TVアニメ『プラチナエンド』EDテーマ、宮下遊「降伏論」のノンテロップ映像公開!

『DEATH NOTE』『バクマン。』を生み出した大場つぐみ・小畑健の強力タッグが原作を手がけ、10月より好評放送中のTVアニメ『プラチナエンド』。

この度、宮下遊が担当するEDテーマ「降伏論」のノンテロップED映像が公開された。

2ndシーズンディレクターの黄瀬和哉が絵コンテ・演出・作画を担当したEDアニメーションでは、主人公・架橋明日(かけはしミライ/CV:入野自由)と敵対する生流奏(うりゅうかなで/CV:石川界人)サイドのストーリーが描かれている。

美しく切ない映像と音楽が、痛切な覚悟を抱く生流奏の孤独な世界を彩る本EDを堪能してほしい。

明日・奏ら神候補13人とその天使たちが新たな神の座を巡って策謀や戦いを繰り広げる本作では、敵キャラクターの「正義」も提示され、それぞれのぶつかり合いが見どころたっぷりに描かれている。これから明かされていく生流奏の物語も見逃せない。

豪華キャストで、2クールをかけて物語の完結まで描き切るTVアニメ『プラチナエンド』に注目だ。

次ページ(リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人