ユニット曲で感じた個性の深化。12/29“THE IDOLM@STER MILLION RADIO SPECIAL PARTY”昼夜レポート!

int-131229-001-c001

『アイドルマスター』から生まれ、GREEでサービス展開中のソーシャルゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』の公開録音&ライブイベント“THE IDOLM@STER MILLION RADIO SPECIAL PARTY~2013年はThank You!~”が12月29日、新宿BLAZEにて開催された。

int-131229-001-c002 int-131229-001-c003

今回のイベントは、ニコニコ動画で配信中の『アイドルマスター ミリオンラジオ!』の公開録音&ライブイベントとして行なわれたもので、パーソナリティの山崎はるか(春日未来役)、田所あずさ(最上静香役)麻倉もも(箱崎星梨花役)、ゲストとして昼の部には伊藤美来(七尾百合子役)木戸衣吹(矢吹可奈役)雨宮天(北沢志保役)、夜の部には渡部優衣(横山奈緒役)夏川椎菜(望月杏奈役)Machico(伊吹翼役)が登場した。今回のレポートでは昼夜ともに扱うが、速報のため画像は昼の部のものとなっている。 

公開録音のトークパートでは、2013年の12ヶ月にちなんだクイズコーナーと、各回のメンバーに合わせて書き下ろした生ミニドラマを中心に構成。公開録音の性質上印象のみ書いておくと、毎月のLTP(LIVE THE@TER PERFORMANCE)イベントではハラハラすることも多かった“ぴょんころもち(パーソナリティ3人のコンビ名)”の漫才…というよりミニコントが随分こなれたというか、独自進化を遂げていることに驚かされた。昼の部では頭脳明晰な雨宮天に、天真爛漫に絡んでいく麻倉ももの同事務所コンビがなんとも印象的。夜の部は渡部優衣とMachicoの西日本コンビが加わったこともあり、柔らかい関西言葉の飛び交うにぎやかなムード。特にドラマでは渡部演じる横山奈緒に「待望のツッコミ役がやって来た!」と思わされた。

●昼の部

int-131229-001-c004 int-131229-001-c005

ライブパートは毎月のLTPイベントでも歌われてきたソロ曲以外に、リクエストに応えてのユニット曲が昼夜2曲あった。昼の部の1曲目は田所、麻倉、伊藤による「Legend Girls」、オリジナルメンバー5人の内3人が揃っての披露だ。田所の歌唱の圧倒的存在感がリードボーカル的に機能し、キュートな中にも芯がある伊藤とふわふわの砂糖菓子のような麻倉の色合いの違うボーカルが心地よく加わっていく。5人曲を3人で歌うことで、個の輪郭がよりはっきり感じられるのはライブならではの収穫だ。

int-131229-001-c006 int-131229-001-c007 int-131229-001-c009

昼の部のユニット曲もう1曲、山崎、木戸、雨宮による「Sentimental Venus」は「LTP05」に収録された楽曲で、今回のメンバーは歌っていないいわばカバー曲だが、これがとんでもなく面白かった! ソロ曲「オリジナル声になって」ではどこまでも優しく、語りかけるように歌っていた木戸がアップテンポでとびっきり楽しく。「ライアールージュ」ではクールで圧倒的な表現力を見せる雨宮がキュートな一面を見せ、「素敵なキセキ」で春日未来が乗り移ったように元気いっぱいで客席を煽りまくった山崎が、ここでは落ちサビで少し崩したアーティスティックな歌唱で決める。原曲では融け合う歌声の響き合いが心地よかった楽曲が、それぞれの個が強く主張するアイドルソングとして強烈に立ち上がってくるのは、この場限りなのが本当に惜しまれる体験だった。

int-131229-001-c008 int-131229-001-c010 int-131229-001-c011int-131229-001-c014

カバーユニット曲がこれだけ強い印象を残すのは、各人のソロでの歌声の個性が明確に聴き手に撃ち込まれているからこそ、ギャップが光るのだろう。キャラクターと演じ手の個性を全て込めたミリオンのソロ曲にはそれだけの存在感がある。特に毎月のようにLTPイベントに参加し、アイマス8周年ライブツアーも経験した山崎、田所、麻倉の3人のパフォーマンスは磨き上げられている。そんな中でも、田所あずさの「Precious Grain」は会場の空気を塗り替えるほどの圧巻であり、セットリストのラス前を飾ることが多い。しかし今回、昼の部ではその場所を雨宮天の「ライアールージュ」に譲った。雨宮も歌唱・ダンス・表現が高いレベルで噛み合ったステージングでこれにきっちりと応え、初見の筆者も「ミリオンにはまだまだこんな才能がいるのか…」と唸らされた。

●夜の部

int-131229-001-c013

夜の部の開幕は、山崎、渡部、夏川による「PRETTY DREAMER」。この曲は「LTP03」の3/5パターンだが、765組の沼倉愛美(我那覇響)が柱の原曲に比べると、山崎がセンターに立つとがらっと曲の印象が変わる。客席の前方から後方までをどんどん煽りながら客席の歓声とコールを呼び込んでいくのが山崎流だ。後半のボーカルが次々と重なっていくパートは人数が少ないこともあり、輪唱のように連なるソロボーカルが徐々に重なっていく感じに。そこに客席のコールが応えるライブ感は最高だ。

int-131229-001-c015 int-131229-001-c016 int-131229-001-c017

夜の部のユニット曲もう1曲は、田所、麻倉、Machicoによる「Marionetteは眠らない」。この曲名が発表された瞬間の客席のテンションの高まりはこの日一番だったかもしれない。オリジナルメンバーのMachicoはいるものの、原曲は実力派揃いのLTP06組によるミリオン全曲でも屈指の高難度なクールナンバー。これを「見どころはダンス」と語った田所と、「新しい扉開いちゃった」と語った麻倉がどう料理するか。イントロで斜めにすっと視線を落とした3人は、マリオネットめいた幻惑的な動きをぴったりと揃える。一日限りのユニットとは思えない練習量と仕上がりだ。歌唱が始まってまず驚かされたのは、今まで聴いたことのないクールな麻倉の歌声だ。ファニーボイスとクール楽曲の化学変化はアイマスらしい妙だが、ばっちりとハマって違和感はみじんもない。そして田所は完全に誰もが予想した通り、そして期待した以上にかっこいい! Machicoにとってはユニットでの持ち歌とはいえ、『自身のアーティストデビュー曲「Magical Happy Show!」』とはギャップが大きい。かなりキャラクターに寄せたソロ曲の歌唱からもあふれでていた、芯が強い艶のある歌声をフルアクセルで披露していた。

int-131229-001-c018

『ミリオンライブ!』は毎月CDのリリースとライブハウスでのイベントを重ね、少しずつ個性を磨き、浸透させてきた。その結果、『ミリオンライブ!』メンバーだけでこれだけのクオリティで、個性豊かなライブが実現したのは、2013年の集大成とも言える成果だろう。昼夜ともに、ラストナンバーはもちろん「Thank You!」。ステージと会場がひとつになってのライブは、山崎が音頭を取っての「アイマスですよ! アイマス!」の声で幕となった。

int-131229-001-c019

Text by 中里キリ

THE IDOLM@STER MILLION RADIO SPECIAL PAARTY~2013年はThank You!~
2013.12.29 新宿BLAZE セットリスト

【昼の部】
M01:Legends Girls(田所あずさ、麻倉もも、伊藤美来)
M02:素敵なキセキ(山崎はるか)
M03:オリジナル声になって(木戸衣吹)
M04:トキメキの音符になって(麻倉もも)
M05:Sentimental Venus(山崎はるか、木戸衣吹、雨宮天)
M06:透明なプロローグ(伊藤美来)
M07:Precious Grain(田所あずさ)
M08:ライアールージュ(雨宮天)
M09:Thank You!(全員)

【夜の部】
M01:PRETTY DREAMER(山崎はるか、渡部優衣、夏川椎菜)
M02:恋のLesson初級編(Machico)
M03:トキメキの音符になって(麻倉もも)
M04:ハッピー☆ラッキー☆ジェット・マシーン(渡部優衣)
M05:Marionetteは眠らない(田所あずさ、麻倉もも、Machico)
M06:Happy Darlig(夏川椎菜)
M07:素敵なキセキ(山崎はるか)
M08:Precious Grain(田所あずさ)
M09:Thank You!(全員)

関連リンク

リスアニ!アイドルマスター特集号 バックナンバーはこちら!

この記事を書いた人