合言葉は「YES!!」“TVアニメ『さばげぶっ!』7月まで待てない!できたて第1話をみんなで見ようの会っ!”レポート

6月28日にスペースFS汐留にて、“TVアニメ『さばげぶっ!』7月まで待てない!できたて第1話をみんなで見ようの会っ!”が開催。昼夜2回行われたこのイベントには、メイン・キャストである大橋彩香(園川モモカ役)、内山夕実(鳳 美煌役)、大久保瑠美(春日野うらら役)、Lynn(経堂麻耶役)、東山奈央(豪徳寺かよ役)の5人が登壇。さらにステージには本作のマスコットキャラクター・カモちゃんも登場。合わせて会場を盛り上げた。
ここでは夜の部の模様をレポートする。

int-140701-01-c001

本編でもナレーションを担当する玄田哲章による、小ネタを散りばめた諸注意からスタートしたこのイベント、まずは記念すべき第1話の上映から。詳細についてはネタバレになるため避けさせていただくが、キラキラしたオープニング映像に、OPテーマ「YES!!」が実にマッチ。来場者の反応も上々で、随所に笑いが起きる。そして上映後は拍手が場内に鳴り響いていた。

上映後、メインキャストが登壇してのトークパートへ突入。全員が自ら演じるキャラクターの缶バッチを身につけていた点に、早くも作品とキャラクターへの愛着の強さを感じさせた。
まずは大橋から順にキャラクター自身の自己紹介を行い、続けて自らの自己紹介。第1話を観た直後だからだろうか、アフレコの進行したキャスト陣が各キャラクターへより深くハマっていることがよくわかる。
まずはキャスト陣に『さばげぶっ!』の第一印象を聞いていくことに。「女の子がサバイバルゲームをやるイメージがなかった」という一方、「『なかよし』連載作品」への出演についてうれしさがあらわになるひと幕も。さらにはアフレコ前に実際キャスト全員でエアガンを撃ちに行ったというエピソードや、オーディションの裏話まで飛び出し、よりこのイベントのプレミアム度を高めていた。

続いては、いよいよ各キャラクターの深掘りへ。演じるキャスト自身がキャラクターの魅力について語る。モモカについて大橋は「表裏の差を楽しむのが好き」とコメント。内山は美煌を「カリスマっぽいけど、かっこよくバカをやる点が魅力」と語る。大久保は個性豊かなうららをひと言で「飛び道具」と評し、本作品が初レギュラーとなるLynnからは、現場や麻耶を演じることについての慣れが語られた。そしてかよを演じる東山は「ローテンションだけど意外な情熱のある子」と分析していた。
最後に、ナレーション担当の玄田哲章とのエピソードも語られ、和やかながらも締まった現場であることが伺え……と、ここでLynnのアフレコ突撃レポートのVTRに突入。アフレコブースに突撃し、作中のとあるシーンを5人が実演。セリフ回しはもちろんのことマイク前の入れ替わりなど、プロの技が垣間見えるひと幕も。

そしていよいよお待ちかね、オープニングを飾る大橋彩香による「YES!!」の生披露。サイリウムのかわりに、MVに使用されている「YES!!」の札や旗を掲げるファンも多く、それを目にした大橋は驚きつつも実にうれしそう。

int-140701-01-c002

フレッシュ感あふれる楽曲が始まり、会場のテンションも一気にMAXに。キラキラとした笑顔を会場いっぱいに届けつつ、イントロから場内を煽りまくる。彼女のもっとも得意とする音域を取られていたこともあってか、実に伸び伸びとした歌声がリスナーに元気を与えてくれる。まだ披露された回数が少ないとは思えないほどの安定感と、同時にそこに掛け合わさるフレッシュさ。この普通であれば両立し得ない2点をともに成立させる点に、彼女の凄さの片鱗を見たような気がした。これは、これまでの数年間、彼女が様々なシーンで培ってきた経験・歌声が結実した結果と言ってもいいだろう。その証拠に、フリの最中に会場全体を見渡すような余裕すら存在していたのだから。言わずもがなこれは最高のスタートであり、ここからどのような成長を見せていくのか、作品のみならず大橋の今後にも期待しかできない。今はただ、そのくしゃっとした満面の笑みを見て、そうとしか感じられなかった。そして楽曲の最後は、頭にピースを乗せて最高の笑顔でキメ。最高の形だった。
彼女自身も「映像を観て、アニメと曲とのリンクに感動した」と語るこの曲。その言葉通り、間違いなく互いが互いを高め合う存在になるはずだ。

歌唱が終わり、ステージにメインキャストが再集結。話題はEDテーマへと移り、全員で「ゲスかわ☆ガールズです♪」とキメポーズを披露。残念ながらEDテーマは2話からの放送につきこの場で聴くことはできなかったが、キャスト陣の「カオス」「これが歌えれば次何が来ても大丈夫」という言葉からは、またまたとんでもないものしか期待できない。

最後に、キャストからひと言ずつ挨拶。

int-140701-01-c007
東山
 今日で作品の方向性をよくおわかりいただけたと思います(笑)。回を増すごとにいい意味でインパクトの強い展開になっていくので、ぜひ一緒に盛り上げていきましょう!

int-140701-01-c006
Lynn
 オーディションからちょうど1年。完成を観られて、アフレコも毎週楽しくて、今とってもうれしいです。きっと『さばげぶっ!』とともに暑い夏がやって来ると思います!

int-140701-01-c005
大久保
 1話はまだみんなセーブしてるんですけど、2話からもっとゲスく……あ、間違えた、ゲスかわいくなります!(笑)。

int-140701-01-c004
内山
 この夏は“ゲスかわ”という新しい流行語を作るのもアリなんじゃないか?と思ってます。キャストの仲がいいので、それが作品に反映されていくのをお楽しみに!

int-140701-01-c003
大橋
 今日は楽しんでくださいましたでしょうか?(観客:YES!!)ありがとうございます!いよいよ放送が始まりますが、この個性豊かな面々をぜひ楽しんでください!

キャスト陣の挨拶が終わり、万雷の拍手に包まれたまま幕を閉じた『さばげぶっ!』先行上映イベントは、場内の誰からも笑顔の絶えないステージだった。そしてそれは、これから放送される本編も同様なのだろう。終演後に流れた玄田哲章による、またもフック満載の客出しナレーションが、それを裏付けていた。

Text by 須永兼次(リスアニ!)

TVアニメ「さばげぶっ!」7月まで待てない!できたて第1話をみんなで見ようの会っ!
2014.06.28 スペースFS汐留

関連リンク

この記事を書いた人