『うる星やつら』2022年10月放送決定!第1弾KV&PV公開!チェリー役に高木 渉、サクラ役に沢城みゆきが決定!リンクビジュアル、コメントも到着

小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを全4クールに渡って、完全新作としてTVアニメ化する『うる星やつら』。

このたび、2022年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局での放送が決定!そして第1弾キービジュアルとPVが解禁となった。キービジュアルは、道路の中央に立つあたると、宙に浮かぶラムが見つめ合う、まさにボーイ・ミーツ・ガールなデザイン。また、第1弾PVは、あたる、ラム、しのぶ、面堂、サクラ、錯乱坊と映し出され、“動くやつら”が初公開となった。さらに、チェリーこと錯乱坊役に高木 渉、サクラ役を沢城みゆきが務めることが決定。これまでと同じく、チェリーと高木、サクラと沢城のリンクビジュアルのほか、2人からはコメントも到着した。

「うる星やつら」は、今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作。地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まる。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守が演じる。

公開された第1弾キービジュアルは、道路の中央に立つあたると、逆さまに宙に浮かぶラムが見つめ合うデザイン。ストーリーの舞台であろう町並みが描かれているものの、家々の姿はぼやけ、あたるとラムの2人だけにピントが合っているという“エモく”そして“キュン”となるビジュアルとなっている。

第1弾キービジュアルと共に公開された第1弾PVは、宇宙人に襲われるあたる、空を飛ぶラム、怒りで机を持ち上げるしのぶ、カッコ良さ漂う“感じ”で名乗る面堂、眉間に皺を寄せるサクラ、食事中の錯乱坊が映し出されていき、キスをするあたるとラムや、電撃を浴びるあたるなど、ドタバタ感とワクワク感が織り交ざる、期待高まる映像となっている。

そして、チェリーこと錯乱坊役に高木 渉、サクラ役を沢城みゆきが務めることも発表となった。これまでのあたると神谷浩史、ラムと上坂すみれ、しのぶと内田真礼、面堂と宮野真守と同じく、チェリーと高木、サクラと沢城のリンクビジュアルも公開され、“チェリー柄”のシャツを着た高木とチェリー、スタイリッシュなファッションの沢城とサクラという、キャラクターとキャストを“リンク”させたビジュアルとなっている。

少しずつ全貌が見え始めた『うる星やつら』。今後の発表にも注目してほしい。

次ページ(PV、コメントなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人