【AnimeJapan 2015レポート】腹黒?闇?新メンバーもエッジ立ちまくり!“てさプル!アニメジャパンもの”レポート

news-1504162300-c0011

3月21日、AnimeJapan 2015内REDステージにて、『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムとあそぼう』のトークイベント“てさプル!アニメジャパンもの”が開催され、鈴木結愛役・西 明日香、田中心春役・大橋彩香、有栖川 凛役・三上枝織、円城寺結衣役・高森奈津美と監督を務める石ダテコー太郎(以上登壇順)が出演。いろんな意味でキワドすぎる内容が次々飛び出すステージからは、いい意味で作品の魅力がダダ漏れだった。

news-1504162300-c001news-1504162300-c002

まず、諸注意を読み上げたあとに「もうしばらく“どんちき♪└(^ω^ )┐♫ ┌( ^ω^)┘どんちき♪”してお待ちください!」とオチをつける客ナレからおかしかった。これは、この日の司会も務めた本作のプロデューサー・通称“ぬこP”によるもので、開始前から会場の空気を『てさ部』色に染め上げ、出演者陣が登壇。

まず話題は「コラボ決定時の感想」から。この作品を2クール体感している『てさ部』側は、「大変そうだなぁ、って(大橋)」「かわいそう(西)」と「憐れまれてる!(高森)」ような印象がありながらも、「大喜利が楽しみ(大橋)」と、『てさ部』という楽しい遊び場を一緒に盛り上げたいという想いが感じられた。一方『シャルム』側は「『てさ部』さんみたいに面白いこと言えるかな?(高森)」とやんわりハードルを上げつつも、「すごく完成された空気があった(三上)」とすでに出来上がっていた空気に感嘆。そして石ダテは「割と続編で外されることが多い」とひと笑いさらったところで一気にフルスロットルに。「製作が決まったのにキャストのスケジュールが押さえられていない」など、なかなかのシュートな発言で場を湧かせる。

そんななか、ぬこPから「心を広くしてご覧ください」と不思議な前置きを経て『てさプル』のPVの上映がスタート。が、OPテーマのサビまで到達できずに急に終了し、続けて石ダテから「これが現状できているカットのすべて」との衝撃発言が。プレスコ収録の作品のためキャスト陣もその事実をここで初めて知り、揃って驚く。

news-1504162300-c010news-1504162300-c008

そんな本作は、内容としては「お題が出て、そのあとはキャラを下敷きにしたほぼ全部アドリブ」なもの。それ以上は言葉での説明がなかなか難しい……ということで、感覚でこの作品の空気感を理解してもらうために、出演者4人が実演することに。まずは「主人公の男の子が中二病だ(凛)」「ひとりは幼女がいる(結衣)」などと言葉を交わし、今ある「美少女アニメ」のイメージを共有。ここで結愛が「(“お嬢様キャラ”を聞き間違えて)ギョウザのキャラ?」「(結衣の名前を忘れて)あなた誰だっけ?」などシュートを飛ばしまくったところで、いよいよ「新しい“美少女萌えアニメ”とは?」のセリフとともに、作品のキモであるアドリブ部分へ。

news-1504162300-c003

結愛と凛が主導して次々と案を出していく流れになったが、凛の「1クールなのに登場キャラが400人……これがホントの、“美少女、もーえー!アニメ”」というネタでは結愛も真顔に。「葵(CV:荻野可鈴)とキャラかぶりがいる!」とツッコむと、「葵ちゃんの後釜を狙っていこうと」と凛から衝撃腹黒発言が飛び出し、同時に“ダジャレ好き”と位置づけられる。一方“闇キャラ”と定義された結衣は「ありのままを出していったらそうなってた(笑)」と語るも、心春に「ありのままを出すと還元されるんです。私も最初はこんなにイケメンじゅるじゅるキャラじゃなかった」とぶっちゃけられ、苦笑する。一方「今日はきれいで行くんだ」と宣言した結愛だったが、「背景で(モブが)すっごいベロチューしてる」ととんでもないぶっ込みをかます。直後にケロッと「新しいでしょ?」と言い放つ彼女、さすが本作の柱である。

news-1504162300-c007news-1504162300-c006

news-1504162300-c009

若干自重気味だった心春も「メインキャラがみんな女装したイケメンだ!(※ヒロインは男装した女の子)」と、結衣も「ちょいちょい、女子の男子に本当に見られたくないシーンが映る」と提案。「とりあえずイケメンだったら何でもいい?(結愛)」との問いには「そうですね(大橋)」と思わず素の出る場面も見られた。

と、残念ながらここでアドリブパートは時間切れ。最後にそれぞれのコメントでイベントを締めることに。

news-1504162300-c005

西 キャストも尺も倍に増えまして、ボリュームたっぷりの楽しい作品になると思います。

大橋 こんな感じの雰囲気ですが、さらにパワーアップした内容になっています。こはるんがちゃんとツッコミできてるかも、チェックしてみてください!

三上 新参者なりに楽しく収録できてうれしいです!収録も楽しかったので、皆さんもぜひお楽しみに!

高森 みならい組がどんどん女神から遠ざかっていくんですが(笑)、どこまで『てさ部』色に染まるのか?私たちこそ本当に序盤は手探りです。動くシャルムは初なので、お楽しみに!

石ダテ なかなかない作品なので、この30分アドリブアニメを“日テレの珍しいお祭り”だと思って楽しんでください!

生で作品の空気感をこれ以上ないほどに伝えてくれた今回のステージ。オンエアでは総勢10名による大喜利……もとい物語が繰り広げられていくので、さらに様々な関係性が発生してくるはず。それがどう変化し伸びていくのか?そして本当にオンエアに間に合うのか?

この春結実するはずのあらたな“てさぐり”の形を、期待して待ちたい。

Text by 須永兼次

 

この記事を書いた人