夜はスウィートでへらへらかわいい!武道館ライブも発表された“内田彩 CONCEPT LIVE 【Bitter Kiss】/【Sweet Tears】”レポート【Sweet Tears】編

 int-160603-02-main

2016年5月28日、TOKYO DOME CITY HALLにて“内田彩 CONCEPT LIVE 【Bitter Kiss】/【Sweet Tears】”が開催された。これは声優・内田彩が2月にリリースした2枚のコンセプトアルバムをモチーフにしたライブ。後編となるこの記事では、夜の部として行われた“Sweet Tears”のライブレポートをお届けする。

【Bitter Kiss】編はこちら

int-160603-02-c004

夜の部はエレポップの甘くて切ないコンセプトで

幕が開いてまず驚いたのは、昼の部とステージが違うこと。シンプルなセットとはいえ、1段から2段のステージに組み変わっていたのだ。うっちーはその最上段から登場。夜の部はエレポップのライブなので、昼と違ってバンドの姿もない。髪も昼と違って大きなリボンをつけたサイドテール。観客のサイリウムは白で統一されていた。

最初の曲はやはりアルバムの1曲目でもある「Floating Heart」だった。彼女の持ち味である高くて甘い歌声。かっこよさに寄せて歌っていた昼の部と連続して観ていると、あまりの違いに驚かされる。

2曲目は「color station」。この曲は今回初の試みとして振り付けをしてもらったとのことで、間奏ではダンスで観客を大いに沸かせた。月並みな表現だがお人形さんみたいでかわいらしい。

「コンセプトライブ、昼の部“Bitter Kiss”はすごい盛り上がって、汗だくになったんですけれども、夜の“Sweet Tears”はまた全然違って、衣装もこんなかわいらしい(アルバムの)ジャケットと同じワンピースです」と、まずは衣装をアピール。昼とは違ってかわいらしい、音楽に乗れるようなライブにしていきたいと語る。

しゃべってのどがかわいたのか、後ろを向いて水を飲むうっちー。そういえば、昼の部にコンサートグッズのマグカップの紹介をしていた時に「夜はこれでお水を飲む」と言っていたのだった。でもそうやってネタを仕込んでる時に限って観客が定番のフレーズ「お水おいしい?」を言ってくれないので、「そこは普通に『お水おいしい?』って言ってよ!」とツッコミを入れていた。

int-160603-02-c003

昼の反動で自由過ぎるうっちーを堪能

「じゃあここからは、初披露の新曲を聴いてもらいます!」と、「リードを外して」を歌う。次の「笑わないで」もちょっと切なく、ほろ苦い恋の歌。“Sweet”な中にもいろいろな味があって、ここは思わず聴き入ってしまうゾーンだった。

5曲目の前奏が流れると、うっちーはステージの階段に腰かけた。観客もすぐに反応して、サイリウムの色をピンクに変える。1stアルバム『アップルミント』収録の曲「ピンク・マゼンダ」だ。

曲調も昼とは全く違うが、うっちー本人の意識も“Sweet Tears”ではかなり違ったようだ。「“Bitter Kiss”はがんばってかっこいい自分を出すって言ってたの。絶対にへらへらしないって。でも『内田さん2曲目からもうへらへらでしたよ』って言われて、『うそだー!』って言ってたんですけど(笑)。その反動で、結構へらへらしたいの」とMCでもへらへらモードに。でも観客から「いいよー!」との声がかかり、へらへらモードの了承をもらっていた。

その後、アリーナ、1階席、2階席、3階席と順に声をかけていって手を振る。これもかっこいいモードだった“Bitter Kiss”ではやらなかったことだった。

十分へらへらしたので、今度は他のアルバムから“せつなかわいい”曲を歌うことに。すると、雨音が聴こえてきて、うっちーは舞台袖に下がっていく。そして傘を手に戻ってきて、「Sweet Rain」を披露。会場も青いサイリウムですっかり雨模様だ。最後に傘をたたんでポーズを決めた姿が何だかとてもかわいらしかった。

雨が上がったら、今度は夕日。7曲目は「オレンジ」で、当然観客のサイリウムもオレンジ色に変わる。キラキラと輝くさわやかな曲で、ステージの雰囲気も一変した。

続く「Merry Go」ではコンサートグッズのハート型の白いコンサートライトを持って歌唱。「みんな好きな色をピカピカさせてね!」との呼びかけで、観客もサイリウムをピカピカ点滅させていた。

9曲目「Breezin’」はコールやPPPHも入る定番の盛り上がり曲。うっちーは曲の途中で「みんなすごい元気だねー! わたしはちょっと疲れちゃった」と言いながら、お茶を飲んでくつろぐという荒業を繰り出し、大きな歓声を浴びる。

int-160603-02-c001

この場所が本当にSweetでSweetでSweetで素敵な場所

コンセプトライブでいろいろと新しい試みをする中でも、今までみんなで作り上げてきた曲の盛り上がりというのはやはり格別のものがある。でも、「まだまだみんなに見せていないものが見せられるかな?」と言ううっちーは、「私からサプライズをお届けします!」とのMCから、流れるように次の曲「Party Hour Surprise!」に。

最後の曲は「みんなと甘い夢をいつまでも見ていられますように」との願いをこめて、「Sweet Dreamer」。「これからもずっとそばにいてほしくて」……あえてアルバムの曲順とは逆にしてこの曲を最後に持ってきたところに、想いの強さが感じられた。

「へらへらしてても、失敗しちゃっても、いつも優しく迎えてくれるこの場所が、本当に私にとっては、SweetでSweetでSweetで、素敵な場所になっています。今日はSweetなDreamを見せてくれて本当にありがとうございました!」と、ライブをひとまず締めくくった。

その後アンコールに応えて、コンサートライトを持って再登場。アンコール1曲目の「with you」はみんなでピンクのライトを左右に振る一体感のある曲だ。最後の「love with you」という歌詞を「う~~~!」と長く伸ばして歌ったのがもうかわいくてキュンキュンしてしまった。

int-160603-02-c005

早くも日本武道館でのライブが実現!

そして、「ここでみなさんにとってもすごい発表があります!」とうっちーから大事なお知らせが……。
「2016年8月13日、日本武道館でライブをやることになりました!」。予期せぬ大発表に、TOKYO DOME CITY HALLはしばらく歓声と拍手が鳴りやまない。

ソロデビューを発表してから約2年、1stライブからわずかに1年。こんなにも早く武道館ライブが実現するとは、本人も全く思っていなかったそうだ。しかも、この武道館ライブは今までソロで歌ってきた34曲を全曲披露するという“Complete LIVE”になるという。

「攻めるねー。もう誰か止めてよー!」と2ndライブでも口にした言葉を、彼女は再び口にした。デビューから現在まで、本人も驚くスピードでアルバムをリリースし、ライブを開催してきた。もうこの勢いは止めることはできない。

最後は今の彼女の気持ちをそのまま表しているという曲、「Floating Heart」。「ふたりだけのステージ」という歌詞を「みんなといっしょのステージ」と変えて歌い、コンセプトライブを締めくくった。

だが、曲が終わってからもステージを去りがたい様子。「コンセプトライブで泣きそうになるとは思わなかった」と言いながら、感極まってMCを続ける。

当初はソロデビューをすることに戸惑いがあり、アイドル役をやっている延長線上でデビューをしたくなかったと語る彼女。だが、「私にしかできない何かを表現できたらいいなと思って、約2年、怒涛の感じで突っ走ってきたんですけれども、こんなにいっしょに喜んで笑い合ってくれるみんながいるということは間違ってなかったんじゃないかなと思いました」と言う。この言葉に、気持ちのすべてが詰まっているように思われた。

ステージから去る時に、観客に向かって「ちょっと大好き」と言い残していったうっちー。普通に「みんな大好き!」じゃなくて、「ちょっと大好き」というところが彼女らしい。ファンにとっては最高のご褒美だろう。

そんなわけで、全く違う色彩の2つのコンセプトライブを終え、早くも武道館という大きな舞台に立つ内田彩。とにかく何もかもすごいスピードで展開しているので、今後の活動も見逃すことができない。とりあえずは仙台・大阪・横浜で行われる次のツアーに注目だ。

Text By 金子光晴

“内田彩 CONCEPT LIVE 【Bitter Kiss】/【Sweet Tears】”
【Sweet Tears】
2016年5月28日(土)TOKYO DOME CITY

<セットリスト>
M-1 Floating Heart
M-2 color station
M-3 リードを外して
M-4 笑わないで
M-5 ピンク・マゼンダ
M-6 Sweet Rain
M-7 オレンジ
M-8 Merry Go
M-9 Breezin’
M-10 Party Hour Surprise!
M-11 Sweet Dreamer

EN-1 with you
EN-2 Floating Heart


●ライブ情報
内田彩 三十路記念イヤー企画

AYA UCHIDA Complete LIVE ~COLORS~
8月13日(土) 日本武道館にて開催
※開場・開演時間、チケット発売情報など詳細は後日発表予定

AYA UCHIDA LIVE TOUR 2016 ~a piece of colors~
6月5日(日)17時開場 18時開演 仙台PIT
(問)ニュース・プロモーション 022-266-7555(平日11:00-18:00)
スタンディング ¥7,000(税込)※別途ドリンク代必要
6月19日(日)18時開場 19時開演 NHK大阪ホール
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888
全席指定 ¥7,500 (税込) 
6月26日(日)17時開場 18時開演 パシフィコ横浜 国立大ホール
(問)オデッセー 03-5444-6966(平日11:00-18:00)
全席指定 ¥7,500(税込)
※3公演ともに5月29日(日)一般発売

内田彩 BIRTHDAY EVENT
7月23日(土) Zepp Namba(大阪) 13:00開演
(問)キョードーインフォメーション 0570‐200‐888
7月24日(日) Zepp Divercity(東京) 14:00開演/18:30開演
(問)ディスクガレージ 050‐5533‐0888
一般発売中

●イベント情報
ACROSS FESTA!!8.322+0.001 ANNIVERSARY
7月23日(土)夜公演 開場17:30  開演18:30
有楽町よみうりホール  ※内田彩の出演は23日夜公演のみです。

関連リンク

この記事を書いた人