【インタビュー】『神クズ☆アイドル』音楽担当・佐藤純之介――アイドルユニット・ZINGS(今井文也・堀江 瞬)を「本物のアイドルと仮定」したうえでの音楽プロデュース、楽曲の制作秘話を語る

『おそ松さん』や『転生したらスライムだった件』、『トリニティセブン』など数多くの作品での主題歌や楽曲のプロデュースをはじめ、近年では「アイドリッシュセブン」のサウンドプロデューサーとしても知られる佐藤純之介。古巣・ランティスを離れ、独立した名プロデューサーが『神クズ☆アイドル』でアイドル・ZINGSをプロデュース!

やる気のない仁淀ユウヤ(CV:今井文也)とかわいらしくアイドル然とした佇まいの吉野カズキ(CV:堀江 瞬)によるアイドルユニット・ZINGSだったが、ある日仁淀は幽霊となった伝説のアイドル・最上アサヒ(CV:東山奈央)と出会う。仁淀がアサヒに憑りつかれたことからZINGSのアイドル活動は息もつけないほどのドタバタの渦中へ――そんな彼らが歌う楽曲について話を聞いた。

■【撮りおろしインタビュー】アイドルユニット“ZINGS”を演じる今井文也・堀江 瞬 インタビューはこちら
続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人