佐々木恵梨、「Ring of Fortune」発売記念インストア・ライブをレポート!

6月7日にタワーレコード池袋店にて、佐々木恵梨の「Ring of Fortune」発売記念インストア・ライブが行なわれた。その様子をレポートする。

会場となった6Fのエレベーター前は、売り場の方にまでぎっしりと人が並び、『プラスティック・メモリーズ』と新人アーティスト・佐々木恵梨への注目度の高さがよくわかる大盛況ぶりだった。

佐々木恵梨が登場し、イベントは「Ring of Fortune」の披露からスタート。

int-1506221900-c007int-1506221900-c004

最初のうちは大勢の聴衆を前に若干の緊張をにじませていたが、曲が始まるとすぐに伸びやかな歌声を店内に響かせ始める。歌ううちにリラックスしてきたのか、落ちサビのウィスパーな歌い方からラスサビへの展開では、ふと笑顔のような表情を見せたのが印象的だった。

トーク・コーナーでは歌の神秘的な印象から一転、フランクなキャラクターを披露。このギャップが彼女の魅力のひとつだと感じた。

佐々木恵梨の呼び名を決めようという話では、今まで自身につけられたあだ名として「さつまいもこ」という呼び名を挙げる。これはFPS用語(FPS=ファーストパーソン・シューティングゲームというシューティング・ゲームの一種)で待ち伏せして戦う”芋る”という言葉からつけられたもの。FPSはかなり遊んでいるようで、のちのゲスト林 直孝とも盛り上がり、専門用語を交えたトークで会場を楽しませた。

int-1506221900-c003

そして、なんとサプライズ・ゲストとして作曲を担当した千葉”naotyu-“直樹が登場する。

佐々木恵梨とは事務所の先輩後輩であり、また『プラスティック・メモリーズ』の楽曲コンペで敗れた相手でもある。佐々木は「あとで聞いたらnaotyu-さんの曲はとても複雑な構成で、ものすごいこだわりがあるそうで、これは仕方ないですね」と語る。

そんなこだわりが詰め込まれた楽曲の裏話として、驚きの暴露が。実は曲中で楽器のチューニングが変わっているというのだ。イントロが高め、ABメロは低めでサビに向かって上がっていくということで、千葉は「曲調がだんだん明るくなっていく効果があると思って、前から試してみたかったんです」と語る。とはいえチューニングを演奏中に変更するのは至難の業。レコーディングでは直前に発覚して怒られ、「大変でした。何度もチューニングを変えて収録しました」と語った。

千葉”naotyu-“直樹が退場したあと、話題はカップリング曲「オトニナル」へ。この楽曲は佐々木自身の作詞曲。詳しくはインタビューも参照してほしい。この曲のデモを聴いたときに「京都っぽい」と思ったという感覚から歌詞を書いたということだが、残念ながら「京都っぽいよね?」という呼びかけは会場ではあまり賛同が得られなかった(笑)。しかしその後の曲披露では、生っぽく力強い歌声を会場に届け、オーガニックな鴨川の情景を脳裏に浮かべた人もいたかもしれない。

続いてもう一曲、RejetのシチュエーションCD『幽玄ロマンチカ』の主題歌「モノノケ恋慕」を披露。今までの2曲とも違い、和風とジャズ・テイストを織り交ぜた軽快なロック・チューンで、ノリノリでゆるく手振りを混ぜながら歌う姿が楽しそうだった。

続いてのトーク・コーナーでは『プラスティック・メモリーズ』脚本の林 直孝が登壇。今回「Ring of Fortune」の作詞を手掛がけたことで作詞家デビューということで、佐々木恵梨と作詞家クロストークを行なった。

int-1506221900-c006

まずは佐々木恵梨が「『プラスティックメモリーズ』の設定はどうやって思いついたんですか?」と聞くと、林は「10年くらい前に短編小説用に考えた話なんです」と明かす。また「作詞のやり方は?」という質問には「会社の机で。口ずさみながら書いてると恥ずかしいので、正月明けに誰もいない会社でこっそり書きました」と明かした。一方佐々木は作詞のやり方について「カフェで、iPhoneで書くんです。フリック入力がいちばん楽なんですよ。卒論もiPhoneで書きました」と若い感性を見せつけ、会場を驚かせた。

また『プラスティック・メモリーズ』の作品に即した内容として、「オープニングはアイラとして、“後ろ向きだけど前向きに”と難しい発注がありました(笑)。最初は抽象的に書きすぎて自分の中で響いてこなかったので、シーンを限定して書きました。アニメ1話の最初のシーンのアイラの気持ちから入っていって……あとは皆さんのご想像にお任せします」と語った。

int-1506221900-c005int-1506221900-c002

最後にふたりで「いろいろな意味を込めています」「最後まで観たあともう一回聴いてもらえると違った感想が生まれるはず」と締めくくり、もう一度、佐々木恵梨が「Ring of Fortune」を披露。楽曲にまつわる様々な裏話を聴いたあとで聞く本楽曲は確かに感慨深く、佐々木恵梨も、最初よりリラックスした様子で歌声を会場に届けていた。

int-1506221900-c001

Text by 大用尚宏(クリエンタ)


●リリース情報
佐々木恵梨 1stシングル
「Ring of Fortune」
発売中
int-1505312100-c002
品番:SVWC-70074
価格:¥1,200+税
<CD>
1. Ring of Fortune(TVアニメ「プラスティック・メモリーズ」OPテーマ)
 作詞:林 直孝 作曲・編曲:千葉”naotyu-“直樹
2. オトニナル
 作詞:佐々木恵梨 作曲・編曲:横山 克
3. Ring of Fortune -off vocal-
4. オトニナル -off vocal-
5. モノローグドラマ「To You.」(cv:雨宮天)

関連リンク

この記事を書いた人