【スペシャル鼎談】様々な角度から最新アルバム『電音部 ベストアルバム -シーズン.1- The Lights』の魅力に迫る!「バンダイナムコスタジオ」より、大久保 博・岡田 祥・野村渉悟に話を聞く

クラブシーンを代表する様々なトラックメイカーやキャスト陣が集結し、電子音楽がミュージックカルチャーの中心となった近未来を舞台にした物語を描いていくメディアミックスプロジェクト「電音部」。今年6月に2周年を迎えたこの作品が、最新アルバム『電音部 ベストアルバム -シーズン.1- The Lights』をリリースした。

この作品には、昨年5月から今年の2月まで行われたオリジナル曲の40週連続配信リリース企画で発表されてきた楽曲や、プロジェクト初の全体曲「You Are The Light」など、“シーズン1”の間にリリースされた未CD化音源を収録。また、完全生産限定盤はキャラクターボイス集「DEN-ON-BU VOICE KIT」や、Remixコンテストの受賞作品、様々なアーティストによる『電音部』楽曲のカバーなどを加えた6枚組の大ボリュームになっている。

今回はプロジェクトを運営するバンダイナムコから、全体のサウンドアドバイザーを務める渡辺 量の元で、コンポーザーとして「電音部」に関わっている岡田 祥と野村渉悟、そして数々のゲーム音楽を手がけてきたと同時に、「電音部」ではコンポーザーだけではなくAIを使ったDJシステム「BanaDIVE™AX(バナダイブ エーエックス)」などの技術提供も行う大久保 博(所属:バンダイナムコ研究所)に、アルバムの魅力について話を聞いた。

■『電音部 ベストアルバム -シーズン.0-』インタビューはこちら
【第一弾】ハラジュクエリア:小坂井祐莉絵(桜乃美々兎役)×音楽ユニット・Neko Hacker
【第二弾】アザブエリア:秋奈(黒鉄たま役)×ケンモチヒデフミ
【第三弾】アキバエリア:天音みほ(東雲和音役)×TAKU INOUE
【第四弾】シブヤエリア:健屋花那(鳳凰火凛役)×Masayoshi Iimori
続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人