アンフィシアターのファンはみんな“リア充”!“i☆Ris&Wake Up, Girls!バレンタインLIVE!!“各ユニット番記者レポート【Side i☆Ris】

 int-1603232300-02

2月14日、i☆RisとWake Up, Girls!による初の合同イベント“i☆Ris&Wake Up, Girls!バレンタインLIVE!!”が舞浜アンフィシアターにて開催。笑顔とサプライズにあふれたイベントが繰り広げられた。記念すべき合同イベントの初開催を祝し、i☆RisとWUGの各担当記者がそれぞれの視点で昼の部をレポートする。

i☆Ris(山北早紀、芹澤 優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希)とWake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)は、それぞれ“アニソン・ヴォーカルオーディション”の第1回・第2回の合格者によるユニット。いわば姉妹グループのような関係でありメンバー間の交流も篤いのだが、この2組のみでのイベントは意外にもこの日が初めて。両グループの、そしてメンバー間の関係性がどう見えてくるのか?という期待が、開催前から高まっていた。

それぞれの色が“咲き乱れ”た、バラエティパート

そんな本イベントはバラエティパートからスタート。司会の鷲崎 健から呼び込まれ、まずはi☆Risが登場。とともに、澁谷から早々と投げキッスのプレゼントがあったかと思えば、久保田を先陣にメンバーが円形ステージまで飛び出し、ぐるぐると駆け回る。一方WUGは全員笑顔を振りまきながらゆったりと優雅に登場。早くも違い際立つ両グループだが、これは本イベント中、幾度となく見ることができる両者の違いの片鱗でしかなかった。

int-1603232300-04int-1603232300-05

まずは「ドキドキ!?告白アンケート」コーナー。MCにだけわかる(という体)のアンケートで、i☆Ris・WUG(+各マネージャー)が「いちばん親しみやすいメンバーは?」のような互いのグループメンバーへの意識調査に回答。それをあくまで“匿名(という体)”で紹介していく。

「いちばん礼儀正しいと思ったのは?(i☆Ris→WUG)」では、5票と支持を集めた吉岡に対して「オーラが礼儀正しい」という神フレーズが登場し、「i☆Risさんは全体的にコメントが雑(鷲崎)」との言葉も飛び出した。続く「1日だけ入れ替わるなら?(WUG→i☆Ris)」では、茜屋が4票を集め圧勝。なかでも田中から寄せられた、長文での「歌もダンスもうまくてかわいい。優しいし面白いしストイックだし、本当に憧れます。ひみたすになって体を動かしてみたいです。きっと軽いんだろうなぁ(※これでも一部抜粋)」とのコメントには大喜び。実は茜屋、続く「世渡り上手そうなメンバー(i☆Ris→WUG)」で「誰からも好かれそう。話しやすい」とポジティブな目線から田中に投票。『プリパラ』真中姉妹、相思相愛である。

続いてのコーナーは「チョコっと演じて!趣味がバレ・ンタイン!」と題した、両グループの代表による、いわゆる“告白セリフで対決”コーナー。勝者へのご褒美スイーツがステージ上に登場……するやいなや、即座にスイーツ前へととびだすi☆Ris。そしてそれをニコリと静観するWUG。両者の違いが、再び際立った瞬間である。

まずは茜屋と永野による「憧れの部活の先輩に本命チョコを渡すひと言」対決。王道で攻め(た後、うしろで照れてい)た茜屋に対し、終始楽しそうに、かつディティール細かく推しキャラへの愛をぶちまけた永野の勝利。敗者・茜屋が勝者・永野に「あーん」することになったが、しっかり「あーげない♪」という“お約束”も挟み込む。

2戦目は山北と高木による「会社の上司(妻子持ち)に本命チョコを渡す」セリフ対決。上司をタメ語で誘惑する高木に対し、ここは謎のリアリティあるシナリオで社長を誘惑し、オチまでつけた山北の勝利。高木も先ほどのお返しと言わんばかりに「あーげない♪」返しをする……が、同時に山北にほっぺちゅーを“奪われ”るという驚きの展開に。

3戦目は久保田と吉岡が「ポッキーゲームをすることになった気になる男の子に、ポッキーを渡しながらひと言」で対決。セリフ途中の久保田のスキップの微妙さを鷲崎が指摘すると、山下がスキップ“のような”動作で乱入し「あたし“も”ヘタなんですー!」と久保田に近づくが、さすがに後ずさられ場内に笑いがあふれる場面も。また、吉岡の「LET’S SHARE POCKY?」のひと言から永野がダンスでインサートし、さらにi☆Risメンバーも介入して軽いダンスタイムを展開。そしてその裏でこっそりケーキを食べ(て鷲崎に怒られ)る若井。こうしてカオスとなったこの対決では、対決の当事者ふたりが同時に食べさせあいっこをすることで、丸く収まったのだった。

ファンへと愛と驚きを届ける、シャッフルユニットでのコラボ!

int-1603232300-08int-1603232300-10

さて、イベントは後半戦。レーザーでステージバックに両グループのロゴを映し出したところでi☆Risが登場し、「ミラクル☆パラダイス」からライブパートのスタート。サビ明けにメンバーが円状にぐるぐる回る「Let’s go!――」の部分とアンフィシアターの円形ステージとの相性は抜群で、そこから展開したのちに1サビ明けでは山北・若井・久保田が、ラスサビ明けには全員が客席にマイクを向けて思いっきり煽る。そこから、彼女たちの持ち歌の中でも「この日歌わずいつ歌う!?」存在の「Special Kiss」へ。i☆Risからの“愛してるのサイン”が、アンフィシアターにいる全員に届けられる。毎回その日のステージに合わせて変化する間奏中のセリフでは、ひと言ツンデレセリフを放っていった茜屋や、先ほどの“社長ネタ”を引っ張る山北が白眉だった。

そのバトンを受けたWUGも、鉄板曲かつこの日によく似合う「16歳のアガペー」からスタート。1サビではステージ下手へ、2サビでは上手へと寄り、それぞれのゾーンへもしっかりアピール。各アングルから表情までしっかり見えるこの会場の特色を活かしたパフォーマンスだ。続く「7 Girls War」では今度はセンターステージにて近距離戦を展開。大サビのジャンプでの、青山の投げキッスの織り込み方も上手かった。

int-1603232300-06int-1603232300-07

そしてここで事件は起こる。曲明け暗転のまま奥野・吉岡・高木・青山がステージに残り、i☆Risから芹澤・若井・久保田が登場。明転とともに客席は湧き上がる。しかもそれが、アニメファンならすぐに気づくであろう「ふわふわ時間」のギターの音色ともなれば、なおさらだ。Aメロでは伸びの良い青山の歌声が映え、Bメロでは若井のかわいらしさを前面に出した歌声が映える。芹澤・吉岡・青山と久保田・若井・奥野・高木に分かれつつ、ステージ上で名曲を歌い上げる。間奏明けには若井→奥野→芹澤の順にラップも披露。『けいおん!』が好きすぎて軽音楽部にまで入ってしまった芹澤にとっては至福のときだっただろうし、非常にレアな若井や奥野のラップも含めて、ファンにもたまらないパートだったことだろう。

そして入れ替わりに、i☆Risからは山北・茜屋・澁谷が、WUGからは永野・山下・田中が登場し「恋☆カナ」をカバー。1-Aでは澁谷・田中と山北・永野、1-Bメロでは茜屋・山下がそれぞれメインを執り、会場を盛り上げる。中でも2コーラス目でステージの縁を周回しながら客席最前勢とタッチを交わしたり、コラボ相手である山下と肩を組んでこの曲を楽しみ尽くしていた澁谷の姿が印象的。曲締めの、6人で腕をクロスさせて形作られた六芒星も、また美しかった。

相互カバーを経たからこそ明確になった、互いの持ち味

再びi☆Risにバトンタッチし、ライブも後半戦へ。まずは新曲「Goin’on」の披露である。前日にニコ生で、4th Anniversary Liveの日本武道館での開催が発表された直後に聴くこの曲は、正直泣け過ぎて困る。ここまで歌われてきた会場内をアゲまくる楽曲たちとは一線を画したナンバーは、自然と会場中をひとつにしていた。間奏での、これまでの『プリパラ』主題歌をなぞった決めポーズも相まって、希望の乗った大団円感の強いこの曲。大ラス部前では、そのふつふつと高まった想いを爆発させるかのように、芹澤が高く跳ぶ場面もあった。

int-1603232300-09

そのまま流れた「Make it!」のイントロ。だが、暗転のままi☆Risは降壇し……入れ替わりにセンターステージから、せり上がりでWUGが登場してこの曲をカバー!運動量の非常に多いこのキラーチューンに精一杯、笑顔で食らいついていく。2サビ前に「いくよー!」と煽る役目を田中が務めたのもシビれるパート割りだったし、歌詞の意味を考えると落ちサビをリーダー・青山が担当したのも意義深いことだったはず。その彼女の表情は、心から湧き上がる楽しさに満ちていた。

と来れば、その逆もあるのが当然の流れ。お次はi☆Risによる「タチアガレ!」のカバーである。i☆Risにとっては普段よりも身体的な稼動範囲自体は少ないであろうこの曲。だからこそ、ひとつひとつの動きのメリハリが重要となってくる。イントロ・1コーラス目からストップモーションがとにかく冴え渡り、存分にi☆Ris色の「タチアガレ!」を叩きつけてくれた……と感じるほどの衝撃であった。フォーメーション的にもこの曲らしくピシっと統率が取れていたし、加えてサビ頭「Wake Up!」で全員がジャンプの打点まで(しかも高い位置で)揃えていた点には、思わず舌を巻いた。そして、楽曲のメッセージが繋がる自身の曲「Realize!」へ。「勝ちか負けだなんて 関係ないじゃないっ!」というフレーズを持つ曲が互いのキラーチューンをトレードカバーしたあとに来る点にも、セトリ構成の巧さを感じさせられる。その一方でサビ締めの振付など、随所で“i☆Risのすごさ”を明確に見せつけられる曲でもあるので、「勝ち負けじゃないけど、私たちのすごいとこ、見て!」というメッセージも込められた選曲だったのだろう。

int-1603232300-11int-1603232300-12

このバトンをWUGは、「少女交響曲」で受ける。とりわけサビで外に広がるようなフォーメーションが多い彼女たち、アンフィシアターという会場との相性が非常にいい。ある種バラエティパートから純然として存在した、“剛”と“柔”のアプローチの違いをここでも感じることができた。そのメッセージをよりポジティブに昇華させたのが、本編ラストナンバー「Beyond the Bottom」。このナンバーの中で強く感じされる神々しさは、やはり吉岡の大サビソロでひときわ強かったように思えた。

メンバー降壇後、上がり始めるアンコールの声。いつしかそれは「i☆Ris!Wake Up, Girls!」と両ユニットの名前を交互に呼ぶ声へと塗り変わる。その会場全体からの声に応えて、i☆Risが、そしてWUGが再び登場。観客をバックにした13人揃っての記念撮影を経て、最後にこの日にちなんだナンバー「バレンタイン・キッス」を披露。1-Aメロで澁谷が青山(※i☆Ris大好き)のもとにひざまずいて至近距離で投げキッスをプレゼントしたかと思えば、サビでは芹澤も両隣にいた山下・田中にそれぞれ投げキッス。ラスサビでは奥野と久保田が仲睦まじく歌っている光景も微笑ましい。そうしたメンバー同士の交流が、目で追い切れないほどにステージの至る所で繰り広げられ、後奏では13人が円を作ってステージをぐるり。どの位置にいるファンにも自分のエールが届くように、手を振り笑顔を振りまき続ける。そしてラストには13人のフォーメーションでハートを形作り、その中心で山下・高木が片手ずつ合わせてハートを作ってバッチリ決めていた。

最後に鷲崎も呼び込み、14人でi☆Ris恒例の締めの挨拶「ばいちゅっちゅ~♪」でお別れ。去り際に澁谷から聞かれた「どこのリア充よりもリア充だったね!」との言葉は、真理以外の何物でもなかった。

この日の客入れVTRでは、小林竜之とともにi☆Risからは若井・澁谷が、WUGからは青山・吉岡が参加して“D-selections”を結成し、TVアニメ『ハンドレッド』のOPテーマを担当することも発表。ますますこの2組の接点は増えていくことが期待される。だからこそ、これを機にメンバーのみならず両グループのファンも交流が始まり、互いのライブやイベントがよりにぎわうことを願ってならない。その架け橋になることこそが、愛にあふれるであろうこの日に本イベントが開催された、最大の意義なのだろうから。

Photography by 中里キリ Text by 須永兼次

“i☆Ris&Wake Up, Girls!バレンタインLIVE!!”
2016.02.14@舞浜アンフィシアター

【Live Part SET LIST】
M1.ミラクル☆パラダイス/i☆Ris
M2.Special Kiss/i☆Ris
M3.16歳のアガペー/Wake Up, Girls!
M4.7 Girls War/Wake Up, Girls!
M5.ふわふわ時間/シャッフルユニットカバー(芹澤・若井・久保田・吉岡・青山・奥野・高木)
M6.恋☆カナ/シャッフルユニットカバー(山北・茜屋・澁谷・永野・田中・山下)
M7.Goin’on/i☆Ris
M8.Make it!/Wake Up, Girls!(i☆Ris曲カバー)
M9.タチアガレ!/i☆Ris(Wake Up, Girls!曲カバー)
M10.Realize!/i☆Ris
M11.少女交響曲/Wake Up, Girls!
M12.Beyond the Bottom/Wake Up, Girls!

EN1.バレンタイン・キッス/i☆Ris&Wake Up, Girls!

“i☆Ris&Wake Up, Girls!バレンタインLIVE!!“【Side WUG】こちら


●リリース情報
「Goin’ on」
発売中
【TYPE-A/CD+DVD】
int-1602182000-c004
品番:EYCA-10798/B
価格:¥1,944+税
【CD】
01. Goin’on
02. Baby…
03. キラリ
04. Goin’on(Instrumental)
【DVD】
Goin’on–Music Video-
Goin’on-Off Shot Movie-

【TYPE-B/CD】
int-1602182000-c006

EYCA-10799
品番:価格
【CD】
01. Goin’on
02. Baby…
03. キラリ
04. Goin’on(Instrumental)
05. Baby…(Instrumental
06. キラリ(Instrumental)

2ndアルバム
『Th!s !s i☆Ris!!』
4月13日発売
【CD+Blu-ray】
品番:EYCA-10800
価格:¥6,858(税込)
【CD+DVD】
品番:EYCA-10801
価格:¥5,238(税込)
【CD】
品番:EYCA-10802
価格:¥3,510(税込) 

●ライブ情報
i☆Ris 2nd Live Tour 2016
4月24日(日)Zepp Fukuoka
4月30日(土))Zepp Sapporo
5月3日(火・祝)仙台Rensa ※追加公演
5月14日(土)Zepp Namba
5月15日(日)Zepp Nagoya
5月21日(土)Zepp Tokyo

i☆Ris 4th Anniversary Live
11月25日(金)日本武道館
開場 17:30/開演 18:30

i☆Risオフィシャルファンクラブ「虹会」入会受付中!!
ファンクラブ「虹会」サイトはこちらから

関連リンク

この記事を書いた人