【インタビュー】アイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」より、双子ユニット・不動 雅役/目黒駅の峯田大夢、綜馬 礼役/目白駅の太田将熙に収録時のエピソードやプロジェクトへの意気込みを聞く

声よし、所作よし、笑顔よし――。山手線各駅の駅員のキャラクターが、業務時間を終えるとアイドルとして活躍するという、類を見ないコンセプトのアイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」(通称ラッチ)。現在“運行中”のYouTubeのボイスドラマほか、音楽、ライブなどで、個性豊かな駅員アイドルがそれぞれの街を盛り上げ、パッセンジャー(ファン)を魅了している。

そんな本プロジェクトは、2021年5月に“出発”。10月中旬の段階では23駅・23名のボイスキャストが公開となっていたが、ついに先日、30駅・30名すべてのボイスキャストが解禁となった。

注目度が高まっているなかでリリースされる3rd CD「STATION IDOL LATCH! 03」には、3ユニットによるオリジナルソングに加え、各メンバーの日常が垣間見られるボイスドラマが収録されている。本作に参加している双子ユニット・不動 雅役/目黒駅の峯田大夢、綜馬 礼役/目白駅の太田将熙に、収録時のエピソードや意気込みを聞いた。
続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人