三月のパンタシア、ワンマンライブ大阪公演直前&「アイビーダンス」配信を記念した生配信決定!

先日、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に初登場し、動画はすぐさま100万回再生を突破、SNSを中心に話題を集めている三月のパンタシア。アルバム「邂逅少女」をテーマにした三月のパンタシア LIVE 2022「邂逅少女」大阪・なんばHatch公演直前&新曲「アイビーダンス」の配信を記念したYouTube Liveの実施が4月16日(土)に決定した。

「アイビーダンス」は三月という特別な季節にリスナーと一緒に春を祝い、踊りたい!という想いから、フレデリックとのコラボで生まれたダンスナンバー。この楽曲にはライブで楽しめる振付がついており、「愛してる」のハンドサインがキーになっている。こちらの楽曲は現在TwitterとTik Tokにて踊ってみた動画の募集企画も行われている。今回の生配信では改めて、“みあ”リスナーに向けて実際に振付を伝授するという。リアルライブをより楽しむことができる生配信になりそうだ。

4月22日(金)に行う大阪・なんばHatch公演のチケットは現在、各プレイガイドにて受付中。是非、アルバム「邂逅少女」の楽曲達と、新曲「アイビーダンス」を受け取り、踊り、春を祝い合ってほしい。


●配信情報
『大阪公演開催直前&「アイビーダンス」配信記念』踊ってみた振付完全版生配信!
4月16日(土)20:30~

「アイビーダンス」
配信中
配信リンクはこちら

●リリース情報
ニューアルバム
『邂逅少女』(カイコウショウジョ)
発売中

【完全数量生産限定盤(CD+BD+グッズ(小説・アートブック)付き豪華仕様)】

品番:VVCL-1972~1974
価格:¥7,500(税込)

【通常盤(CD)】

品番:VVCL-1975
価格:¥3,300(税込)

<CD>
01.「花冷列車」
作詞:みあ 作曲:の子 編曲:石倉誉之
02.「101」
作詞・作曲・編曲:じん
03.「君をもっと知りたくない」
作詞:みあ 作曲:石倉誉之 編曲:江口亮
04.「幸福なわがまま」
作詞:みあ 作曲・編曲:堀江晶太
05.「あのね。」
作詞:みあ, 澤田空海理 作曲・編曲:澤田空海理
06.「シリアス」
作詞:みあ 作曲・編曲:にっけい
07.「君の幸せ喜べない、ごめんね」
作詞:みあ 作曲・編曲:遼遼
08.「夜光」
作詞:みあ, ホリエアツシ 作曲:ホリエアツシ 編曲:堀江晶太
09.「閃光」
作詞:みあ 作曲:山内総一郎 編曲:山内総一郎, 金澤ダイスケ
10.「幸せのありか」
作詞:みあ 作曲・編曲:北川勝利
11.「春に願いを」
作詞:みあ 作曲・編曲:水野あつ

※タイアップ情報
「幸福なわがまま」(テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「あのときキスしておけば」オープニングテーマ)
「101」(TVアニメ「魔法科高校の優等生」オープニングテーマ)
「夜光」(小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」主題歌)

<BD>
君をもっと知りたくない -Music Video-
幸福なわがまま -Music Video-
101 -Music Video-
夜光 -Music Video-
花冷列車 -Music Video-

三月のパンタシア LIVE 2021「物語はまだまだ続いていく」
01. 101
02. ピンクレモネード
03. フェアリーテイル
04. 恋はキライだ
05. パインドロップ
06. キミといた夏
07. 夜光
08. ミッドナイトブルー
09. day break
10. はじまりの速度
11. 青春なんていらないわ
12. 醒めないで、青春
13. 幸福なわがまま
14. 三月がずっと続けばいい
15. ランデヴー
16. たべてあげる
17. 幸せのありか
18. 街路、ライトの灯りだけ

みあ書き下ろし小説「再会」
小説の解説/ビジュアル制作の裏側/歴代イラストなどを完全収録した、三月のパンタシアの世界観を丸っと楽しめるアートブック

<小説「再会」あらすじ>
あと一歩、勇気が足りていたのなら、この運命は変わっていたのだろうか。まるで兄妹のように、一緒に育った林麻莉と永山春翔。出会いと別れを繰り返し、次第にすれ違っていく二人。あのとき運命の列車に飛び乗っていたら……。

追憶のかけらを丁寧に拾い集め、寂しさの裏側の、しんと燃える想いを深く見つめる青春小説。

三月のパンタシア noteはこちら

●ライブ情報
三月のパンタシア LIVE2022「邂逅少女」
4月22日(金)OPEN 18:00 / START 19:00/会場:大阪・なんばHatch ※振替公演

一般発売中
ローソンチケット
チケットぴあ
イープラス

<三月のパンタシア プロフィール>
“終わりと始まりの物語を空想する”ボーカリスト「みあ」による音楽ユニット。どこか憂いを帯びた「みあ」の歌声で紡がれるストーリーが、ときに優しく、ときに切なく、聞き手の心に寄り添い多くの共感をよぶ。

2016年6月1日にTVアニメ『キズナイーバー』のエンディングテーマ「はじまりの速度」でメジャーデビュー。

2019年からは、みあ自らが書き下ろす小説を軸とし、“音楽×小説×イラスト”を連動させた自主企画『ガールズブルー』をWeb上で展開。“言いたくても言えない気持ち”素直になれない心の詰まりを音楽に昇華し、青春期という多感な季節の揺らぎをポップに描く。

物語の世界観を表現したワンマンライブは人気を集め、2020年1月に開催した自身最大規模となる豊洲PITでのワンマンライブのチケットは即日SOLD OUTに。いま最も注目される音楽ユニットの一つになっている。

関連リンク

三月のパンタシアオフィシャルサイト
http://www.phantasia.jp

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人