“Anime Festival Asia Singapore 2014”での、藍井エイルとGARNiDELiAのライブ映像が公開に!

int-150124-001-c001

2014年12月5日〜7日に開催された“Anime Festival Asia Singapore 2014(以下:AFA Singapore 2014)での、藍井エイルとGARNiDELiAのライブ映像が公開された。

“AFA Singapore 2014”は、シンガポールのSuntec Singapore Convention & Exhibition Centreにて開催された東南アジア最大規模のアニメフェスティバル。その中で“I LOVE ANISONGコンサート”として開催されたライブ・イベントには、各日様々なアーティストが出演していた。
今回は、その中から第1弾として、12月7日に出演した藍井エイルGARNiDELiAのステージ映像を「ライブレポート特別編」としてそれぞれご紹介。いずれの映像も会場の熱気を存分に味わえるものとなっているので、ぜひご覧いただきたい。

【EIR AOI – “sirius” | AFA Singapore Live| Music Video Recorder | Sony】

藍井エイルの映像に収録されているのは、TVアニメ『キルラキル』のOPテーマ「シリウス」。彼女のキラーチューンが現地のファンのテンションを最高まで引き上げ、会場を白く染め上げているさまは、日本のアニソンファンであれば誰もが喜ばしく感じるものであろう。映像中にも観られるステージバックからの、そして藍井エイルからの目線のようなアングルをご覧いただければ、その盛り上がりっぷりを否が応にも感じていただけるはずだ。

int-150124-001-c002

int-150124-001-c003

そのカメラ映像は、会場のボルテージを余すことなく収録。開場から開演、そしてその後のボルテージの上がりっぷりまで、様々な場所に取り付けられたカメラも、会場の雰囲気を余すことなく伝えてくれている。なんと合計20台ものカメラを用いた“タイムスライス”と呼ばれる技法で、ステージ上の藍井エイルを焦点としながら回るカメラアングルも、一種独特な効果を出している。
また、バルーンに取り付けられたカメラからの客席を俯瞰するようなショットも印象的。こちらもまた客席の盛り上がりを、普段は見られないようなアングルから映し出してくれている。こうした特別な視点から、海外での盛り上がりを改めて観ることができるのもうれしいポイントだ。

<藍井エイル(あおいえいる)>
11月30日生まれ。北海道札幌市出身。AB型。2011年10月、TVアニメ『Fate/Zero』ED曲「MEMORIA」でメジャーデビュー。 多くの海外ライブイベントにも出演し、自身のFACEBOOKページには世界中から約40万のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。 2015年第一弾シングルは『アルドノア・ゼロ』第2期EDテーマ「GENESIS」を2月18日(水)にリリース予定。 今もっとも勢いに乗る超実力派女性ボーカリスト。

【GARNiDELiA – “ambiguous” | AFA Singapore Live | Music Video Recorder | Sony】

一方GARNiDELiAの映像に収録されているのは、同じくTVアニメ『キルラキル』の2nd OPテーマ「ambiguous」。頭サビのひと声目から歓声が上がり、メイリアの「行くよ!」の掛け声から会場のボルテージは一気に最高潮へ。彼女たちのキラー・チューンにふさわしい盛り上がりだ。ステージ上のメイリアも、そしてシンセを奏でるtokuもその歓声に全力で応える。それは、マルチポッド(※撮影用一脚)に取り付けられたカメラが収録した、躍動感あふれるメイリアのパフォーマンスをご覧いただければ感じていただけるだろう。

int-150124-001-c004

int-150124-001-c005

そんなパフォーマンス中の客席の模様も、今回の映像には収録。こちらはなんと客席の真っ只中からステージへの、まさに観客そのものの視点も味わうことができ、興奮のるつぼと化した会場の雰囲気を臨場感たっぷりに届けてくれている。その興奮は終演後も収まらず、降壇するふたりへと歓声とともに手を振り続けていたのが印象的だった。その模様も、マルチポッドのカメラがステージ上と客席をワンカットで映し出しており、非常にわかりやすい形でその熱量を感じることができる。
また、客席の模様とステージ上を同時に映し出す、360度パノラマ映像も非常に印象深いもの。Equirectangular(エクイレクタングラー)という投影方法で表現した360度パノラマ映像として、客席からメイリア、さらにはtokuの姿まで一画面に収めているとても面白いショットとなっている。

<GARNiDELiA(がるにでりあ)>
女性ボーカリスト・メイリアとコンポーザーtokuのふたりによるユニット。 LiSAやアンジェラ・アキ、アンティック-珈琲店-など、数々のアーティストの楽曲アレンジ、サウンドプロデュースを手掛けてきたコンポーザーのtoku。ソロとしてもこれまでに様々なアニメ主題歌を担当し、じん(自然の敵P)など様々なアーティストのライブでゲストボーカルも務める女性ボーカリスト・メイリア。そんなふたりが2010年に出会い結成。2014年3月に大人気TVアニメ『キルラキル』の2nd OPテーマ「ambiguous」でメジャー・デビューを果たし、iTunes Music Storeをはじめ、各音楽配信サイトの総合ランキングで軒並み首位を獲得。2015年1月21日には、メジャー初のオリジナル・フルアルバム『Linkage Ring』をリリースした。 なお、ユニット名「GARNiDELiA」は、「Le Palais Garnier de Maria(メイリアの歌劇場、歌う場所。の意)」と、tokuの生まれた年に発見された同名の小惑星「コーデリア (Cordelia)」からのアナグラム。

今回2組のライブ映像収録に使われたカメラは、ソニーの「Music Video Recorder HDR-MV1(以下:MVR)」。MVRは、小型ながら高音質・高画質でライブの空気感までもリアルに収録できる、ソニーから発売中のビデオレコーダーだ。御覧いただいた映像の画質はもちろんのこと、非圧縮リニアPCM録音形式を採用しており、音質面からも存分にライブの臨場感を感じていただける映像となっている。 今回公開された映像は、そのMVRを合計50台以上、さらにソニーのアクションカムHDR-AS100V(360度映像等に使用)を10台以上使用して撮影。前述の「ambiguous」でも、そのコンパクトな特性の持つ機動力を活かして、観客目線からの映像の撮影に成功している。そのほかにも車いすをドリー(※撮影用の台車)に見立てての撮影や、風船に装着させての俯瞰撮影など、身近にあるものを使ったユニークな方法でも撮影が行われている。こちらは今回ご紹介した映像中では、「シリウス」の映像中の客席俯瞰のアングルにて用いられている。 機動的な撮影でもおわかりいただけるように、大掛かりなセッティングなしにも、インパクトと臨場感を併せ持つ映像を、様々なアングルから収録できるのもMVRの魅力のひとつ。ぜひ再度ライブ映像をご覧いただき、カメラワークや撮影手法にも注目していただければ、また違った楽しさが味わえるはずだ。

なお、“AFA Singapore 2014”のライブ映像はソニーのMusic Video Recorderチャンネル(www.youtube.com/MvrbySony)に今後も続々とUP予定。藍井エイル・GARNiDELiAはもちろん、その他アーティストのMVRによる映像も公開されていくとのこと。ぜひ現地の興奮をそのまま切り取りつつも、様々な手法でユニークに収録されたMVRならではの映像に期待していてほしい。

int-131220-001-c002

■Sony Music Video Recorder(HDR-MV1)について

コンパクトなボディながら、非圧縮リニアPCMでの高音質録音と1920×1080のフルHDでの高画質録画を可能にした、SonyのWi-Fi内蔵デジタルHDビデオカメラレコーダー。
スペック等詳しくはこちら

int-131220-001-c002

int-131220-001-c003

int-131220-001-c004


■関連リンク

ソニーMusic Video Recorderチャンネル
ソニーMusic Video Recorder(HDR-MV1)
ソニーAction Cam(HDR-AS100V)
藍井エイル Official Website
GARNiDELiA OFFiCiAL SiTE
AFA Singapore 2014 website

この記事を書いた人