tacica 16年のキャリア初のベスト・アルバムを発表、自身のロゴからインスピレーションを受けたジャケット写真も公開!

2021.11.15

今年で結成16年を迎えたtacicaが、2008年のメジャーデビュー以来キャリア初のベスト・アルバム『dear,deer』を12月22日にリリースすることが決定した。

2005年に札幌で結成され、2007年に発表されたデビューEP「Human Orchestra」が軒並みインディーズチャートを席捲し注目を浴びたtacica、

2008年にアルバム『parallel park』でメジャーデビューし、今回のベスト・アルバムではインディーズ時代からの代表曲「HERO」「黄色いカラス」から最新シングル「aranami」、そして今回のアルバムタイトルと同名の新曲「dear, deer」まで全16曲リマスタリングにて収録された内容となる。

今回のベスト・アルバムのジャケット写真は、ファンに長く親しまれているtacicaのロゴを実写化したかと思わせるような、地元北海道の風景から作られた幻想的なビジュアルがとても印象的だ。

今回公開されたベストアルバム発売のティザームービーには、収録楽曲情報だけでなくtacicaらしさ溢れる雄大な北海道の映像がバックグラウンドに使われている点にも注目してほしい。

また初回盤同梱のBDには今年4月に東京中野サンプラザで開催された、tacica結成15周年記念公演「象牙の塔」と、2019年4月に東京新木場コーストで開催された最新アルバム「panta rhei」のアルバム再現ライブが収録される豪華な内容となる。(DVD版は「象牙の塔」のみ収録)

そして11月28日(日)には渋谷VeatsにてFCライブ「集う鹿」の開催が決定している。こちらは11月13日12:00から三次先行として若干数のチケットを販売するようなのでこの機会にチェックしてほしい。

次ページ(リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人