“盛りだくさん”な自信作!Yun*chi「Wonderful Wonder World*」リリース記念インタビュー

int-141022-001-c002

第2シリーズがスタートした『ログ・ホライズン』。EDテーマの「Wonderful Wonder World*」は1期に引き続きYun*chiが担当しているが、今回も彼女らしいポップな歌声とエレクトロで爽やかなメロディ、甘酸っぱい歌詞が『ログ・ホライズン』の帰還を強力に印象付けるものとなっている。「Wonderful Wonder World*」以外にも2曲が収録され「暴れん坊で盛りだくさん」と彼女自身が言う2ndシングル。この発売に合わせ、収録曲について語ってもらった。

 

――2ndシングルの発売となりましたが、ご自身の中で制作するにあたり“アルバム”と“シングル”で違いはありますか?

Yun*chi アルバムだと多くの曲を収録できるので、表現の幅が広がって、結構自由にストーリーやコンセプトを考えることができると思うのですが。シングルとなると、曲数が限られているので、1stシングルのときは「どうやってまとめようかなぁ……」と考えたのを覚えています。

——シングルの方が、アルバムよりもまとめるのが大変なのは意外ですね。

Yun*chi そうなのですか!?でも、今回の2ndシングルはそういう枠にとらわれず、すごく暴れん坊で盛りだくさんなシングルになって、好きなことをたくさん詰め込めたかなと思っています。

――“暴れん坊で盛りだくさん”というキャッチはシングルとして面白いですね。

Yun*chi 今回は、『ログ・ホライズン』のEDテーマ「WWW*」。そして、声優の桃井はるこさんにプロデュースしていただいた「Fairy*」。さらに大好きな声優さんである加藤英美里さんが台詞とコーラスで参加してくださった「Dancing*」。こんなに盛りだくさんな方々を迎えた3曲をまとめてひとつの作品に収録させてもらったということで……“暴れん坊で盛りだくさん“です!

――1曲目の「Wonderful Wonder World*」なのですが、略された「WWW*」という表記の場合に何か読み方はあるのでしょうか?

Yun*chi これは「わらわら」って読むのが一番簡単かなって思います。「ダブリューダブリューダブリュー」だと「Wonderful Wonder world*」に負けないぐらい長くなっちゃうので(笑)。

――飛内将大さんが作曲されていますが、最初にこの曲を聴いたときの印象はいかがでしたか?

Yun*chi とても爽やかで“希望”をプレゼントしてくれるような曲だなぁと思いました。

――この曲では、田中秀典さんと共同作詞をされておりますが、この歌詞のコンセプトをお聞かせください。

Yun*chi 今回の制作は曲を先に聴かせていただいたのですが、曲を聴いたときに受けた印象も元になっています。生きていくことって意外とゲームに近いものがあるよなぁと。仕事とかでも、ひとつひとつの壁を越えていくことによって、仲間との絆が強くなったりとか、さらに新しい仕事に向かっていけたりだとかしますよね?そういうことって、RPGのように実際に敵を倒すわけじゃないですけど、ひとつひとつレベルを上げていくみたいで、すごく人生と似ているなって思ったんです。ちょうど今の自分とも重なって歌にできたらいいなと、田中さんに相談させてもらいました。『ログ・ホライズン』の曲になるということを知ってから原作も読ませていただいたりとか、歌詞の内容も『ログ・ホライズン』の世界観をフィーチャーしながら制作しました。それでも、やっぱり現実として想像しやすいような言葉選び、例えば“ダンジョン”という言葉がいきなり歌詞の中に出てきたら、ゲームとしてはわかりやすいかもしれないですけど、それよりかはもうちょっと具体的で、普段使うような言葉で表現できたらいいんじゃないかなっ? というところでさらに色をつけていきました。

――田中秀典さんは、以前にも1stアルバム『Asterrisk*』の「Fantasize*」で作詞をされていましたが、田中さんの書く歌詞の印象はいかがでしょうか?

Yun*chi そうですね、以前に一緒に作業させてもらったときは、音に乗せる言葉を躍らせるのが素敵だなって思いました。今回も“Wonderful Wonder World”とか“て”というワードの繰り返しのところとかで、「そこの音にこういう歌詞が乗るんだ!!」とか、私の中にはないような新しいことを教えてくださって、すごく素敵だなと思います。

――以前のインタビューでは、作詞するにあたってネガティブであることを気にされていましたが、今回はいかがでしたか?

Yun*chi 私はまだまだネガティブなところもあると思うし、完璧な人間ではないと思うけれど、これからどうなりたいかっていうとやっぱり良くなっていきたい気持ちが強くあると思います。そこに向かうための表現としていろいろな方々に助けてもらいながらですが、皆で“Yun*chi”を作っていけたらいいなと思っています。話は変わりますが女の子の恋愛トークとかって、実は結構愚痴とかが多かったりするんですよ。たぶん、メンズはあまり聞かないと思うんですけど(笑)。でも、結果何のために愚痴を言っているかというと、やっぱりポジティブな結果を生みたいからだと思うんですよね。なので、独り言の愚痴にはならないようにきちんとメッセージにして伝えていけたらいいなって思います。

――面白いですね、そのスレスレ感。

Yun*chi やっぱり落ちないと上には上がれなかったりとかするじゃないですか。ずっと真っ直ぐなわけではなかなかないと思うので。

――ちなみに、作詞されたなかでお気に入りのフレーズはありますか?

Yun*chi 2番のAメロの“信じている その笑顔”から“胸の孤独を溶かしてゆく”というところがすごく好きです。自分の人生のなかに現れた自分のことを相談できる“キーマン”が一緒にいてくれた記憶とかって、なんかちょっと辛かった時に自分の強張った肩とか気持ちとかをゆっくり溶かしてくれたりすることってあるよなぁって思って、これを歌詞に入れられたのはちょっとうれしいなって思います。それぞれに置き換えて想像してもらえたらうれしいなって思います。あとは、“て て て”ですね(笑)。

――とても印象的ですよね。

Yun*chi そうですね(笑)。田中さんの2番の“シューっと空気抜けた瞬間”が来たときもビックリしました。「ここの音に“シューっと”って入れるんだ!すごい!」って思いましたけど、やっぱり“て て て”がいちばん印象的かなぁ。ここ、曲がブレイクみたいになっているんです。なので、ライブの時に手を挙げようかなって思っているんですけど、ここでみんなの手がいっぱいブワーって挙がったら最高だなと思うので、みんなの手も見せてもらえたらうれしいなって思ってます。

――拍を覚えるのが大変そうですね(笑)。

Yun*chi いつまで手を挙げてたらいいのかなってなっちゃいますかね?(笑)

――ライブでも要チェックですね!

Yun*chi はい、要チェックポイントです!みんなの手を楽しみにしてます!

――では、実際に歌ったときの印象をお聞かせください。

Yun*chi 実はこの歌に関しては『Starlight*』よりも前から制作していたので、レコーディングも一度ではなくて何回かさせていただきました。田中さんの魅力的な歌詞と飛内さんの爽快なメロディをふまえて、さぁ自分は何ができるかなって。聴いてくださった方がより歌詞のストーリーを思い浮かべてもらいやすいように、 耳に残りやすいフレーズになるように、発音とか歌い方の強弱とかをいっぱい考えながら、みんなと一緒にいろいろああだこうだ相談を繰り返しながら歌いました。

――MVでは、いわゆる“ストップモーション”が使われた作品になっていましたが、これまでに経験したことはありましたか?

Yun*chi いや、初めてでした。動画を見たりするのが好きなので、そういう手法があることは知っていたんですけど、まさか自分がやるとは……!と思って(笑)。関(和亮)さんと2歩進んで撮って、また2歩進んで……みたいにちょっとずつポーズを変えながら撮っていったんですけど、関さんからは「いやぁ……時間かかるね……!演者さんは忍耐が必要です……!」って声をかけてもらったり、「よく秋葉原に来ていた頃は、マンションの一室にお店があってね」とかそういう話をしてくれました。逆に私は「じつはここ、私の人生初LIVEの会場なんです!」って話を聞いてもらったり、『ログ・ホライズン』にでてくるアキバの街の話をしながら撮影場所を決めて完成したので、アニメのEDとしても、自分の作品としても想いを込められたかなって思います!

この記事を書いた人