R・O・N×Annabel TVアニメ『GANGSTA.』主題歌アーティスト スペシャル対談!!

int-1508202200-c001

アニメ『GANGSTA.』の世界をさらに印象深いものにするオープニングとエンディング。STEREO DIVE FOUNDATION(以下、SDF)によるアッパー・ロック・チューン「Renegade」、そしてSDFのプロデュースでAnnabelが歌う「夜の国」。実はこの2枚のCD、ふたつの楽曲には様々なリンクが仕込まれ、物語の世界と共に楽曲の魅力をより深めている。そんな今作についてSTEREO DIVE FOUNDATIONのR・O・NとAnnabelを直撃した。

やりすぎず、さりげなくお互いに干渉している感がいいですね(R・O・N)

int-1508202200-c003

――おふたりの出会いは?

Annabel 今回のお仕事で、です。個人的にはずっとR・O・Nさんの作品を聴いてはいました。

R・O・N 今回『GANGSTA.』のオープニング・エンディングのお話をいただいて、エンディングのほうは、SDFがプロデュースをするという形でAnnabelさんを紹介してもらったんです。

Annabel 本当に『GANGSTA.』に繋いでもらったご縁ですね。

――印象はいかがでしたか?

R・O・N 素敵な歌声だなって感じましたね。

Annabel わたしはさっきも言ったように、勝手にR・O・Nさんのことは存じ上げていたんですね。たくさんの楽曲を世に出されていますし。ただ、ご本人がどんな方かは知らなくて。こんな低体温な感じの方だと思っていなかったですね(笑)。楽曲のイメージで、ウォー! って熱い感じの方を想像してました。

R・O・N 基本的にはこんな感じ(笑)。ランティス祭りでニアミスはしていたらしいですけどね。ただちゃんとお会いしたのは、今回のプロデュースで、ってことでしたね。

――SDFでAnnabelをプロデュースするにあたってはどんなことを意識したんでしょうか。

R・O・N Annabelさんの曲もたくさん聴かせていただいた上で、作品ありきでもあったので、作品の求めるものとAnnabelさんの歌との交わりそうなところに、ちょっとだけ自分の好みを入れて作りましたね。

――『GANGSTA.』に対してはどんなイメージを持たれているんでしょうか?

R・O・N 僕は原作を読んで、好みの感じの作品でしたね。バーッと読みきって、「この作品の楽曲を自分が担うのか。うれしいな」って思いました。

Annabel 私も作品を読んで「好きな作品だな」って思いましたね。渇いた感じの、男臭い世界観で。それと女性が好きなタイプの男性像だなぁって言うのも感じました。「おじさまのこういうとこ好き」っていうのが詰まっていますし(笑)。

R・O・N 女性からの人気がすごく高いらしいですね。男の子が見るマンガなのかなって思って見ていたんだけど。

Annabel 男性向けコミック誌に連載されているし、ドンパチ系ではあるんですけど、女性が萌える部分って大いにありますよね。

R・O・N えっそうなの? どのへんが?

Annabel あの体の線とか、筋肉の線とかも……。

R・O・N え? そういう話? 物語がどうこうっていうんじゃなくて?……女心、難しい!(笑)。

Annabel 物語ももちろんですよ。おじさまたちの友情とか、心が深く繋がっているのとかも、人気になるんですよ!(力説)

R・O・N なるほど……(頷き)。

――そんな『GANGSTA.』のOPはSDFの「Renegade」。世界観とのマッチングもすごくいいですし、疾走感も含め、シンクロしていますよね。

R・O・N 良かったです。最初はインストでいこうかって話もあったらしいので、そのことも考えつつ。結果的にはメロディアスなものを作ったんですけど、難解だったり、暗くてリフ的にも激しいものにした方がいいのかなってことは意識したので、マッチしていたって言ってもらえるのはうれしいですね。

――制作時にいちばん意識したことというと?

R・O・N 作品のイメージを崩さないでいつつ、自分のやりたいことも混ぜて。アニメの制作サイドの方たちや原作のコースケ先生に「この曲が『GANGSTA.』にはいいな」って思ってもらえるように、というのは意識しましたよね。それは結果として作品の世界観に向かっていくので。

R・O・Nさんの曲のアンサーソングとしていろいろと考えて「ターミナル」を書きました(Annabel)

int-1508202200-c002

――ではエンディングの、SDFプロデュースによる「夜の国」はいかがですか?

R・O・N 一緒ですね。オープニングを作ったときと。

――歌っていかがでしたか?

Annabel R・O・Nさんはいろんなタイプの曲を書ける方ですが、その中でも「こういうR・O・Nさんの曲、好きだな」って思っていたタイプの曲が来たので、やったー! という感じでした。私の声を意識して作っていただいたのがこういう曲だったというのは、うれしい限りですね。

R・O・N 今回の作業で非常に良かったな、と思うのは、歌うAnnabelさんが歌詞を書いて、自分の言葉で歌ってくれる。曲の解釈や歌詞の解釈もご本人がされていますし、レコーディングもご一緒させていただいたんですけど、ここの歌い回しはどうする? ということであったり、ここはどうしようかってことだったりも割とスムーズにできたことでしたね。

Annabel そうですね。そこはイメージを共有できている感じでした。

R・O・N そういう、作品を共に作るうれしさを感じられましたね。あとは『GANGSTA.』のオープニング、エンディングをお互いでやって、MVにもお互いがカメオ出演して、という流れもあったので、やりがいがありました。

Annabel プロジェクトをひとつ、一緒にやらせていただいた、という達成感がありますね。R・O・Nさんはものすごくキャッチーなものを作る才能がおありだなって思うんです。キャッチーでポップなんだけど、ご本人の性質なのか、ちゃんとひねくれている要素は散りばめてあって、一筋縄ではいかない、フックある曲になるのが素敵ですよね。狙ってもうまくは表現できない部分を表現されていますよね。今回の曲もそう感じました。

R・O・N 実際、ひねくれているんですけど、今回「夜の国」に関しては、Annabelさんの歌がすごく良くて、なかなか今までやってきたなかではいないタイプのシンガーさんってこともあったり、SDFとしてももっと早くご一緒したかったなって思うくらいの歌声なので、歌を聴かせたかったんです。オープニングで小難しいことをいろいろとやっていたので、あまりひねくれないことを目標にして。普段だったら、ドラムのパターンも全然違う音を持って来ちゃうようなところも、今回は控えて、ループミュージック的な、流れの中で歌を聴かせようと思って作ったんです。だから「夜の国」はあまりひねくれてないはず。

Annabel でもやっぱり展開の仕方はフックになるようにできてましたよね。

R・O・N そうかぁ。出ちゃいましたね。ひねくれが(笑)。

――そんな今回のオープニング、エンディングではお互いの作品でのクロスオーバーというか、コラボもされていますね。まずは先ほども話題に出ましたが、お互いのMVへの出演。

R・O・N 監督の手腕も素晴らしいんですよね。

Annabel 随所に印象的な演出もありましたよね。

R・O・N 出演も楽しかったですね。俺の方のを見ても、きっと「あれ、Annabelさんだ」ってわかるんでしょうね。Annabelさんの方に出てる俺は……多分、気づかれないなぁ。

Annabel 気づきますよ!(笑)。

R・O・N え? 本当?

(スタッフ含め爆笑)

R・O・N さりげなくお互いに干渉している感がいいですよね。やりすぎず。

Annabel CDでもお互いのカップリング曲でコラボしています。

R・O・N 最初は歌を交換しようと思ったんです。お互いのA面を歌おうかっていうのをやろうと思ったんだけど、時期的なことなんかもあって、企画を変えて……。

Annabel R・O・Nさんの「夜の国」も聴きたいですけどね?

R・O・N それはいつか「歌ってみた」動画でアップします(笑)。そんなわけで、カップリングで、同じメロディでのアレンジ違い、歌詞違いっていうのをやろうってことで作ったんです。僕のほうは先に書いちゃったんで、それに対してAnnabelさんにも書いてもらったんですよ。

Annabel R・O・Nさんの曲のアンサーソングとしていろいろと考えました。「Dropping melodies」を聴いて、これを恋愛の歌と取るのもアリだったのですが、普通すぎるかなって思って。勝手な解釈ですが、男の人たちの友情と別離をテーマにしようって思って書いていったんです。それが『GANGSTA.』の世界観にも繋がるかなとも思って、わたしのほうの「ターミナル」を書きました。

R・O・N 歌詞が要所でかぶせてきているのもいいですよね。

――物語も深まっていく中で、楽曲の世界観もより深まっていきそうですね。ライブで聴けるのも楽しみです。

R・O・N ライブではAnnabelさんのライブ仕様にしてもらえるといいなぁ。それと今後もまた何かの機会にご一緒したいですね。

Annabel ぜひお願いします。

Interveiw&Text By えびさわなち


●リリース情報
TVアニメ『GANGSTA.』OP主題歌
「Renegade」STEREO DIVE FOUNDATION
発売中
【アーティスト盤】
int-1508202200-c004

品番:LACM-14375
価格:¥1,300+税
<CD>
1.Renegade(TVアニメ『GANGSTA.』オープニング主題歌)
2.Fabiana
3.Dropping melodies -feat. Annabel-
 Created by STEREO DIVE FOUNDATION
【アニメ盤】
int-1508202200-c005
品番:LACM-14376
価格:¥1,200+税
<CD>
1.Renegade(TVアニメ『GANGSTA.』オープニング主題歌)
2.Dropping melodies -feat. Annabel-
 Created by STEREO DIVE FOUNDATION

TVアニメ『GANGSTA.』ED主題歌
「夜の国」Annabel
8月26日発売
【初回限定盤(CD+DVD)】
int-1508202200-c006

品番:LACM-34377
価格:¥1,800+税
【通常盤(CD)】
int-1508202200-c007

品番:LACM-14377
価格:¥1,200+税
<CD>
1.夜の国
2.ターミナル
3.夜の国 (Instrumental)
4.ターミナル (Instrumental)
<DVD>
「夜の国」Music Clip

(C)コースケ/新潮社・GANGSTA.製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人