マルチな才能がここに集結!1st PLACEの10-11周年記念イベント「KEEP HAVING FUN!」レポート!

live-1403091200-c001

2014年3月1日(土)から2日(日)にかけて、1st PLACE株式会社の創立10-11周年を記念したライブイベント“1st PLACE 10-11th CELEBRATION LIVE「KEEP HAVING FUN!」”が六本木・アミューズミュージカルシアターにて開催された。出演者は、同社の所属アーティストであるLia、IA、じん(自然の敵P)、石風呂、コンテンポラリーな生活。さらにゲストとして多田 葵、富樫美鈴(Veil)、メイリア(GARNiDELiA)、GARNiDELiA、marina、Rock,stock and the Barrel(ナナホシ管弦楽団)、サプライズゲストとしてなんとLiSAが出演。またカゲロウプロジェクトのイラストレーター・しづによる初の個展開催も行われ、同社の10年間が凝縮されたバラエティ豊かなイベントとなった。本稿ではその2日目の模様をレポートする。

live-1403091200-c002live-1403091200-c003

トップバッターを務めるのは、大阪を中心に活動中の若手ロックバンド・Rock,stock and the Barrel(ナナホシ管弦楽団)。「きょう一日思いっきり楽しむ覚悟はいいですか!?」と客席を煽りつつ、青春ド真ん中を感じさせるギターロック「あばよライバー」でいきなり会場を温める。続けて登場したのは、“ヘタレのヒーロー”を標榜する3ピースバンド・コンテンポラリーな生活。思春期特有の繊細な感情をメロディアスな歌に乗せて届けるロックナンバー「ゴミ箱人間さん」、「死なない声を探す」を披露し、観客をさらにステージへと引き込んでいく。鬱屈と軽快さの入り混じったその世界観は、まさにバンド名のごとく「この時代を生きる」ことを感じさせるものだ。

オープニングアクトとして出演した2組のロックバンドのステージが終わり、ここからは1st PLACEが楽曲を共にしたスペシャルゲストとともに、同社の歩みを振り返っていく。

live-1403091200-c004

シンガーソングライター・歌手の多田 葵は、TVアニメ『Angel Beats!』EDテーマ「Brave Song」を披露。ステージ後方のスクリーンにはアニメのED映像が流れ、放送終了から早くも3年半余りが過ぎたことを実感させられる。MCで多田が、ボーカリストブランド・Veilでかつて活動したことに触れると、それに応えるかのように声優・富樫美鈴が登場!

live-1403091200-c005live-1403091200-c006

TVアニメ『FORTUNE ARTERIAL 赤い約束』EDテーマ「I miss you」を、Veilの仲間としてデュオで紡ぐ。最後のサビを歌いきった後には握手を交わし、手をつないで「ありがとうございました!」と言って深々とお辞儀。二人の様々な思いが詰め込まれたひとときだった。

live-1403091200-c007live-1403091200-c008

そして『Angel Beats!』と言えばこの人、marina。アニメの劇中バンド“Girls Dead Monster”(ガルデモ)のボーカル・岩沢として「Alchemy」を歌唱する。そのパワフルな歌声で同作のファンが一気にヒートアップしたのもつかの間、なんとサプライズゲストとしてLiSAが登場! もうひとりのボーカル・ユイとして「Thousand Enemies」を歌い上げる。この前日に行った台湾公演“完全櫻樂團 第貳團 動漫櫻樂之夜”を終えたばかりで駆けつけたLiSA。「台湾から帰国してそのままスーツケースを引きずって来ました」とにこやかに語って会場を和ませるひとコマも見せつつ、ここで再びmarinaが入場。ガルデモのファーストシングル「Crow Song」をデュオで歌い、ガルデモ一夜限りの再結成!とファンなら奮い立たずにはいられないステージを見せてくれた。最後にはハイタッチを交わしたふたりのボーカリスト。かつてともに戦った舞台を確認し合うかのようなその光景は、ガルデモと同じ時を過ごした人の胸に、熱く染み入ってくるものがあったのではないだろうか。

live-1403091200-c009

いま大注目のユニット・GARNiDELiAは、3月5日発売のメジャーデビューシングル「ambiguous」を名刺代わりに颯爽と登場!大ヒットアニメ『キルラキル』の後期OPテーマとなっている同曲はインパクト抜群。そして動画投稿サイトでの配信で人気を博しているスタイリッシュなエレクトロ・ハウス「Lamb.」を披露し、メジャーデビュー前から培ってきた高い実力とポテンシャルを見せつけた。

この記事を書いた人