坂本真綾 4月より放送のTVアニメ『であいもん』OPテーマ&TVアニメ『本好きの下剋上』第3期EDテーマ、2作品同時タイアップ決定!!

歌手、声優、女優、作詞、エッセイ執筆などマルチな活動を続ける坂本真綾。本日、4月より放送がスタートするTVアニメ2作品の主題歌を担当することが発表となった。

1作目は京都の老舗和菓子屋を舞台にしたTVアニメ『であいもん』のOPテーマ。タイトルは「菫」(すみれ)。

坂本自身が作詞をし、作・編曲を手掛けたのは作品と同じ舞台の京都出身で、日本のロックバンドの至宝であり独自の音楽を探求しつづける「くるり」の岸田繁。坂本自身「くるりは昔から大好きなバンド」と公言しており今回の共作で感慨もひとしおだ。

その岸田氏より本楽曲についての歌や歌詞に対して「水滴が落ちた時の波紋のごとく、エネルギーの美しい拡散を歌う真綾さんのヴォーカリゼーションがとにかく素晴らしいです。胎動のような力強さを孕みつつ、この時代に生きる私たちの側にそっと寄り添ってくれる言葉たちは、この楽曲の大きな魅力です」との激賞コメントが届いた。

また、坂本真綾は本作にはヒロインの雪平一果の母親・雪平真理役としての出演も決定している。

もう1曲は、原作シリーズ累計600万部(電子書籍を含む)を突破し、TVアニメ3期目となる人気作品『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』第3期EDテーマ「言葉にできない」。こちらは坂本真綾自身が作詞・作曲を手掛けている。

この楽曲に対して坂本は、「かけがえのない人や場所への感謝の気持ち、心細いときに自分自身を鼓舞するような気持ちを詰め込んで、切ないけど前向きに歩んでいけるような曲になった」と語っている。第3期のエンディングを飾るのにふさわしい楽曲が完成した。

今から主題歌もアニメ放送も楽しみに待ちたい。

次ページ(コメント、作品情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人