TVアニメ『takt op.Destiny』オープニング主題歌、ryo (supercell) feat. まふまふ, gakuによる「タクト」10月5日配信リリース決定!

テレビ東京系6局ネット・BSテレビ東京にて、10月5日より毎週火曜深夜0時から放送のテレビアニメ『takt op.Destiny』。

そのオープニング主題歌となっているryo (supercell) feat. まふまふ, gaku /「タクト」が、10月5日(火)0時に各種音楽配信サイトでの配信リリースが決定となった。配信ジャケ写も初公開となる。


●リリース情報
TVアニメ『takt op.Destiny』オープニング主題歌
「タクト」
ryo (supercell) feat. まふまふ, gaku
歌:まふまふ×gaku
作詞・作曲・編曲:ryo (supercell)

10月5日(火)0時各種音楽配信サイトにて配信開始

●作品情報
TVアニメーション『takt op.Destiny』

テレビ東京系6局ネット・BSテレビ東京にて、10月5日より毎週火曜深夜0時から放送!
Amazon Prime Videoにて10月5日より毎週火曜深夜1時から最速配信決定!

【MAIN STAFF】 
原作:DeNA・広井王子
監督:伊藤祐毅
シリーズ構成:𠮷村清子
キャラクター原案:LAM
キャラクターデザイン:長澤礼子
総作画監督:長澤礼子、菅野利之
アクションディレクター:岩澤亨
D2デザイン:原科大樹
武器デザイン:前並武志
美術監督:e-カエサル
色彩設計:末永絢子
3DCGモデリングディレクター:玉井真広
3DCGアニメーションディレクター:小野英希
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音楽:池頼広
音響監督:郷文裕貴
制作:MAPPA×MADHOUSE

オープニング主題歌:ryo (supercell) feat.まふまふ, gaku「タクト」
エンディング主題歌:中島美嘉「SYMPHONIA」

【MAIN CAST】
朝雛タクト:内山昂輝
運命:若山詩音
アンナ・シュナイダー:本渡楓
巨人:伊藤美来
レニー:日野聡
天国:水瀬いのり
地獄:上田麗奈
シントラー:浪川大輔
ザーガン:花輪英司

<INTRODUCTION>
「苦悩を突き抜けて、歓喜に至れ――L.V.ベートーヴェン」
音楽は人の心を照らす光――
突如として、その『光』が世界から奪われる。
空から黒い隕石『黒夜隕鉄』が降った夜、世界は様変わりした。
黒い隕石から生み出された異形の怪物『D2』が、大地と人々を蹂躙し始める。
D2は人の奏でる旋律に惹かれ、やがて『音楽』そのものが禁忌とされた。

だが、その怪物に抗う者達が現れる。

音楽を力とする少女達――『ムジカート』
彼女達は、人類史に残る偉大な歌劇、楽曲の楽譜(スコア)を身に宿し、D2を撃ち破る力とした。

そして、彼女達を指揮し、導く『コンダクター』

2047年。D2との抗争によって荒廃したアメリカ。
コンダクターの『タクト』は、ムジカート『運命』と共にニューヨークを目指して旅していた。
音楽が失われた世界で、音楽を渇望する『タクト』
D2の殲滅を望むムジカート『運命』

二人の少年と少女が生み出す旋律は、歓喜かそれとも絶望か――

<ryoコメント>
歌以外を担当しております、ryo (supercell)と申します。
誰もが少年少女だった事を思い起こさせてくれるような歌声の持ち主であるまふまふさん、そして荒々しくも人の弱さを想起させてくれる歌声のgaku君に、デュエットで本アニメの世界観を鮮やかに描いた楽曲を作らせて頂きました。よろしくお願いいたします。

<gakuコメント> 
今回『takt op.Destiny』の主題歌を歌唱させて頂きましたgakuと申します。
自分自身とてもアニメが好きなので、美麗で繊細なアニメーションに携われたことをとても光栄に思います。
主題歌の「タクト」は、『takt op.Destiny』の世界観を表現できるよう全力で歌いましたので、沢山聞いて頂けると嬉しいです!
共に『takt op.Destiny』を盛り上げていければと思いますので、よろしくお願いします!

<まふまふコメント>
光栄なことにお声掛けいただき、「タクト」の制作をご一緒させていただきました。
作品の世界観、楽曲に込められたメッセージを伝えるにはどう在るべきなのか、今一度自分の声と向き合う機会となりました。このように素敵な作品に携わることができて、歌を続けてきて良かったなと思います。何卒よろしくお願いいたします。

<ryo プロフィール>
アーティスト活動の際の名義は「supercell」。
その他作曲家、プロデューサー、ミックス、マスタリングエンジニア、ディレクションなどを一人で担当し音楽を作り上げる。
supercellでの活動の際のメンバーは漫画家、イラストレーター、デザイナーからなる。
異業種や視聴者を巻き込んでいく様がまるでsupercell(超巨大積乱雲)のようであるという事からその名前がつけられた。
ファーストアルバム「supercell」は第24 回日本ゴールドディスク大賞にて「ザ・ベスト5 ニュー・アーティスト」受賞。
楽曲「君の知らない物語」はトリプルプラチナ(75万DL以上)を達成し、早くからアジア圏での注目を浴びる。
その後タイアップ作品を多く手掛ける。
またプロデューサーとして2011年フジテレビ、ノイタミナ発のアニメ作品から飛び出したバーチャルアーティスト、「EGOIST」を総合プロデュース。
バンダイナムコの映像技術を用い最新のモーションキャプチャーシステムを駆使したライブで、日本のみならずアジアでのツアーを敢行し累計約10万人を動員。
ryoの活動歴は14年目に突入。ソニーミュージックが主催するMonogatary.comとのコラボレーションなど、これからの活動にも要注目。

©DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック

関連リンク

『takt op.Destiny』公式サイト
https://anime.takt-op.jp/

ryoオフィシャルサイト
https://www.supercell.jp/

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人