声優・神尾晋一郎×作曲家・間宮丈裕(ゆよゆっぺ)による純文学樂団「KATARI」、初の単独ライブ独奏会『嚆矢』オフィシャルレポート到着

八月吉日、夏が終わりを告げ新たな季節を予感させるこの日、純文学樂團『KATARI』は都内某所にて初の単独ライブを、会場及び配信含め約8,000人以上の観劇者を前に実施された。

<出演者>
【KATARI】
神尾晋一郎、間宮丈裕(ゆよゆっぺ a.k.a DJ’TEKINA//SOMETHING)

現実と非現実が相俟ったかのような、虚ろな空間で
KATARIはその言の葉を奏で、語り、騙った。

記念すべき初の単独ライブ。地下へと続く階段を抜け、会場に入ると、そこにはアンティークな椅子と小さな机、そこにポツンと佇む二灯の電球。そして、その傍らにはこれまでKATARIの音楽を作り続けたであろう演奏機器。此処から全てが始まるんだと、感慨深く思った観劇者も少なくはないだろう。

コロナ時勢を鑑みて会場は少人数収容となってはいるが、配信でも視聴を実施しており、SNSなどを見ても沢山のKATARIファンが今回のライブに注目しているのは十分に感じることができた。

そして、開幕。
幻想的な音楽と共に、黒を貴重とした何処か流浪の民を感じさせられる衣装で登場するKATARI。細やかな衣装に差し色装飾のひとつひとつからもこだわりを感じる。

卓上に二つの灯がつき、間宮氏からの心臓に直接訴えかけるような重低音とともに、神尾氏が語り始める。KATARIの始まりの曲にして、全てはここから始まった。「朔に」だ。会場は一層の没入感を高め、観劇者は皆その姿、音、そして言の葉に見入っていった。

「朔に」が終わるとそのまま曲は流れるように次の楽曲へ。純文学樂團たる所以を世に知らしめた第一弾となる楽曲「山羊の歌」だ。中原中也氏著による本作、語り人となる神尾氏が時には若人、老人へと声色を変えその心情を語る。また原曲とは違うトラックアレンジがされており、サビ部分においてはハイトーンボイスで混ざり合う間宮氏の声が心の隙間にするりするりと入り込み、自分もその時代の傍観者となったかのような錯覚を覚える。

続いては、透明感のあるポップな音色から与謝野晶子氏著による「夢と現実」。誰も知り得ぬ日々に一喜一憂しながらも、それでも尚、明日への「何か」に自身の生きる理由を見出す一人の女性の人生を神尾氏が言葉を紡ぎ、語りきった。まるで感情を包み込んでくるような言葉と音色をきっかけにKATARIを知ったファンも少なくはないだろう。

その後、暗転を経て舞台は急展開を迎える。
荘厳悲哀、しかし神秘性すら覚える音と共に神尾氏の語りが始まる。
そう、感情を強引にもっていかれると言わしめたことで定評のある衝撃的な楽曲「HUMAN LOST・かくめい」だ。太宰治氏著による本作は、重々しくも痛々しい、ただただ心が堕ちて狂ってしまうかのような倒錯感を覚える。間宮氏の歌声が感情の一つ一つ掻き乱し、絶望と狂気さをより増長させ、神尾氏が言の葉を堕とし、場内を掌握した。

掌握は未だ止まらない、畳み掛けるように楽曲は続く。高見順氏著「死の淵より」。朗らか口調から淡々と無機質となっていく語りと不安で追い込まれるような旋律、死者の爪がのびるとはまさにこの事を言うのだろうか。一歩一歩、現世の淵へと追い込まれるにつれ、抑え込んでいた感情が瓦解するかのような神尾氏の表現は舌筆に尽くしがたい。そして最後に鎮魂と救済を謳うかのような間宮氏の歌声も印象的であった。

続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人