【インタビュー】 22/7 8thシングル「覚醒」リリースインタビュー!天城サリー・海乃るり・涼花 萌が語る「これからのナナニジにぴったりな曲」とは――。

22/7が1stアルバム「11という名の永遠の素数」を経てリリースする8thシングル「覚醒」はシングルとしては久々の前向きで力強いスピードナンバー。メンバー3人の卒業が発表されるなか、グループは新たな一歩を踏み出す。「歌いたかった曲」「送り出す曲」「これからの曲」が揃ったこの1枚について、天城サリー、涼花 萌、そして卒業する海乃るりの3人に現時点で抱く思いを聞いた。

「今の時点では自分に向けて歌っています」(天城)

――8thシングル「覚醒」は22/7の“第2章”と銘打たれています。皆さんはどんなお気持ちで取り組みましたか?

天城サリー 実はあまり「第2章だ!」と意識はしていないんです(笑)。でもサビの歌詞に“走り出そう”とあるので、これからは人を勇気づける、明るく前向きな曲が増えていくきっかけになればと思っています。

海乃るり 今までのシングルの歌詞はほとんどが内向的だったのですが、「覚醒」の歌詞には“走り出そう”とか“前を向いて!”とあって、少しずつ前を向いていけるので、これからのナナニジにぴったりな曲になっていると思います。

涼花 萌 私も第2章という実感はないなぁ(笑)。でも変わっていくなら明るい感じになってほしいなと思います。私は歌詞に結構影響されるタイプなので、聴くと自分も一緒に頑張ろうという気持ちにさせてくれる曲だなと思いました。不安なことはたくさんあるけれども、それでも頑張ろうって聴いた瞬間に思いました。
天城 私も歌詞には影響を強く受けます。暗い曲の練習をしているとそれに引きずられてしまうし、言霊というものをすごく信じるんです。たとえ空元気でも頑張ろうと言い続けることで私自身も前を向けます。これは今の私が歌いたかった歌ですし、今のナナニジにこの歌詞がきて良かったなという気持ちでいっぱいです。

涼花 萌

――この曲は“覚醒しろ!”や“目を覚ませ!”など、珍しく命令形の歌詞が登場します。これらの言葉をどのように受け止めましたか?

海乃 こんなふうに、しかも“覚醒しろ!”なんて命令されたことがなかったので(笑)。でもそのぶん心に響きましたね。

涼花 ここまで強く言われたらもう「はい」って言うしかない(笑)。私は流されやすかったり、ウジウジしちゃうタイプなので、はっきり言ってくれたほうが素直に着いていけるので、すんなりと受け止めることができました。

天城 「風は吹いてるか?」とか、問いかける感じの強い歌詞はあったんですけどね。この歌詞は自分自身に言い聞かせるからこそ、厳しい語調になるのかなと思いました。少年マンガで追い込まれて「まだまだこれからだぜ」という状況のときに言うセリフみたいな印象です。私は今の時点では自分に向けて歌っています。いつか気持ちに余裕ができたとき、ファンの方々に向けて歌える歌になったらいいなと思います。

天城サリー

――ご自身のパートを皆さんはそれぞれどのように歌いましたか?

天城 私のセリフパートは“やるかやらないかだ”なのですが、ローランドさんや藤原竜也さんをイメージしてすごく強く発しました。いつもであれば、自分の前のセリフを言う人とトーンを揃えて言うのですが、今回は萌ちゃんだったので、絶対に萌ちゃんの世界観でくるぞと思っていたら案の定で(笑)。なので、あえて合わせず1人1人が問いかけているようすがわかりやすく出るように自分らしく言いました。

涼花 私はそんな“難しく考えたってしょうがない”の部分なのですが、私自身が本当にこの言葉通りに生きてきましたので「すごくわかる~」と思って実感を込めて言ったら、ゆっくりすぎたみたいで(笑)。それで「辛かったことを思い出して」という意味合いのアドバイスを言われたのですが、たくさんあったはずなのに思い出せなくて、下を向いて悲しいことを必死に思い出そうとして歌いました。

海乃 2人とも個性がすごく出ているので、楽しく聴いていました。個人的には最後に河瀬詩ちゃんが言う「それでもやらなきゃ負けだ」が、めちゃくちゃかっこ良くて好きなんです。そこの振付も印象的なので、これからもこの曲に注目してほしいですね。

海乃るり

――タイトルに合わせて、皆さんが「覚醒」したのはどんなタイミングでしたか?

海乃 私は今までの活動は“覚醒”したというよりも、ずっと「よし、やるぞ」という気持ちのまま過ごしていた感じがします。なので、私にとっての「覚醒」は、ナナニジに合格したタイミングでしたね。

涼花 私はホットヨガに行き始めてから毎日がハッピーで、そこで“覚醒”しました(笑)。いつもライブでも汗をかかないタイプだったんですけど、ホットヨガのお部屋に入ったら、これまで経験したことがないくらい汗をかいて、目が覚めるくらい気持ち良かったので心も穏やかになりました(笑)。

天城 私は少し前にミュージカルに出させていただいて、そこで新しい友人ができました。その子はとても明るい子で「どうやったらそんなに友達ができるの?」と聞いたら、「私も人見知りだった。けど、それって結局自分が一番損じゃない?」と言われたんです。確かにそうした態度を取っていると“人見知りさん”という扱いをされるんですよね。「だから、無理にでも明るく振る舞って友達になったほうが楽だよ」と教えてくれました。そこからは挨拶代わりにハグをしたりして、そうしたらみんなとすごく仲良くなれました。自分が変われたという意味での“覚醒”はそれですね。

次ページ:卒業する3人を送り出す楽曲

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人