【スペシャル対談】“あの子”にファンへの想いを乗せて――堀内まり菜×nano.RIPE「水鏡の世界」リリース! nano.RIPEから見た彼女の姿、お互いの印象とは?

2009年の芸能活動開始以来、アイドルユニットから舞台、アニメ声優などの様々な場で活躍し、「ヒーラーガールズ」として活動しながら2021年には自身で作詞作曲も手がけるシンガーとしてソロデビューを果たした堀内まり菜。一方、『花咲くいろは』『はたらく魔王さま!』『食戟のソーマ』など、数々のアニメ作品で作品イメージを増大するアーティストして信頼とファンを獲得してきたnano.RIPE(きみコ、ササキジュン)。奇しくもメジャーデビューは共に2010年という両者が、2022年に『はたらく魔王さま!!』というステージ上に集い、EDテーマ「水鏡の世界」を生み出した。

ストレートすぎるほどに伸びやかな歌声、ビビッドで生に溢れた歌詞、感傷的な世界が繰り広げられるメロディ、そのトライアングルはまごうことなきワン&オンリー。3者が言葉を交わし、それぞれのクリエイティビティを分かち合った。

「誰かが書いた曲」ではなく、まり菜ちゃんの曲になるように

――まず、nano.RIPEのお二人がどのように「水鏡の世界」を制作していったかを教えていただけますか?最初に思い描いた楽曲イメージやアニメサイドからの要望なども含めて。

きみコ お話をいただいたときに、曲の方向性についてお伺いしたら「お任せします」とのことだったので自由に、(1期のエンディングの)「月花」の曲調と、まり菜ちゃんの歌声に合うように、ということを意識しながら書き始めましたね。1期のときも割とそういう感じで、EDテーマの候補として3曲を提出したら、3曲とも作中で使っていただけたんです。なので、作り方はnanoの曲を作るときとまったく一緒で、(ササキ)ジュンからワンコーラスのデモをもらい、2人で話し合って「これで」ということになったら私が歌詞を乗せて。それから、まり菜ちゃん側にも『はたらく魔王さま!!』側にもOKをいただいたら、膨らませる形でフルコーラスのアレンジに取り掛かる、という流れでした。作編曲についてはどうだった?

ササキジュン やっぱり、「月花」からの繋がりを感じられる曲になれば、とはすごく感じていたので、ミドルテンポだけど少し前向きな感じにはしていますね。「月花」が少しハネる感じのある曲だったので、今回も同じように楽しくなれる曲、というところを意識したんです。あとは、まり菜ちゃんのアルバム『ナノ・ストーリー』を聴かせてもらって。

堀内まり菜 ありがとうございます!

ササキ 世界観が完成していると感じたので、逆にnano.RIPEの色をどう入れていこうかとは考えました。もちろん『ナノ・ストーリー』の世界観を壊さないというのが前提ですが、まり菜ちゃんの世界をどうやって広げようか、という気持ちが強くて、そこがすごく楽しかったです。

堀内 この楽曲って歌始まりじゃないですか?最初に聴いたときの印象が今でも忘れられないです。きみコさんの仮歌が力強くて説得力がすごくあって。

きみコ あらら。

堀内 「アーティストの歌ってこういうことか!」ってすごく感じました。素敵な曲を提供していただいて本当にありがとうございました。

ササキ じゃあ皆ハッピーだ。

きみコ ホントね。

堀内 歌詞を最初に読んだときも、「ココロ」の表記がカタカナになっていることに気づいて。私もカタカナにしているんですよ。

――「ココロインク」やカップリング曲の「私たちだけの森」でも「ココロノオト」と。それは偶然なんですよね?

堀内 そうなんですよ。だから、すごく入ってきたというか、スッと寄り添ってくれる歌詞だったんですよね。

堀内まり菜

堀内まり菜

――きみコさんが「ココロ」とカタカナで書く理由は?

きみコ なんとなく漢字よりもカタカナのほうが自由というか、文字で見たときに色々な捉え方ができるかと思って、昔からカタカナで書いています。

――では、「水鏡の世界」はきみコカラーに溢れた歌詞ということですね。

きみコ そうですね。まり菜ちゃんと上手く合って良かったです。

堀内 嬉しいです。なので、楽曲提供していただくのは初めてでしたが一気に引き込まれました。歌っていてもすごく馴染んでくるというか、自分の歌としてしっかりメッセージを込めて歌うことができました。

きみコ そこは意識したところかもしれない。まり菜ちゃんは自分で詞曲を書ける子なので、提供された楽曲を「誰かが書いた曲」という形にしたくなかったというか。アニメの放送が終わっても自分の大事な曲だと思ってもらえるような曲になれたら、というのは……ね?

ササキ うん。

きみコ すごくありました。

堀内 もう、本当に光栄です。大事に歌います。

――堀内さんが歌う曲、という意味ではほかどのような点を意識されましたか?

きみコ 作る曲も、歌声も、あとは人となりも、まり菜ちゃんってすごく元気を与える存在で。でも、単にはつらつというよりは透明感があって、ちょっと妖精っぽいというか。

――さすが。見抜いていますね。

堀内 (笑)。

きみコ その辺りを曲にも取り込めたら、という気持ちはすごくありました。でも、歌を聴いたら私の仮歌とは全然違っていて、歌う人が変わるだけでこんなにも透明感が出るものなのかとはすごく感じましたね。

――ササキさんから見て、堀内さんはどんなシンガーに見えましたか?

ササキ 最初に知ったのはヒーラーガールズだったんですけど、僕も見たときにすごく透明感を感じました。ただ、『きんだーてれび』(テレビ東京系列で放送されていたバラエティ番組)での突き抜けている一面も知り、アルバムも聴かせてもらい、自分の世界を持ちつつもさらに広げていける人だと思ったので、曲は作りやすかったですね。曲でちょっと変わったことをしても受け入れてもらえそうというか。

きみコ すべてを自分のものにしてくれそうな。

ササキ そうそうそう。

堀内 そんな、恐縮です…!

nano.RIPE

nano.RIPE

――堀内さんはnano.RIPEさんに対してどんな印象を持っていましたか?

堀内 自分はアニメソングがずっと大好きだったので、昔の自分に「やったね」って言いたい気持ちはあります。オンラインライブ“virtual anisong power JAM!!!”(2021年3月13日)でnano.RIPEさんとご一緒したときに、初めてライブを拝見させていただいたのですが、伝えたいことを伝える力というか、画面越しでも音楽への愛と勇気が溢れてくるのを感じて衝撃を受けました。当時の私はアーティストデビューまもなくだったので、その姿勢に感銘を受けたというか……。だから今回も、最初は嬉しさもありつつ「今の私に歌えるかな」という不安もあったんです。でも、とにかくnano.RIPEさんのライブでのパワーに近づけるように頑張ろう、とは思っていました。

きみコ わ、すごく嬉しい。あの日は粗いライブだった気がするけどね(笑)。

堀内 いやいや(笑)。ギターをかき鳴らしてキラキラ歌われている姿が本当にかっこ良かったです

きみコ ずっとライブをやっていくなかで、素の自分もすべて持ってステージに上がろうとは思っているんですよね。プライベートとあえて切り離さず。だから、どんな気持ちで歌うかはその日によって違うし、毎回別のライブになるんですけど、作った自分でステージに立たないというところはありますね。

ササキ あと、まり菜ちゃんと一緒にやったあのライブは本当は有観客でやりたかったけれど、配信になってしまい。今思うと、自分としては悩んでいる時期に当たっていたんですよね。でも、nano.RIPEのライブでは、そういったものも全部ステージで吐き出す、というところはあるかもしれない。

堀内 飾らずに、ありのままのすべてをぶつけるのがモットーというか。

きみコ うん。やっぱりバンドだし。

ササキ 半分ストレス発散みたいな(笑)。

きみコ nano.RIPEの曲も、自分の気持ちを書きなぐったものが多いので、ライブも人間くさいいほうがnano.RIPEらしいという思いはすごくあるかな。

堀内 心を打たれるライブというか。「今」の気持ちがすごく伝わってきます。

きみコ 悪い影響を与えてなければいいけど(笑)。でも、ぼくらもまり菜ちゃんの1stライブ“ナノ・ストーリー~第一章~”(2022年2月20日)を観に行かせていただいて。

堀内 観に来てくださったんですよね!とても心強かったです。

きみコ いやいや。あのとき、ステージ上のまり菜ちゃんからもそうなんだけど、お客さん側から「会えた!」っていう気持ちがすごく伝わってきて。すごく幸せな空間だなと思いました。

堀内 いえいえ、まだまだヒヨッコです。

ササキ ライブが終わったあとも、グッズを買うお客さんが集まっているロビーを縫って出てきたんだけど、聞こえてくるお客さんの声から、本当に皆がまり菜ちゃんのことを応援している気持ちが伝わってきて。でも、僕もきみコも同じ気持ちで本当に応援したいって思ってた。

きみコ 「うちの娘が頑張ってる」って。

堀内 そう言っていただけて私も本当に嬉しいです!でも、あの日はソロでは初の生ライブということで、オンラインライブとの違いをすごく実感していました。ソロだとお客さんのパワーを直で受け取るので、それこそすべてさらけ出す勢いが必要なんだな、という気持ちになりましたね。

ササキ でもぼくらは(サポートメンバー含めて)4人で立っているから。ライブに行く前から思っていたんですけど、1人であんなに堂々と歌えるなんて「すごいなー」って言葉しかない。自分がまり菜ちゃんと同じ年齢で同じ立場に立ったら無理だと思うので。

――レコーディングの様子も教えていただけますか?ディレクションもされたのでしょうか?

きみコ ディレクションはお任せして、見守り隊として見学させてもらいました。

堀内 でも始まる前、歌詞の世界観やイメージをお話しさせていただいて。力強い歌詞だけどイメージとしては朝日くらいの優しい感じで、とか、明るさの温度感とか、そういうことをお聞きしてからレコーディングに臨むことができました。そのときにきみコさんが、「歌詞に何度も出てくる『あの子』という単語にファンへの想いを乗せることが大事」とおっしゃってくださって。それが私にすごく響いたんですよね。だから、独りよがりではなく、アーティストは応援してくれる人への想いを持つことが必要、という気持ちでレコーディングできたんですよ。レコーディング中も、「良いね」ときみコさんが何度も言ってくださって。

きみコ 本当にずっと素晴らしかったんですよ。歌も上手ですし、表現力もあると思うんですけど、この曲に関しては素直なまり菜ちゃんがすごく出ていて。言葉1つ1つをしっかりと自分のものにして、1テイク目からちゃんとそこに感情を乗せていましたね。

堀内 え、そんなに褒めていただけるなんて……!でも、歌詞に、立場や境遇や生まれが違っていても、今を一緒に生きて寄り添い合えばわかり合える、という温かいメッセージが込められていて。そこは『はたらく魔王さま!!』の世界観ともリンクしているところなんですけど。だからレコーディングでも、たくさんの人に聴いてもらおうとするよりは、しっかりとマイクの奥に相手を感じながら、カフェで話しているくらいの距離感を大事にして歌いました。

きみコ 多分、そういうことだと思うんですよね。ライブでは1対何百人という構図にはなりますけど、お客さんにとっては1対1なので。まり菜ちゃんはお客さんがいないブースでもそこをしっかりイメージしながら歌えていたから、私にも届いたってことだと思います。

堀内 あと、ササキさんの作ってくれたメロディも、まるで太陽を感じるというか。

ササキ 嬉しい。初めて言われました(笑)。

堀内 一歩一歩一緒に歩くような、優しく寄り添ってくれる安心感があって素敵でした。

――高音域も堀内さんがとても綺麗に歌われていて。

きみコ 本当に。想像以上にマッチしたなって思います。

次ページ:一緒にいるだけで分かり合えるということを歌に

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人