『ラブライブ!』東條 希役で注目の楠田亜衣奈、ワンマン・イベント”楠田亜衣奈くすくすくっすん☀さんくっすん祭り”レポート。アンコールではソロ・デビュー発表&新曲初披露!

news-1505200000-c001

5月9日、shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて“楠田亜衣奈くすくすくっすん☀さんくっすん祭り”が昼夜二部構成で開催され、その昼の部のアンコールにて楠田亜衣奈のソロ・デビューが発表された。その模様と、囲み取材の様子をお伝えする。

この日はステージにバンド・セットが用意されており、バンド・メンバーと共にパンキッシュな衣装に身を包んだくっすんが登場。YUIの「My Generation」、そしてEvery Little Thingの「Grip!」いきものがかりの「じょいふる」など、J-popから彼女の好きな曲をバンド・サウンドでカバーした。

途中、ツイッターでファンから募集した「言って欲しいセリフのコーナー」では、恋人目線の甘い台詞から、ツンツンのセリフに熊本弁のデレと、ファンの欲望全開の台詞を彼女らしい奔放なMCと共に披露。またプレゼント抽選会では抽選でサイン色紙をプレゼント。生ボイス入り目覚まし時計はじゃんけん大会による争奪戦となったが、くっすんが強すぎたために一度仕切り直しに。

再びバンド・メンバーが揃ってのライブ・パートでは、アニメ・ソングから「God knows…」「星間飛行」「ヒカリヘ」、そして盟友・新田恵海のソロ曲である「NEXT PHASE」、自身が出演する『プリパラ』のOPテーマ「Make it!」を熱唱した。

アンコール後には水玉模様のワンピースで登場。ここで彼女のソロ・デビューが発表される。

会場を揺らす大歓声の中、新曲「トドケ ミライ!」を初披露。サウンド・プロデューサーに「Snow halation」の山田高弘を迎え、自ら作詞したというこの楽曲は、明るい王道ソングに仕上がっており、元気でかわいらしい振り付けが印象的だった。

最後は「原点に戻る」という意味を込めて、μ’sとしてのデビュー曲「僕らのLIVE 君とのLIFE」をカバー。会場中が一体となって、昼の部のイベントを終了した。

終了後には囲み取材を開催。ソロ・デビューに向けた想いを語ってくれた


――ソロ・デビューが決まったときの気持ちをお聞かせください。

楠田 ソロ・デビューが決まったときは正直不安でいっぱいだったんですけど、「ソロ・デビュー待ってます」って応援してくださる声が非常に多くて、いちばんに皆さんの顔を想い浮かべました。

――本日披露した「トドケ ミライ!」では作詞に挑戦とのことですが、作詞のポイントは?

楠田 一番の歌詞はファンの方に向けての感謝の気持ちをこめていて、二番の歌詞は「嫌なことがあっても頑張れるよ」「頑張ろう!」という応援の気持ちを込めました。

――「トドケ ミライ!」を初披露した感想をお聞かせください。

楠田 皆さんが笑顔で応援するよって言ってくれる中で初披露させていただいたので、楽しく歌えました。でも実は昨日振り付けしたばっかりで間違えないかひやひやしてました(笑)。

――一瞬不安がよぎったとのことですが、μ’sとしては大舞台を経験してのデビューということで、どういう辺りが不安だったのでしょうか。

楠田 やっぱりひとりっていうのは寂しいじゃないですか(笑)。みんなで力を合わせて作ってきたものとは違うなと。ソロ・デビューといっても私ひとりで作るものじゃなくて、スタッフの皆さんや応援してくださる方々と作るものなのですけど、やはり最終的にステージにあがるのはひとりなのでとても不安でした。それと、μ’sの一員としてではなく私自身を応援してくれるだろうかという気持ちもありました。

――それでも引き受けたのは?

楠田 最終的にはファンの方々が「ソロデビュー待ってます」って言ってくれたのが大きいと思います。

――先程披露された新曲の振り付けのポイントは?

楠田 新曲振り付けは昨日してもらったばっかりなんですけど、私の中で曲のイメージはかわいらしいキラキラした感じだったので、私の中で最大限のキラキラを振り付けの先生に伝えて、「じゃあこうしようか」って相談しながら振り付けしてもらいました。

――ファンのコール&レスポンスでしてもらいたいことはありますか?

楠田 まだ考えてないので募集中です(笑)。

――作詞初挑戦はすぐに書けましたか?

楠田 作詞したと言ってもわたしひとりの力では無く、スタッフのみなさんと、「あーでもない」「こうでもない」「いやこれは違う」って話をしながら、結構時間をかけて作りました。すんなりとは出来ませんでしたね、難しかったです。作詞をするのには相当な覚悟がいるんだなと思いました!

――ソロだからこそ挑戦してみたい曲はありますか?

楠田 いろんな曲を歌いたいです。やっぱりライブをしたときにみんなで盛り上がれる曲はもちろん、「これまでの私のイメージとは違うな」という曲だったりとか、いろんな面を出せたらいいなと思っています。私自身の色をこれから皆さんと一緒に作っていきたいです。

――今日のセットリストについて新田さんの曲については本人から直接許可をもらったとMCで言っていましたが、YUIさんやELTさんの曲などの選曲の基準は?

楠田 単純に私の好きな曲を歌わせていただきました。特にYUIさんの「My Generation」は、「制服脱ぎ捨てた16のアタシに負けたくはないから」っていう歌詞がすごい好きで。声優を目指したのは16歳のときで、それからずっと辛いときにこの曲を聴いて頑張ってきたので、ぜひ今回歌わせていただきたいなと思いました。もちろん「NEXT PHASE」も大好きな曲なので歌わせてもらいたいと新田さんに言ったりとか、そういういろんな想いが一曲一曲に詰まっていたりします。

――ソロ・アーティストとして今後の目標は?

楠田 目標はワンマン・ライブをすることです!……あれ?(笑)

――(笑)こういう場所で、とか具体的には?

楠田 場所や大きさとかじゃなくて、ひとりひとりの顔を見て歌いたいと思っています。今回はチケットが手に入らないお客様も多数いらしたので、皆さんに観ていただけるくらいの大きさのところで、ワンマンライブがやれたらいいなと思います。


 “楠田亜衣奈 くすくすくっすん☀さんくっすん祭り”昼の部
2015.05.09@shibuya duo MUSIC EXCHANGE
【SET LIST】
M1.「My Generation」YUI
M2.「Grip!」Every Little Thing
M3.「じょいふる」いきものがかり
M4.「God knows…」涼宮ハルヒ(平野綾)
M5.「星間飛行」ランカ・リー(中島愛)
M6.「ヒカリへ」ザ・ベイビースターズ
M7.「NEXT PHASE」新田恵海
M8.「Make it!」i☆Ris
<アンコール>
EN1.「トドケ ミライ!」
EN2.「僕らのLIVE 君とのLIFE」μ’s

関連リンク

この記事を書いた人