TVアニメ『無職転生』新OPテーマ「遠くの子守の唄」解禁!12月22日発売テーマソングCDの描き下ろしジャケットビジュアルが解禁!

2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始されて以来絶大な人気を誇る、理不尽な孫の手の著による“なろう系ラノベのパイオニア”と称される小説を原作とするTVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』。2021年1月~3月に第1クールが放送され、本作のために設立された制作会社「スタジオバインド」によるハイクオリティなアニメーションは好評を博し、10月からは第2クールが大好評放送中。

本作の放送で話題になっているのが、シンガーソングライター・大原ゆい子が作詞・作曲・歌唱を担当しているOPテーマとEDテーマ。特にOPテーマは、1月の第1クール放送開始から物語の舞台が移り変わる度に変化。これまでに「旅人の唄」「目覚めの唄」「継承の唄」「祈りの唄」の4曲が本編を彩り、そして22日に放送された第19話ではさらに新たなOPテーマ「遠くの子守の唄」が解禁!それらの楽曲と、固定のオープニング映像ではなく各話の本編の物語に沿った映像で贈る演出は、放送の度にファン・視聴者の間で大きな反響を呼んでいる。

そんな『無職転生』のテーマソングが網羅されるCD「TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』Theme Song Collection」が、12月22日に発売。この度、そのCDジャケットビジュアルが解禁された。本作の総作画監督を務める髙橋瑞紀氏の描き下ろしによる主人公・ルーデウスが木陰で安らぐ姿と、本作の注目ポイントでもある美しい背景美術が融合したビジュアルに仕上がっている。

12月22日発売のCDアルバム「『無職転生』Theme Song Collection」は、OPテーマ「旅人の唄」「目覚めの唄」「継承の唄」「祈りの唄」「遠くの子守の唄」、第1クールEDテーマ「オンリー」、第2クールEDテーマ「風と行く道」等が収録される。

TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』は、無職で引きこもりだったところを家族に家から追い出され、その直後にトラックに轢かれて事故死してしまった34歳の男が、剣と魔法の異世界で少年ルーデウス(通称ルディ)として転生。それを機に今度こそ本気で生きようと決意するルーデウスの、様々な人々との出会いや壮大な冒険を描く物語。第2クールは、毎週日曜24:00からTOKYO MX、KBS京都、BS11にて、24:30からサンテレビ、その他テレビ愛知、J:テレ、AT-Xで放送中。dアニメストアとニコニコにて地上波同時配信中、他配信プラットフォームでは毎週土曜正午より順次最新話配信となる。

次ページ(リリース情報など)はこちら

この記事を書いた人