「world’s end, girl’s rondo」発売記念!分島花音スペシャル・インタビュー

int-141015-001-c001

1期に引き続き『selector spread WIXOSS』のOPテーマを担当する分島花音。「world’s end, girl’s rondo」は「killy killy JOKER」からどう変化したのか、作詞、作曲、演奏、歌唱とすべてを担当する彼女にそのエッセンスについて聞いた。謎多き作品のOPテーマであるこの曲から作品の秘密を解題する。

 

――『selector infected WIXOSS』のOP「killy killy JOKER」を受ける形で「world’s end, girl’s rondo」をお作りになられたと思いますが、この曲のテーマはどのようなものでしょう。

分島花音 『selector spread WIXOSS』は最後までのシナリオをいただいていました。1期でキャラクターなどの把握はできておりましたので、シナリオを読みつつ、自分なりのキーワードが「今ある状況を終わらせる、破壊する」という部分での「終焉」だと思ったので、作品とリンクさせて歌詞を考えていきました。決して後ろ向きなエンディングではなくて、自分の希望や未来のためにこの状況を終わらせるという前向きな「終わり」をキーにしています。

――作詞について、上手くできたフレーズはありますか。

分島 「終わり」とか「END」とか「終焉」とか「最終」とか終わりとつくいろいろな単語を歌詞にちりばめていることと、WIXOSSのゲーム開始時に「オープン」という掛け声があるのですが、それをどこかに入れたいと思っていて、サビの頭にもってきています。

――作曲もされていますが、曲を作るにあたってどのようなことをテーマにされましたか。

分島 「killy killy JOKER」がたくさんの方に聞いていただきまして、1期を観た方が2期も観るだろうし、どうしても比較されてしまうだろうと思っていました。同じアプローチをしたら「1期の方が良かった」と言われてしまうのがいちばん怖いので、比べられないくらい別の角度から、いい意味での裏切り感を持たせる異なるアプローチをするということが前提にありました。前回同様ストリングスの存在感は引き続き出していきたいと思っていまして、「killy killy JOKER」では生のサウンドがこだわりだったのですが、今回はエレクトロな要素を入れて、聴いた方に違う印象を持ってもらえるといいなと思っています。以前からサウンド的に好きな江口(亮)さん(Stereo Fabrication of Youth)にアレンジに入っていただいて、新しい風というか、違うエッセンスが入ったことで比較できないくらい新しいものになったかなと感じています。

――江口さんとはどのようなやり取りをされたのでしょう。

分島 江口さんがつくるサウンドが好きでして、よく聴いていたこともあり、(アレンジャーが江口さんに決まった際には)江口さんの色にしてほしいということもリクエストさせていただきました。ただストリングスの存在感は絶対的に欲しいのと、ドラムやベースもストリングスも演奏は生でとお願いしました。生で出せるところは人の温かみと言いますか、そういうものを入れつつ、エレクトロと混ぜるようにしています。

――そういうところが分島さんらしさですよね。

分島 そうだといいんですが(笑)。もともとアナログなサウンドが好きで、ストリングスも特にこだわっているので、バイオリンの方も素敵に弾いてくださってます。

――歌も分島さんが歌われていますが、気を付けられた点はどのようなことでしょう。

分島 とにかく難しい曲で(笑)、どうやって歌ったらいいのか、自分のなかでイメージがあっても、それを表現するのはまた勝手が違うというか、そのすり合わせが大変でした。それでも何回も歌ったりとかはありませんでした。

――ご自身で作曲されても難しいものなのでしょうか。

分島 最初に歌うのを意識しないでメロディを作ってしまうので、あとから「あ、これ歌うの私だ」って思うことが結構あります(笑)。

――チェロの演奏もありますが、こちらはいかがでしょう。

分島 間奏と後奏にはいっていますが、毎回演奏しておりますので、今回もフルコーラスをぜひ!聴いていただけたらと思っています。

――今回のポイントはどこでしょう。

分島 今回はチェロの生音というよりはエフェクトをかけている質感になっていますので、背景との馴染みがいいようにエレキっぽいチェロの鳴り方になっています。

――音色の部分で江口さんからリクエストなどありましたか。

分島 特になかったですね。初めてなのにすんなりいきました。一緒につくっていて楽しかったです。

――ジャケットが前回とうってかわって純白ですが、こちらのコンセプトはどのようなものでしょう。

分島 修道女の衣装をモチーフにしているんですが、作品自体女の子がメインなので、少女感の象徴としてシスターが頭に浮かんでいました。前回の「killy killy JOKER」が最初から黒のイメージを持っていたので、黒を前面に持ってくるとありきたりになってしまうのと、重たい感じがしてしまうかなと思ってディーラーをモチーフにしていたんですが、今回は大きく見て対比的にしようということで、シスターの衣装も面白いかなと。作品のキービジュアルも1期は黒背景で2期は白背景だったのですごくシンクロできていたなと。偶然だったのですけど。二期は白と黒がキーワードとして出てきているので、そういうことも意識してビジュアルに落とし込んでいます。

――PVの撮影はいかがでしたか。

分島 夏の撮影だったこともあったのですが、全体的に白い世界を作り込むので、照明がとても暑かったです……(笑)。異世界というか現実感のない世界を作っていて、今回はバックバンドがいる演出をつくって、奥行きは感じられるかなと。

――作品でも白い異世界が登場しますよね。

分島 そうですね。作中の異世界から連想して落とし込んでいます。

――WIXOSS大運動会にも足を運ばれたと伺っていますが、ゲームはプレイされましたか。

分島 ルールが難しくて……。一通りカードの説明をしていただいたのですが、プレイするまでは……。徐々に覚えていきたいと思っています。カードゲーム自体遊んだことがなくて。たくさんの方が朝早くからお越しになられていて、開場前から100人以上並ばれていたとうかがっています。

――カップリングの「continue」ですが、こちらはWIXOSSのカードゲームのCM楽曲ということで、こちらは「killy killy JOKER」の流れを汲まれているのかなと思いますが。

分島 そうですね。こちらは「killy killy JOKER」のチームで作っていまして、編曲も千葉”naotyu-“直樹さんで、ストリングスの重めなロック調の曲を意識しています。

――さらに描き下ろしのWIXOSSカードも封入されるということで、お描きになられてみていかがでしたか。

分島 毎回イラストの仕事をいただくのはありがたいのですが、ワーナーさんは私をなんだと思っているのか……(笑)。ですからレコーディングが終わっても作業が終わらないんです。でもそもそもカードに出たいというのは1期の時に私から言ったんです。カードが売れているって聞いたので……(笑)。

――前回から新しいビジネスチャンスは見つかりましたか?

分島 ビジネスチャンスじゃないんですが、アニメ最終回は1時間にしてほしいなと。30分に起承転結を入れ込むのは大変だと思うんですよ。1話から11話までの起承転があって、最後の1話が結になるわけですが、これをまた起承転結に分けるのは本当に難しいと思って。そうすれば、視聴者側も制作側もハッピーなんじゃないかと。

――インストアイベントがありますが、意気込みはありますか。

分島 CDを買ってくださっているみなさんとお会いできる機会がインストアイベントくらいしかないので、直接感謝を伝えられるというのはありがたいと思います。

――11月15日はメキシコシティに行かれるとのことですが。

分島 毎年ヨーロッパとかアメリカに呼んでいただくんですが、その一環でメキシコのコンベンションにうかがいます。

――日本のイベントと違いはありますか。

分島 海外の場合はジャパンカルチャーイベントで呼んでいただくことが多いのですが、日本が好き、アニメが好きという日本にフレンドリーな方が集まっているのでみなさんコスプレしてたり自由な感じです。国民性もあるのでしょうが、知らない曲でも盛り上がってくださいますし、会場がワイワイしてますので、参加するのが楽しいですね。

――今後の展開はいかがですか。

分島 クリスマスの近くにライブがあるので、一般のチケット販売が11月ですが、ワンマンライブがあります。ぜひ来ていただければ。毎年「ストレンジトリート」というテーマでやっているのですが、レストランをイメージして音楽でおもてなしをするというコンセプトです。お客さんにお腹いっぱい美味しい音楽を楽しんでもらうということで、ただいま絶賛制作中です。

――前回はパジャマパーティでしたよね。

分島 分島のライブは日常の延長線ではなくて、特別な非日常を楽しんでもらいたい、お客さんを主人公としたライブをしたいんです。敷居が高いとか行きづらいとか思われるかもしれませんが、そういうことは全然なく気軽に来ていただきたいと思っていますので、テーマに沿った非日常に飛び込んで楽しんでもらえればということを意識して作っています。


【141015_分島花音_world’s end, girl’s rondo&continue_音源試聴】

■CDリリース情報
分島花音「world’s end, girl’s rondo」
2014年10月15日

【初回限定盤(CD+DVD)】
int-141015-001-c002
価格:¥1,800+税
品番:1000522286
<CD収録曲>
1.world’s end, girl’s rondo(TVアニメ『selector spread WIXOSS』OPテーマ)
 作詞・作曲:分島花音 編曲:江口 亮
2.continue(WIXOSS TCG カード TV-CM 曲)
 作詞・作曲:分島花音 編曲:千葉”naotyu-“直樹
3.world’s end, girl’s rondo -Instrumental-
4.continue -Instrumental-
<DVD収録映像>
「world’s end, girl’s rondo」 Music Video
★初回限定盤封入特典:分島花音描き下ろしWIXOSS TCG カード

【通常盤(CD)】
int-141015-001-c003
価格:¥1,200+税
品番:1000522287
<収録曲>
1.world’s end, girl’s rondo(TVアニメ『selector spread WIXOSS』OPテーマ)
 作詞・作曲:分島花音 編曲:江口 亮
2.continue(WIXOSS TCG カード TV-CM 曲)
 作詞・作曲:分島花音 編曲:千葉”naotyu-“直樹
3.world’s end, girl’s rondo -Instrumental-
4.continue -Instrumental-

■インストアイベント情報
New シングル「world’s end, girl’s rondo」発売記念イベント
10月15日(水)SHIBUYA TSUTAYA B1 特設会場 18:45集合/19:00開演
11月11日(火)アニメイト池袋店 開場19:00 開演19:30 終演20:30
11月21日(金)アニメイト横浜店 開場18:30 開演19:00 終演20:00
11月22日(土)アニメイト大阪日本橋店 開場13:00 開演13:30 終演14:30
11月22日(土)アニメイト広島店 開場18:30 開演19:00 終演20:00
11月28日(金)タワーレコード新宿店 開場18:30 開演19:00 終演20:00 

■ワンマン・ライブ情報
コンセプト・ワンマンライブThe strange treat! X’mas Special

日時:2014年12月22日(月)
場所:渋谷WWW

■出演イベント情報
●ANIMAX MUSIX 2015 OSAKA

日時:2015年2月28日(土)
場所:オリックス劇場
<出演アーティスト>(50 音順)
上坂すみれ、大橋彩香、黒崎真音、鈴木このみ、fripSide、分島花音、and more

関連リンク

この記事を書いた人