「片想い」をテーマにした待望の2ndシングルが完成!「片想い接近」リリース記念、飯田里穂インタビュー!

int-160707-1-001-c001

“rippiブランド”をしっかり確立させたい

――一方、カップリングの「シリウス」は面白いアプローチで。サウンドも振りきった感じですね。

飯田 かっこいいですよね。イントロからすごくつかみがあって面白いなって。

――歌ってる内容も同じく恋愛ものですが、こちらは歌ってみていかがでした?

飯田 テンポ感が早くて言葉がいっぱいあったので、テンポに乗るには苦労した曲ではありました。でも歌い馴れると気持ちいいところに入る歌というか。歌詞の意味も考えながら歌ったんですけど、聴く人によって感じ方が違っていて、答えがまだ導き出せていないんです。「シリウス」という言葉の通り、神秘的というか謎めいていて。

――関係性が読めないというか、はっきり言い切ってるような歌詞ではないんですよね。

飯田 だからこそ、いろんな想像のしがいがあるというか。「もしかしたら夜によく会うふたりなのかな」とか、「すごく面倒見のいい彼女だな」って思う人もいるだろうし、「どんなにつらいことがあっても明日は来るから」って前向きにとらえる人もいるし、いろんなとらえ方があって。

――不思議なストーリーですよね。でもここでの飯田さんのボーカルは、女の子的なかわいらしさもありつつ、ある種クールというか。歌詞の内容的にも距離を置いてクールにしてるような気もするし、冷静に諭してるようにも見えます。

飯田 「片想い接近」が大学生のちょっと大人っぽい恋をしている女子だとしたら、「シリウス」は25、6歳くらいのOLかなって。

――ちょっと広めの部屋に一人で住んでいて。

飯田 景色の良さ気な(笑)。で、いつもシリウスを見てる感じかなって。

――年齢も幅広いっていうのは面白いですね。都会的な歌でもあるし。

飯田 確かに都会っぽい!すごく分かります!

――焦りが感じられないというか。

飯田 田舎だったら「電話なんかしてないで早く寝なさい!」とか言われそう。私の実家がそうでしたけど(笑)。

――ひとり暮らしですからね。

飯田 明日が朝が遅いからちょっと夜遅くても大丈夫、みたいな(笑)。

 int-160707-1-001-c002

――そういった意味では、「KISS! KISS! KISS!」もそうですけど、歌ってる主人公の女の子のイメージが、どんどん広がっている感じがありますね。

飯田 その曲の世界に入って歌う癖があるので。ほんとそんな感じですね。

――そして通常盤には「片想い接近」の中国語バージョンが前作に続いて入ります。

飯田 今回もトライしました!前回はほんとに不安で泣いて、みんなに心配されたって話をしたと思うんですけど、今回は早く練習したくて、「中国語の練習はいつ?」って事務所に聞いたほどでした。

――どうしてそんなに意欲的なんですか?

飯田 ほんとですよね。1stライブのときもそうで、すごく緊張してたのに、追加ライブからは楽しみしかない自分がいたんです。一回乗り越えると次は楽しみに変わるタイプなので、「今回もやったるぞー!」みたいな勢いでやらせていただきました。

――サウンドも中国や香港のアーティストっぽいサウンドで。

飯田 切なさも増してますよね。

――途中の台詞も中国語で。

飯田 言いました。いちばん時間がかかったのは台詞ですね。歌だとメロディに乗せると強弱は関係ないんですけど、台詞となると、発音と強弱やリズムもあるのですごく難しくて。

――どこも手を抜いてないですよね。

飯田 抜いてません!セリフも日本語にするか、みんなですごく迷ったんですけど、そうすると意味がなくなるので、「やろう!」と。

――このアプローチは面白いのでぜひ続けてもらいたいです。いずれ中国語もペラペラになりそうですね。

飯田 いやー。でも、8月のアルバムが落ち着いたら習いたいなって考えてるんです。せっかくリリースしたのでライブもちゃんとやりたいですし。がんばります!

――シングルのリリースに続いて、8月にはアルバムが控えてますから。

飯田 私のレコーディングはほぼ終わってるんです。ずっと東京ドームのリハをしながらレコーディングしてたので、3ヶ月くらいやってましたね。

 int-160707-1-001-c007

――アルバムについては改めて詳しくお話を伺いたいと思いますが、今回は2ndアルバムがどんなアルバムになってるかだけでも教えていただけますか?

飯田 ぜひぜひ!「片想い接近」というシングルを出して、8月にも2ndアルバム『rippi-holic』が出ますが、ぜひこれはセットで聴いてほしいです!なぜなら、アルバムにも「片想い」がいっぱい詰まってるんですよ!

――なるほど!あえてそこを。

飯田 恋愛の曲じゃなくて片想いの曲をいっぱい入れてるので。7月、8月とせっかく続けて出るので、どちらも聴いてほしいなって。

――飯田さんが提示する片想い感というか。

飯田 そう。2作で繋がる感じになっています。

――なるほど、これで中毒(=holic)になってほしいと。そしてアルバムの後はツアーも控えています。ツアータイトルが「rippi-echolic」です。

飯田 「エコーリック」と読みます。『rippi-holic』というアルバムを引っ提げてのツアーなので、「echo」と「holic」をかけて私が考えた造語です。こんなにしっくりくるタイトルがあるんだ!って思いました。インパクトがあって私らしさもほしいってところで考えて。「echo」が響くとか反響って意味ですけど、私の声を響かせる、って意味を込めたのと、ライブ会場で皆さんの声が響くとか、応援している声援が響き渡るとか、さらにその声が反響していろんなところに響いて、『rippi-holic』でいっぱいになればいいなって想いを込めました。私の声の中毒になってほしいっていう意味も込めてます。

 int-160707-1-001-c005

――この夏から秋にかけてリリースとツアーもありますが、7月29日でソロ活動1周年ですね。振り返っていかがですか?

飯田 不安もありましたけど、飯田里穂をどう出していこう、どう見せていこうっていう欲がどんどん生まれていって。それまでもいろんなお仕事をやらせてもらっていたので、もうやりつくしたと思っていたけど、アーティストというジャンルを新たに始めてから、歌番組だったり、ソロでのライブやイベントなど、初めて体験することもいっぱいあって、まだまだそんなこと言ってられないと思っています。もっと可能性に賭けてみたいと思ったし、rippiブランドっていうのをしっかり確立させたいなって欲がいっぱい出てきました。

――なるほど。さらにその欲を開放するのが2年目というか。

飯田 ですよね。でも7月29日は「729」をみんなに歌ってほしいですね。

――それがあるから毎年誕生日みたいに、いい日になるというか。

飯田 記念日にしてほしいですね。手帳も赤文字にならないかな(笑)。

Photography by 小賀康子 
Interview by 澄川龍一(リスアニ!)
Text by 編集部


●リリース情報
2ndシングル
「片想い接近」
7月6日発売

【初回限定盤A(CD+Blu-ray)】
news-1606102330-c001

品番:TKCA-74378
価格:¥1,852+税

【初回限定盤B(CD+DVD)】
news-1606102330-c002
品番:TKCA-74379
価格:¥1,389+税

<CD>
M-1 片想い接近
M-2 シリウス
M-3 片想い接近(instrumental)
M-4 シリウス(instrumental)

<Blu-ray/DVD>
「片想い接近」ミュージックビデオ&メイキング

【通常盤(CD)】
news-1606102330-c003
品番:TKCA-74383
価格:¥1,111+税

<CD>
M-1 片想い接近
M-2 シリウス
M-3 單相思接近(※片想い接近 中国語 Version)
M-4 片想い接近(instrumental)
M-5 シリウス(instrumental)
M-6 單相思接近(instrumental)

※全種秋ツアーチケット優先販売申込券封入

ニューアルバム『rippi-holic』
8月17日発売

【初回限定盤A(CD+Blu-ray+40Pフォトブックレット)】
品番:TKCA-74390
価格:¥4,500+税

【初回限定盤B(CD+DVD+40Pフォトブックレット)】
品番:TKCA-74391
¥3,800+税

【通常盤(CD)】
品番:TKCA-74395
価格:¥3,000+税
※初回A・Bのフォトブックレットは絵柄が異なります。

●ツアー情報
第二弾ソロ秋ツアー
11月19日(土)愛知 名古屋ボトムライン
 (問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
12月4日(日)東京 日本橋三井ホール
 (問)KMミュージック 045-201-9999
12月29日(木)大阪 UMEDA AKASO
 (問)サウンドクリエーター 06-6357-4400

●イベント情報
Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-
8月26日(金)、27日(土)28日(日)
各日14:00開場、16:00開演
会場:さいたまスーパーアリーナ
チケット料金:全席指定/前売¥8,700(税込・各日)
※飯田里穂は8/28(日)に出演します

詳しくは、アニサマ公式サイトをチェック!

関連リンク

この記事を書いた人