『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』2021年4月1日(金)、全国劇場で上映決定!特報&ティザービジュアルに加え、小戸川役・花江夏樹らからコメントが到着!

この夏、衝撃の展開で最終回を迎え、放送後爆発的に話題が広がり続けているTVアニメ『オッドタクシー』。作中でキーとなる事件が起こった12月25日クリスマスに、『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』の制作決定が発表され、特報映像と監督・木下麦によるティザービジュアルが公開された。また、小戸川役・花江夏樹らからのコメントも到着した。

『オッドタクシー』は脚本を『セトウツミ』などの此元和津也、音楽をPUNPEE・VaVa・OMSBが担当するオリジナルアニメだ。花江夏樹演じる41歳のタクシードライバー・小戸川が乗せるクセのある客たちとのやりとりが、一人の少女の失踪につながっていくというサスペンスで、本編は現在、Amazon Prime Videoで見放題独占配信されている。

『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』は、シナリオを此元が新たに執筆し、衝撃の最終回のその後も描かれる。此元ならではの緻密なストーリーメイキングが、この度映画版でも発揮される。また、TV放送時に注目を集めたキャスト陣も再び集結。主人公・小戸川を演じる花江はもちろんのこと、飯田里穂、木村良平、山口勝平ら実力派声優陣に加え、芸人のミキらも出演する。また、本作で一躍脚光を浴びた新鋭・木下麦が引き続き監督・キャラクターデザインを務め、「ポケットモンスター」シリーズ、「ここたま」シリーズなどを手掛けるアニメスタジオ・OLMが今回もアニメーション制作を担当する。

解禁された特報は「クリスマス?ああ、そうか。あの日って12月25日だったのか…」とつぶやく小戸川のナレーションから始まり、映像の途中で切れる作中アイドル・ミステリーキッスの楽曲が、映画でもTVアニメと同じく不穏な空気が流れることを予感させる。同じく解禁されたティザービジュアルでは、取調室のような場所にいる小戸川が描かれており、謎に包まれる本編のヒントになっているのかもしれない。

かわいい見た目に騙されてはいけない。現代の闇に迫る群像ミステリー『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」2022年4月1日(金)TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開。続報をお楽しみに。

次ページ(コメント、特報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人