【インタビュー】声優アーティスト・駒形友梨、1stフルアルバム『stella』リリース――「“好き”という気持ちを持ち続けてこれからも進んでいきたい」と語る彼女に今の心境を聞く

本人作詞曲を中心に、アルバム収録曲を振り返る

――「コンパス」のお話になりますが、作詞を駒形さんがされているというところで、今の気持ちを込めたものになっていますよね?

駒形 曲的にもエネルギーがあるものですし、自然と「過去と未来」、そして「宇宙」というテーマが繋がって、自分の言葉も一緒に曲に入っていったので、今の私の「今後に向けての決意表明」という曲になりました。今まで“好き”という気持ちでここまできたけれど、変わらずその気持ちを持ち続けてこれからも進んでいきたい、という想いを込めて歌詞を書いていきました。

――“一生分の“好き”だけ注いで作ったコンパスを握って”という素敵な歌詞がありましたけど、10年活動してきてもそれが大事なんだと言えるところが素晴らしいなと思いました。

駒形 本当に好きじゃなければ続けられないなと思うことばかりですからね。楽しい仕事ばかりではなく大変なことや上手くいかないこともあるなかで、それでも続けるのって好きだからだなって思うんです。

――“回り道も問題ない 味わい尽くすの”という歌詞も、今だからこそ歌える言葉なのかなと。

駒形 思い通りの道を進めなかったし、思っているような自分にはなれていないけれど、でも回り道があったからこそ、今この曲が歌えていたり、今の自分があるなぁと思うんです。

――最初はどうしても焦ってしまったりしますからね。

駒形 本当に!ずっと焦り続けていたんですけど……。

――それすらも楽しむ余裕が出てきた?

駒形 でも、完全に日によりますけどね!ちくしょーと思うときだってあります(笑)。

――でも、そう思ったことも未来の自分から見れば、良いことだったんだと思えることを知っているので、やっぱり無駄なことはないんだなと思います。あとは“果てしなく続く道の先に あの日の僕が待っている”という歌詞も印象的なのですが、これはどんな思いで書いたのでしょう。

駒形 純粋に声優という仕事に憧れていた小さい頃の自分に胸を張っていられるように、という想いを込めながら書きました。この曲は、アルバム制作の一番最初に書いた歌詞なので、割と自分の気持ちがそのまま入っている気がします。

――新たなスタートの曲みたいな感じはありますね。でも、ありのままの気持ちをこういう激しい曲に乗せて歌うから、歌いても気持ち良いのではないですか?

駒形 爽快感はあります!歌詞的にも“走り出せ”とか“光を灯して”とか、その場にいるお客さんとコミュニケーションを取れるようなパートもあるので、ライブで歌うとより楽しくなる曲ですね。

――新曲だと「happy weekend」もとても素敵で、後ろでずっと鳴っている鍵盤リフが心地良いんです。曲的には洗練されていてお洒落な感じなのに、そこに変わったなワードを並べる遊び心が面白くて。これも駒形さんの作詞なのですが、どうしてこの歌詞になったのでしょうか。

駒形 最初はすごくシンプルでアコースティックな曲だったんですけど、最終的なアレンジが加わったら華やかになってドラマチックな感じの曲になったんです。歌詞は自分の中でだいぶ挑戦しまして、「創だらけの詩」で熊谷さんと一緒に歌詞を書くタイミングと少しかぶっています。熊谷さんに教えていただいた歌詞を書くうえでのアドバイスも反映しつつ、歌の中ではあまり聞かない言葉をサビに持ってきたりしています。こういう言葉は使ったらダメという固定観念があったんですけど、もっと遊び心を持って歌詞を書いていいんだと思えたので、「何この言葉?」みたいなものを入れたり、初めて英語を使ってみたりしました。ドキドキしながらスタッフさんに提出したのですが、大丈夫でしたね(笑)。

――ちなみに熊谷さんからのアドバイスは具体的にどんなものだったのですか?

駒形 以前、熊谷さんには「Love is Action!」という曲を書いていただいたんですけど、色んな映画のタイトルが出てきたり、そんなこと言っていいんだ!というフレーズが入っていたりと、感銘を受けたことがあったんです。今回熊谷さんと作詞の打ち合わせをしているときに、良い歌詞にするために、歌詞の中に普段歌では聴かないフレーズを入れてフックにしたり、1行だけすごく良い言葉を入れるとか、色んなパターンのテクニックがあると教えてくださったんです。「サビはテクニックもいるけど、AメロBメロはセンスで。駒形さんはAメロBメロは良いので、サビのコツを覚えればバッチリです!」と言ってくださったので、それを意識して書きました。

――“zzz”もそうですし、“不貞寝”とかもあまり歌詞には使わないし、何より“寝たふりたぬきboy”がやっぱりかわいくて。

駒形 たぬきboyってなんやねん!って思いながら書いていましたけどね(笑)。これ使っていいのかな?くらいの気持ちで書いていました。この曲を作ってくださった高木誠司さんが「本当に本人で歌詞を書かれたんですか?」と驚いてくださったので良かったなと思いましたし、自信にもなりました。

――ちゃんとアドバイスを力にできたんですね。

駒形 今まで歌詞についてのアドバイスをいただくことがなかったので、今回はすごく勉強になりました。

――最終的に、とてもハッピーな曲になりましたね。

駒形 そうですね。喧嘩はしているけど、なんだかんだハッピーっていう曲になりました。

――ここでハッピーを歌っておきながら、次の新曲「孤悲」はとても沈んだ歌詞という。

駒形 アルバムはリード曲を集めたり、「キミと恋の予感」や「コンパス」も明るい曲だったので、1曲で地の底に突き落とすくらいパワーのあるバラードを、矢野達也さんに書いていただきました。

――駒形さんは坂本真綾さん好きであることでも知られていますが、この曲のコーラスワークはその影響をすごく感じました。

駒形 矢野さんも坂本真綾さんのことが好きなんですよ(笑)。矢野さんに以前作っていただいた「メイズ」という曲でレコーディングに5時間かかったことがあるんですけど、この曲は6時間かかって、それで録り切れずに別でもう一度録るというくらい、コーラス含めて録る分量がすごく多くて。なので聴き応えはあると思います!

――個人的には、歌い方やコーラスに聴き入ってしまうような、ものすごい曲でした。

駒形 コーラスでは英語のパートがあったりして、その発音の指導も受けつつ、ボーカルも仮歌さんは激しめに歌っていたので、最初は私もその感じで歌ったんですけど、「もっともっと抜いていいです、絶望してください」というディレクションをいただいて。なので前半は特に抜いて歌って、後半で盛り上がっていく感じになりました。

――コーラスのラインも細かく決まっているのですね?

駒形 はい。同じ歌詞で同じメロディのハモリもしっかり全部録っていますし、1番と2番は主メロが同じでもハモリのメロディラインが変わっていたりするので、そこで苦戦したり……。コーラスの「ウーアー」も、矢野さんの曲で鍛えていただいている感じで、そこで少しずつ良くなっていっている感じはします。それだけ色んな私の声が入っているので、何度も聴いてほしいですね。

――ここからは少し絶望ブロックになりますが、「創だらけの詩」もだいぶヘコんでいる歌詞ですね。

駒形 この曲は作業的に一番最後に書いたので作詞がとても辛くて……。そこで「作詞がしんどい曲を作りたいです」と熊谷さんに相談をしたところ、「じゃあ、ゼロからイチを生み出す苦悩や葛藤、それでも書くには理由があって、誰かに伝えたい何かがあるから書くんだ!というテーマにしましょう」と言ってくれたんです。この曲の1フレーズを書いた辺りで、「happy weekend」の歌詞を書き、そのあとに続きを書いていきました。

――かなり両極端な歌詞を同時に書いていたんですね。

駒形 両方しんどかったのですが、苦労した分達成感はありました(笑)。でも「創だらけの詩」はロックな曲に歌詞を当てるのも初めてだったので、また「コンパス」とも違う難しさはありましたね。

――歌詞は、駒形さんが書いたものを提出して、熊谷さんに直してもらうような流れだったそうですね。

駒形 そうなんです。「ここのフレーズは良いので残しましょう」「でもここはこういう歌詞はどうでしょうか?」って、私の歌詞をベースに考えてくれたパターンと、もうちょっと踏み込んだものっていう2パターンくらいを出してくれました。すごくわかりやすい解説も付けてくださるし、めちゃめちゃ褒めてくれる!褒めて伸ばしてくれる先生でした(笑)。

――共作は、そういう気付きも与えてくれるのでいいですよね。

駒形 そうなんです。困ったらLINEで聞けばいいっていう(笑)。結局答えを出しても、それが合っているかどうか1人だとわからないまま終わってしまうので、本当に良かったです。

――そして最後の「I wish」はワルツですが、結城アイラさんが作詞をされていますね。

駒形 最初の頃は結城アイラさんに歌のディレクションをしていただいたんですけど、この曲では久々に歌詞も書いてくださって。クリスマスソングも歌いたくて、聖夜な感じになりました。私の曲はキーが高くて難しい曲ばかりなんですけど、この曲はゆったりとした気持ちで伸びやかに歌えたかなって思っています。

――クリスマスソングというオーダーだったんですね。でも、そんなシャンシャン鈴が鳴っているわけではないですよね?

駒形 ゴリゴリのクリスマスソングではない楽曲にしたかったので、その旨をお伝えして書いていただき、アレンジもしていただきました。

――クリスマスシーズンが過ぎても聴ける感じになっていますね。これは置きどころ的には最後だったのですか?

駒形 クリスマスソングであり子守唄っぽい感じにしたかったので、最後はこの曲で締め括れたらなって思っていました。ほかの曲がパンチが効いているので、最後良い感じにまとまって落ち着いてくれたらなと思います。

――フルアルバムの制作はいかがでしたか?

駒形 なんだかんだミニアルバムをたくさん出させていただいて、その集大成ではないですが、一度ここでフルアルバムを出して、気持ち的にも新たな気持ちで今後やっていけるかなと思います。

――集大成であり、今後の道標になるアルバムですよね。

駒形 私を知らない人にも気軽に紹介しやすい1枚になったかなと思います。今回から発売日当日にサブスクも解禁になっているので、より気軽に多くの方に聴いていただけるのかなと思います。

――そして、ワンマンライブも開催されますね。

駒形 2022年3月19日に大手町三井ホールでの2ndワンマンライブの開催が決まりました。1stライブが3年前なんですけど、2ndライブも話が出たもののコロナの影響で中止になってしまったので、念願の2ndライブになります。1stの頃は10曲しか持ち曲がなかったのですが、3年の間に曲数が増えたので、より楽しんでいただけるように頑張りたいです!

INTERVIEW & TEXT BY 塚越淳一


●リリース情報
駒形友梨 1st フルアルバム
『stella』

発売中

品番:TECI-1759
価格:¥3850(税込)

<CD>
1.On My Way(Album ver.)
2.トマレのススメ
3.キミと恋の予感
4.コンパス
5.ララルハレルヤ
6.happy weekend
7.Night Walk
8.クロックワイズ
9.孤悲
10.創だらけの詩
11.はじめからきっと
12.I wish

<限定盤情報>
価格:各¥4,730(税込)

【アニメイト限定盤】
品番:TEI-227

【ゲーマーズ限定盤】
品番:TEI-228

【とらのあな限定盤】
品番:TEI-229

<収録内容>
Album『stella』+特典CD

特典CD収録内容
Album『stella』収録のinst ver.6曲とvocal only ver.1曲(各限定盤により異なる楽曲となります)の全7トラックを収録

■3仕様共通収録楽曲
・.キミと恋の予感 (inst ver.)
・コンパス (inst ver.)
・.happy weekend (inst ver.)
・.孤悲 (inst ver.)
・.創だらけの詩 (inst ver.)
・I wish (inst ver.)

アニメイト限定盤 収録楽曲
・コンパス (vocal only ver.)

ゲーマーズ限定盤 収録楽曲
・happy weekend (vocal only ver.)

とらのあな限定盤 収録楽曲
・I wish (vocal only ver.)

購入特典
・アニメイト: 複製コメント入りL判ブロマイド(アニメイトver.)
・ゲーマーズ: 複製コメント入りL判ブロマイド(ゲーマーズver.)
・ソフマップ: 複製コメント入りL判ブロマイド(ソフマップver.)
・とらのあな: 複製コメント入りL判ブロマイド(とらのあなver.)
・タワーレコード:複製コメント入りL判ブロマイド(タワーレコードver.)
・HMV:複製コメント入りL判ブロマイド(HMV ver.)
・ヨドバシ.com:複製コメント入りL版ブロマイド(ヨドバシ.com ver.)
・全国応援店:複製コメント入りL判ブロマイド(全国共通Ver.)

関連リンク

駒形友梨 オフィシャルサイト
https://www.teichiku.co.jp/artist/komagata-yuri/

駒形友梨 公式Twitter
https://twitter.com/komagatayuri825

駒形友梨 公式Instagram
https://www.instagram.com/yuri_komagata825/

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人