『織田かおり 3rdソロライブ“Reverberation”』大成功!オフィシャル・レポートが到着!

news-1401221620-c001

織田かおりのソロライブ、『織田かおり 3rdソロライブ“Reverberation”』が1月18日に東京・六本木morph-tokyoで開催。そのオフィシャル・レポートが到着した。

<オフィシャル・レポート>
歌手・織田かおりが18日、東京・六本木morph-tokyoで『織田かおり 3rdソロライブ“Reverberation”』を開催。「女性限定」と「男子限定」の2回公演を行い、合計400人の満員のファンで埋め尽くされた。
ライブタイトルにもなっている昨年11月に発売されたシングル「Reverberation」や、大人気乙女ゲームブランド「オトメイト」より2014年1月に発売されたPlayStation(R)Portable『忍び、恋うつつ』のOPテーマとなっている、1月29日に発売される「花はうつつに」がサプライズ披露されるなど、アンコールを含め14曲を熱唱した。また、5月11日には、バースデイライブが東京・渋谷の「TSUTAYA O-WEST」で、初の男女合同でのライブとして行われることが発表された。

織田は抜群の歌唱力により早くから注目され、10代の頃より梶浦由記のソロプロジェクト「FictionJunction」やサウンドクリエイター・Revo氏の主催する幻想楽団「Sound Horizon」に参加するかたわら、2006年よりソロとしても活動をスタート。ネットを中心に活躍している気鋭のアーティスト等と「アナザーユニオン」を結成しライブ活動を行うなど、さまざまな音楽ユニットに参加してきた。2013年4月に、6年ぶりとなる3rdシングル『暁のバタフライ』発売を記念して、同年4月14日に1stソロライブを東京・六本木morph-tokyoで開催。以後、ソロ活動にも力を入れている。

news-1401221620-c002

「『Reverberation』を聞いたときに、青と黒だ!この曲は」と、直感的に閃めいたという曲のイメージカラーで、ジャケットにもなっている黒のワンショルダーのトップスに青のミニスカートに黒のロングブーツという衣装で登場すると、満員になった会場をゆっくりと見渡していく。ひとつうなずき、ドキッとするようなセクシーな視線を送ったのが合図だったかのように、疾走感にあふれたロックサウンドが会場に響き渡る。プレイステーションVita用ゲームソフト『AMNESIA V Edition』OPテーマであり、ライブタイトルにもなっているシングル曲「Reverberation」から、「織田かおり3rdソロライブ“Reverberation”」はスタートを切った。

一番のテーマはシンプルに「歌を聴いてもらうこと」(織田)と言うように、2曲目には、バラード曲であるPSP用ゲーム『L.G.S ~新説 封神演義~』EDテーマの「水鏡」を披露。その後もスマートフォン用アプリ『アムネシア for iOS & Android』OPテーマの「記憶(きみ)のシルエット」や、PSP用ゲーム『AMNESIA LATER』エンディングテーマの「永遠の一秒」といったしっとりしたバラード曲を交互に織り込んでいく。ファンもアッパーな曲には、こぶしを突き上げ「ハイ!ハイ!」と気合の入った野太い声で盛り上がるが、聴かせる曲になると、会場がシーンと静まり返るメリハリのついたリアクションで応えていく。

news-1401221620-c003

この日の織田は、とにかく楽しくて仕方ないといった感じで、いつもよりも伸びがあり、声量もある高音を気持ちよく出していた。また、歌詞の内容に合わせたかのような細かい身振りもせつない曲調の時は柔らかく、ロック調の時には激しく力強く、顔の表情も柔和になったり、キリリとした女戦士風だったりと、表現力でも魅せていた。

news-1401221620-c004

今回の目玉は、人気乙女ゲームブランド「オトメイト」より2014年1月に発売のPlayStation(R)Portable『忍び、恋うつつ』のOPテーマである、1月29日に発売となる「花はうつつに」のサプライズ披露。初めは琴の音が響き渡るどっぷりと江戸情緒いっぱいの曲から、一転和ロックに変わっていくというダイナミックな曲調になっている。今までの織田が歌ってきたサウンドとは一味違うものであり、その新鮮さと衝撃が会場のファンたちの心に響いた。新曲について織田は、「忍者の世界が舞台で、主人公の女の子が忍者学校の生徒。周りで恋愛する子もみんな忍者になっている。BGMも和サウンドなので、オープニングから思い切ってやれるとこまでやっちゃっている」と語っていた。

いつもより曲も多く時間も長かったにもかかわらず、いつもよりもずっと短く感じたライブのラストには、「これからもみんなと、根っこの部分で深くつながっていたい。ありったけの愛をこめ」たバラード曲、「深愛なる物語」がおくられた。

news-1401221620-c005

■織田かおりからのコメント
今回のライブは、ギリギリまで不安でした。(バースデイライブの)O-WESTが決まっていたので、とちったら(バースデイライブは)ないなと、自分にプレッシャーをかけていました。また、このライブが終わらないと今年が見えない、このライブの手ごたえ次第でこの1年が決まるなという覚悟で挑みました。今回が3回目ということで、いままでと変化を付けた方がいいのか、変えない方がいいのか悩みました。そんななかで、歌を聞いてもらうことに集中しようかなということで、2曲目から急にバラードを持っていくなど、曲を聞く姿勢に持っていきやすい選曲とセットリストにしました。
(実際にライブを終えてみて)すごく楽しかったんです。私、音楽を楽しんでると、心底実感できました。今日は声がよく出てました。どこまで声が出るんだろうというのが正直ありましたね。それは、リバーブ感だったり、空気感がそうなっていたので、私はそこに身をゆだねるだけでいいという心地よさがありました。いま私たちがやりたいと思える曲の正解を出せたライブでした。お客さんも同じように感じていただいていたのならうれしいです。
バースデイライブで、自分が生まれてきた記念日に私の歌を聴きに来てくださる方々とお会いできるというのは、すごく恵まれていますよね。生まれてきたから、みなさんと会えるわけで。その感謝を伝える日にしたいです。誕生日会じゃないですけれど、私が音楽でおもてなしできればという感じですかね。そういうふうになったらいいなぁと。まだまだお披露目していない曲もありますので、楽しみにしていてください。

 

『織田かおり 3rdソロライブ“Reverberation”』
【2014.1.18(sat) @morph-tokyo Set List】

M-01. overture~Reverberation
(プレイステーションVita 用ゲームソフト『AMNESIA V Edition』OPテーマ)
MC
M-02. 水鏡 (PSP用ゲーム『L.G.S ~新説 封神演義~』EDテーマ)
M-03. 煌めきの扉 (プレイステーションVita 用ゲームソフト『猛獣使いと王子様』OPテーマ)
M-04. 世界の果てで (PSP用ゲーム『L.G.S ~新説 封神演義~』OPテーマ2)
MC
M-05. 記憶(きみ)のシルエット
(スマートフォン用アプリ『アムネシア for iOS & Android』OPテーマ)
M-06. Brilliant World (ニンテンドーDS用ゲーム『ルミナスアーク』主題歌)
M-07. 永遠の一秒 (PSP用ゲーム『AMNESIA LATER』EDテーマ)
MC
M-08. Calling (TVアニメ『バッカーノ!』EDテーマ)
M-09. 暁のバタフライ (PSP用ゲーム『AMNESIA CROWD』OPテーマ)
M-10. Promise
MC
M-11. 本気の嘘 (PSP用ソフト『ワイルドアームズ クロスファイア』OPテーマ)
~Encore~
MC
EC-01. overture~PLACE
MC
EC-02 .花はうつつに(新曲)(PSP用ゲーム『忍び、恋うつつ』OPテーマ)
MC
EC-03. 深愛なる物語
(プレイステーションVita 用ゲームソフト『AMNESIA V Edition』EDテーマ)

■ライブ情報
織田かおり Birthday LIVE 2014
5月11日(日)TSUTAYA O-WEST (旧 Shibuya O-WEST)
開場 16:00 / 開演 17:00 / スタンディング
料金:¥4,320(税込)DRINK代別途
一般発売日:2014年4月12日(土)

関連リンク

この記事を書いた人