大阪LOVERが好きになりました。
去年末、大阪城ホールでDREAMS COME TRUEさんのライブを初めて観ました。生で聴いた初めての大阪LOVERはずっと忘れないです。
DREAMS COME TRUEさんの曲はどれも、大勢の人の思い出の曲だと思います。SCANDAL ver.の大阪LOVERもリスナーの皆さんに気に入っていただけたらうれしいです。

 

●中島美嘉
news-1401281830-c009

デビュー25周年を迎えられるということで、おめでとうございます。
このタイミングで、素晴らしいアーティストの皆さんとアルバムに参加させていただき、とても光栄です。
私はデビュー前、10代の頃からドリカムさんのアルバムをよく聴いていたので、
今でも当時の曲を聞くと懐かしい気持ちになります。10代の思い出を蘇らせてくれる、唯一のアーティストさんです。
「やさしいキスをして」のお話をいただいた時は本当にうれしかったです。
心を込めて歌わせていただきました。

 

●Flower(鷲尾伶菜)
news-1401281830-c010

今回、小さい頃から憧れていたDREAMS COME TRUEさんの楽曲を歌う機会をいただけたことを本当に光栄に思います!
中学時代に毎日のように聴いていたとても思い入れの深い楽曲でもあるこの「何度でも」を、
自分たちらしくみなさんに伝えられるように歌いたいと思います!
頑張ります!!

 

●BENI
news-1401281830-c011

大好きな曲「サンキュ.」をこういう形でカヴァーさせていただけて光栄でした。
包容力のある歌詞と優しいメロディーに何度も背中を押されてきました。
そんな素晴らしい音楽を生み出し続けてくれたドリカムさんに心から“サンキュ.”♡

 

●Ms.OOJA
news-1401281830-c012

大好きなドリカムさん、ライブで拝見する度に伸びやかに楽しそうに歌う姿を観て、
「いつか吉田美和さんのようになりたい!」と憧れ、活動の励みにしてきました。
そんなドリカムさんの「WINTER SONG」は歌手を夢見ていた学生時代、カラオケでよく
歌わせていただいた曲です。
あの頃の自分は、まさか十数年後にカヴァーアルバムに参加しているなんて
夢にも思わなかったでしょう。
Ms.OOJAなりのアレンジ、歌で、この曲の素晴らしさを改めて皆様にお伝えできたらと、
あの頃の思いも込めて歌わせていただきました。
歌手としてこのアルバムに参加させていただけたことを誇りに思います!!
ありがとうございます。

 

●水樹奈々
news-1401281830-c013

25周年おめでとうございます!
この度記念すべきカヴァーアルバムに
お声掛け頂き、たいへん光栄に思っています。
私が高校生の頃、空前のカラオケブームで、
クラスの女子で集まっては、ドリカムさんの楽曲を
みんなで歌っていました。
子供の頃から、演歌とアニメソングしか聴いてこなかった
私にとって、ドリカムさんの楽曲との出会いは衝撃でした。
それからも様々なCDを聴かせていただくようになり、
その中で最も心惹かれた曲が今回カヴァーさせていただく
「笑顔の行方」でした。
ずっと愛して止まない曲を歌わせていただける事が
本当に幸せです。
素敵な経験をさせていただき、ありがとうございました。

 

●miwa
news-1401281830-c014

私がDREAMS COME TRUEさんのライブに初めて行ったのは2007年の国立競技場で行われたドリカムワンダーランドです。
サプライズ連続の素晴らしいライブに圧倒され、興奮しっぱなしだったのを覚えています。なかでも「何度でも LOVE LOVE LOVE」を会場全員で大合唱したのは本当に鳥肌でした。
いろんな方にとって「LOVE LOVE LOVE」はとても大切な曲だと思うので、カヴァーさせていただけることを大変光栄に思います。
また、今回アレンジを担当してくれるejiさんは私をデビュー前から支えてくれているバンドメンバーですが、以前DREAMS COME TRUEさんのサポートをしていた経験もあるのでご縁を感じます。

 

■DREAMS COME TRUE 全国ツアー情報
AEON presents 25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
※ツアー詳細は、DREAMS COME TRUE オフィシャルサイトをご覧ください。

 

■DREAMS COME TRUE ニューシングルリリース情報
DREAMS COME TRUE 25th Anniversary SINGLE「AGAIN」2014年3月26日発売決定!

2014年、デビュー25周年を迎えるDREAMS COME TRUEのニューシングルの発売が決定しました。1月6日より、日本テレビ系の報道番組『NEWS ZERO』の6代目テーマソングとしてオンエアされている楽曲「AGAIN」が待望のCD化。
包容力溢れる吉田美和の歌声と深いメッセージが心を打つ、心地よいミディアムテンポのバラードはまさにDREAMS COME TRUEの真骨頂。カップリングには大型CMタイアップ楽曲とDREAMS COME TRUEとしてはレアな試みとなる、インストゥルメンタルヴァージョンも収録。
初回限定盤の映像特典には、新曲「AGAIN」と、AEON SPECIAL 10WEEKS!コラボレーションソング「この街で」のミュージックビデオが収録される。

<CD>
M1:AGAIN (日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマソング)
M2:タイトル未定
M3:AGAIN ~INSTRUMENTAL VERSION~

<特典DVD>
1.「AGAIN」ミュージックビデオ
2.「この街で」ミュージックビデオ

▼初回限定盤(UMCK-9666):CD+DVD / ¥1,600(税抜価格)+税
▼通常盤(UMCK-5468):CD のみ / ¥1,100(税抜価格)+税
※発売元:ユニバーサルミュージック

関連リンク

この記事を書いた人