“みん”なと過“ごす”バースデー!“今井麻美 Birthday LIVE 2014”レポート

int-140523-02-c002

2014年5月18日(日)、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLにて、“今井麻美 Birthday LIVE 2014”が開催された。声優・アーティストとして、これまでに何度もライブを行ってきた“ミンゴス”こと今井麻美。その誕生日を祝う本公演では、会場が終始お祝いムードに満たされるなか、バラエティ豊かな楽曲の数々でファンとの時間を楽しんだ。

int-140523-02-c003

ライブは今井本人による英語の場内アナウンスで幕を開けた。この日が、自身にとっても、集まったファンにとっても特別な日になりますように……そんな想いが込められた言葉に導かれるようにして、バンドメンバー“+A”が入場。そして、メンバー紹介が終わるといよいよ今井が登場し、「想いの羽根~Angelic White~」「Aroma of happiness」のボサノヴァ・アレンジを披露。ふたりのギター、ベース、ドラム、キーボードに加えて、サックス、フルート、バイオリン、パーカッションも交えた+Aによる厚みのある演奏は、ゆったりとした曲調であっても、聴く者の心を震わせるものがある。客席のペンライトは、リズミカルに常に揺れ続けていた。

int-140523-02-c004

2曲目が終わり、さてMCを挟もうかというところで、突然バースデーソング「Happy Birthday to You」のピアノ演奏が始まる。客席からも自ずと合唱が始まり、ダンサーたちがケーキを運び込んできて、「だから(ダンサーのみんなが)待機してたんだ!」と、驚きと喜びを隠せない様子の今井。満員のホールを埋め尽くしたファンから一斉に「おめでとう!」の声が上がり、全方向からの祝福を一身に受ける、最高の誕生日を迎えた。

int-140523-02-c005

さらに「懐かしい曲を……」と語って3曲目に披露したのは「月下祭~la festa sotto la luna~」。これは『アイドルマスター』のラジオ番組に関連したCD『THE IDOLM@STER RADIO ~歌姫楽園~』に収録されている楽曲であり、作詞と歌を同番組パーソナリティの今井が、作曲を「蒼い鳥」や「眠り姫」などでおなじみの椎名 豪が手がけている。しかし今までほとんどライブ披露されたことがなく、今井をよく知るファンからすると感涙ものの選曲であり、それが+Aの演奏で聴けることも相まって、客席からも驚きと喜びが感じられた。これは、ファンからの誕生日祝いに対する、今井からのお返しだったのかもしれない。

int-140523-02-c006int-140523-02-c008

前年に日本青年館で行われた“今井麻美 Birthday Live 2013”では、ゆったりと座って聴くことができる曲の多い“blue stage”と、元気な曲の多い“orange stage”の2回2日間に公演が分かれていた。今回のライブはその両方が共存したものとなっており、5曲目の「Precious Sounds」までは客席のほとんどが座っていたが、6曲目のロッキンなナンバー「Limited Love」からは客席が一斉に起立。熱いコールとペンライトの応援でステージを盛り上げた。

int-140523-02-c007

MCではTOKYO DOME CITY HALLで単独公演を行うことが決まったときの胸中を明かし、当時からこの日に至るまでの緊張や戸惑いについて触れた。

int-140523-02-c016

しかしそれが杞憂だったことを、満員のファンと、絶えず送られる温かい歓声が物語っている。さらに一糸乱れぬコールや、曲ごとに美しく転換していくペンライトの色などを観ると、今井と+A、そしてファンが築き上げてきた深い信頼が感じられた。

int-140523-02-c009
int-140523-02-c017

バラエティ豊かな楽曲と、それらに合わせて客席の空気やペンライトの色が目まぐるしく変わっていく様もまた、今井麻美ライブの魅力のひとつだ。2014年3月にリリースされた最新シングル「漆黒のサステイン」ではタオルを回して元気に盛り上がる姿が見られ、荘厳なクワイアから始まるシンフォニックな楽曲「化身」では、『コープスパーティー』の世界観を反映した赤い光で客席が染まり、一転してシリアスな雰囲気を醸し出していた。

int-140523-02-c010int-140523-02-c011

さらに「星屑のリング」のピアノ・バラードアレンジや、「Rain~手のひらのアンブレラ~」「海月~Jelly Fish~」など、優しい穏やかな曲も合間に挟まれて、熱く盛り上がるもよし、静かに聴き入るもよしと、いろんな楽しみ方ができるライブになっていた。

int-140523-02-c012

ライブ本編最後の「AQUAMARINE」では、一斉に青と水色のペンライトの光が客席に灯り、それが水面のように揺れて、美しく幻想的に楽曲の世界を彩っていた。

int-140523-02-c013

アンコールでは、キュートでキャッチーなポップス「Dear Darling」を披露し、一気にまた会場を盛り上げる。この曲のときのコールの大きさ、一体感はとりわけ際立ったものがあり、終盤で今井が「大好きだよ」と歌ったときには、この日のハイライトと言ってもいいほどの大歓声が上がった。

int-140523-02-c014

そして最後のMCでは、自己名義での歌手活動を始めて(2009年4月メジャーデビュー)から5年が過ぎたことに触れ、「最後は自分で作詞した曲で締めたい」と語り、1stアルバム表題曲「COLOR SANCTUARY」を歌って終幕。鳴り止まない拍手に応えて、何度もありがとうと感謝を伝えながら、満面の笑顔で今井はステージをあとにした。

int-140523-02-c015

そして終演後に、場内BGMとして流れていた「いっしょ。」を、ファンが力強く合唱していた。今井が初めて作詞・作曲に挑戦した曲が、その誕生日を祝うライブの最後に、このような形で愛されている光景は、いたく胸を打つものがあった。

Text by 山中貴幸


“今井麻美 Birthday LIVE 2014”SETLIST
2014.5.18(Sun)@TOKYO DOME CITY HALL

01.想いの羽根~Angelic White~(Bossa Nova)
02.Aroma of happiness(Bossa Nova)
03.月下祭~la festa sotto la luna~(Latin)
04.struggle(Latin)
05.Precious Sounds~風が残していった~(Latin)
06.Limited Love
07.Horizon
08.instrumental(+Aオリジナル)
09.追憶の糸車
10.漆黒のサステイン
11.instrumental(鐘~ピアノ協奏曲第2番第1楽章~仮面舞踏会のカバー)
12.化身
13.星屑のリング-Piano Ballad ver.-
14.Rain~てのひらのアンブレラ~
15.夏色Sunshine Flower
16.The Azure~碧の記憶~
17.Promised Land
18.海月~Jellyfish~
19.AQUAMARINE

アンコール

EN1.Dear Darling
EN2.想いの羽根~Angelic White~(Latin)
EN3.COLOR SANCTUARY


■CDリリース情報

int-140523-02-c019

今井麻美「追憶の糸車」
2014年7月30日発売
発売元:5pb.
販売元:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
※予約先着特典:リバーシブルB2ポスター(今井麻美撮り下ろし写真/ジャケットイラスト)

【ジュピエルコラボ盤】
※いとうのいぢ描き下ろしイラスト&今井麻美ジュピエル衣装着用写真のリバーシブルジャケット
品番:FVCG-1307
価格:1,800円(本体)+税
<収録内容>
01.追憶の糸車(PS3ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』EDテーマ)
作詞:NAGAE/作曲:菊田大介(Elements Garden)/編曲:宮藤優矢
02.未定
03.追憶の糸車 – off vocal –
04.未定 – off vocal –
05.ジュピエルボイスレター
06.ジュピエルキャラクターソング「天使のマーチ」
<ボーナストラック>
07.ジュピエル特選システムボイス

【通常版】※今井麻美撮り下ろしジャケット
品番:FVCG-1308
価格:1,200円(本体)+税
<収録内容>
01.追憶の糸車(PS3ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』EDテーマ)
02.未定
03.追憶の糸車 – off vocal –
04.未定 – off vocal –

■タイアップ情報
『神様と運命覚醒のクロステーゼ』
2014年9月25日発売予定
int-140523-02-c020

ジャンル:運命覚醒ダンジョンRPG
対応機種:PlayStation3
価格:【通常版】6,800円+税
   【初回限定版】8,800円+税
   【DL版】6,171円(税込)

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.

関連リンク

この記事を書いた人