TVアニメ『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』OPテーマ「ISOtone」リリース記念 昆 夏美スペシャルインタビュー

news-1507161900-c001

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』や『一週間フレンズ。』など、さまざまなジャンルのアニメソングを歌ってきた昆 夏美の新曲は放送中のアニメ『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』のOP主題歌「ISOtone」。日頃はミュージカルを中心に活躍する彼女にとって、本作のロックサウンドは未知の領域だった。ジャンルをまたぐ歌の活動と作品に込めた想いを彼女に聞いた。

あらたな私を表現して、ダイスのようにいろんな面を見せられるような活動をしていきたいですね

――昆さんはミュージカル歌手として舞台に立たれていますがアニソンを歌うときに向き合い方で何か違いを感じる所はありますか?

昆 夏美 デビュー曲の「私は想像する」をレコーディングしたときは、スタジオのブースの外にディレクターやエンジニアの方がいることにすごく緊張しました。「ミュージカルのステージで歌っているので緊張しないでしょう」とよく言われるのですが(笑)、マイクと自分しかいない状況でどう歌うか、自分との対話という感覚があって、ビクビクしていました。振り返って今「私は想像する」を聴くと、若いなって思ったりしています(笑)。技術的なことで言うとミュージカルでは役として歌う、アーティストとしては私自身として歌うことがまず大きく違うと思います。簡単に言うと、ミュージカル歌唱というのは大きくブレスを吸って凄みを効かせてフレーズ感を大きく出すように歌うんです。今回の「ISOtone」をレコーディングするにあたってはディレクターやプロデューサーともすごく話し合いました。ミュージカルは横の動きで朗々と歌うので、そのままだとこの曲がのっぺりした感じで聴こえてしまいます。そのため縦のリズムを体全体を使ったり、息を細切れに吸ってテンポ感を出すように歌っていきました。

――「私は想像する」を歌った時、ご自身のなかで歌唱法の切替はうまくできましたか?

 あの曲はあまりに世界観が違いすぎて自分としても大丈夫かと不安だったのですが、作曲の石川智晶さんが自らデモを入れてくださって、「これはあくまで私が入れたデモだから、好きに色を付けて」と言ってくれたので、違いは感じましたが戸惑いはありませんでしたね。

――ちなみに昆さんはどんな曲を聴いて育ったんですか?

 ミュージカルの歌はよく聴いていましたが、特定の誰かやジャンルというよりも、いい曲だなと思ったものを自分の直感を信じて聴く感じで、けっこう幅広く聴いてきたと思います。J-POPも洋楽もK-POPも、それにボーカロイドにも一時期すごくハマっていました。比較的バラード系が多かったと思います。ただ、歌うのに際して私に合っているからそのジャンルしかやらないというのは絶対に嫌で、いろんな曲を歌いたいと思っているんです。だからこそ今回、その意味で真逆の「ISOtone」をいただいたときに、みなさんに新しい私をお聴かせできるチャンスだなと思いました。

――昆さんはご自身をポジティブな方だと思います?

 不安なことはあっても、いざやるときにはポジティブに変える方だと思います。やるからには全力でやりたいし、不安がっていても仕方ないので最終的にはポジティブシンキングですね。何事も楽しみたいというのがありますし、歌を歌うということがすごく好きなので、そこは揺ぎないというか。好きだから続けられるというか意欲を持ってできるというのが一番の要因かなと思います。

――「ISOtone」を最初に聴いた時にどんな特徴を感じましたか?

 『ケイオスドラゴン』の世界観がすごくマッチしていて、サビの部分がすごく耳に残ってフレーズが覚えやすく、英詞もあって格好良く歌いたいなという印象でした。ライブでも乗りやすそうでみなさんが盛り上がる姿が想像できる曲になっていると思います。

――どんな部分に惹かれましたか?

 生死の話が散りばめられている重い内容で、血とか犠牲といった今まで歌ったことがないような歌詞もありますが、それをロックで歌うからこそヘヴィになりすぎず良いバランスが生まれていると思います。そこで、私も激しくは歌うんだけれども重くなりすぎずに、勢いは忘れずというバランスで歌っていきました。レコーディングにもすごく時間をかけて、4時間のプリプロダクションを2回繰り返しました。最初は歌ってみてもフレーズ感が多すぎるということで、いろいろ教えていただきながら2回めで方向性を掴んで、最終的には1回目のテイクとはまったく違った完成形になったと思います。技術的にもリズムの乗り方とかいろいろなことを気づかせてもらいましたし、こういう歌も歌えるようになりたいなという願望も生まれた曲ですね。過去3作とは違った私の感情を見せられたのではないかと思います。

――歌手として満足度の高いナンバーになったんですね。

 私のターニングポイントというか、私は新しいことを学んだり表現することが好きなんだなと改めて気付かせてくれるレコーディングでした。今回の楽曲はみんなで作り上げたものだなと思います。PVも行程を含めて24時間も使って撮影するなど、本当に監督やスタッフの方の力を貸していただいて作られたものになっていると思います。

――PVはどんな内容ですか?

 現在の私と過去の私、未来の私を軸にしたお話で、過去の私が何かから追われて、覚醒するというストーリーです。ここでもまたちょっと新しい私を見せられたと思うので、自信を持ってみなさんに見ていただきたいなと思います。

――昆さん自身にも何か変わりたいという思いはありますか?

 そうですね。変化はし続けたいなと思っています。この「ISOtone」はこれまで見せてこなかった自分の色を出せたと思いますが、素の私はけっこうこっちに近かったりして(笑)。敢えてイメージを覆したいというわけではないんですけど、ダイスのようにいろんな面があるのが私なんだというように活動していきたいですね。

――カップリング曲についても教えて下さい。

 「Sleep without a memory」はスマートフォンゲーム版「ケイオスドラゴン」の主題歌です。「ISOtone」で時間をかけたので、作品世界には入りやすかったです。この曲では幅が伸びてしまうので、ビブラートを敢えて封印して、息を細かく切ったりフレーズを短くすることを意識して歌いました。もう一曲の「Despair Syndrome」はロックバラードです。優しく歌おうとすると、自分が思っているよりも重く聴こえてしまうので、「ISOtone」みたいにもっと発散して歌った方がいいんだと思いつつ、歌って聴いてを繰り返して作り上げた感じです。

――初回限定アーティスト盤にはフォトブックも付属するそうですね。

 衣装も新しく作っていただいて「これが私!?」って思う部分もあったりして(笑)。衣装とかメイクで変わるというのはある種、ミュージカルと一緒なのかもしれませんね(笑)。

――今年はアニサマにも出演されますね。

 今まで昆夏美として歌を歌わせていただくのはアニメのイベントの場が多かったのですが、いきなり2万7000人となると実感が湧きませんね(笑)。先日はイヤモニも作って、当日が近づいてくることにワクワクしています。最高のパフォーマンスでいろんな自分をお客さんの前で見せられたらいいなと思います。

Interview&Text By 日詰明嘉


●リリース情報
TVアニメ『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』OPテーマ
「ISOtone」/昆 夏美
8月5日発売

【初回限定アニメ盤(CD+DVD)】
news-1508022000-001
品番:THCS-60057
価格:¥1,700+税
※描き下ろしジャケット・三方背スリーブケース
<DVD>
・「ISOtone」ノンクレジット・オープニング
・ハイレゾ音源(96kHz-24bit)
「ISOtone」
「Sleep without a memory」
「Despair Syndrome」
<封入特典>
・別冊28Pオープニング絵コンテ
・『ケイオスドラゴン~混沌戦争~』オリジナルアイテムSR“道化師の黒帽子”シリアルナンバー 

【初回限定アーティスト盤(CD+DVD)】
news-1508022000-002
品番:THCS-60058
価格:¥1,500+税
※撮り下ろしジャケット

<DVD>
・「ISOtone」ミュージックビデオ
・ハイレゾ音源(96kHz-24bit)
「ISOtone」
「Sleep without a memory」
「Despair Syndrome」

<封入特典>
・16Pフォトブック
・『ケイオスドラゴン~混沌戦争~』オリジナルアイテムSR“つながれものの蒼上衣”シリアルナンバー

【通常盤(CD)】
news-1508022000-003
品番:THCS-60059
価格:¥1,200+税

<CD>※3形態共通
1.ISOtone(TVアニメ『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』OPテーマ)
2.Sleep without a memory
3.Despair Syndrome
4.ISOtone(Instrumental)
5.Sleep without a memory(Instrumental)
6.Despair Syndrome(Instrumental)

●イベント情報
「ISOtone」リリースイベント
8月22日(土)【東京】渋谷タワーレコードB1F「CUTUP STUDIO」
開演:12時30分(予定)
※イベント開始 30 分前より整列を開始いたします。
※整列後、順次入場となります。
出演者:昆 夏美
参加方法など詳細はこちら

●ライブ情報
『Kon Natsumi 1st LIVE』
10月17日(土)【東京】Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
昼公演 開場 15:30/開演 16:00
夜公演 開場 19:00/開演 19:30

関連リンク

 

 

この記事を書いた人