岩田陽葵と小泉萌香による声優ユニット・harmoe、“チル度”がテーマの2ndシングル「マイペースにマーメイド」リリースインタビュー

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』などで共演する岩田陽葵と小泉萌香の仲良し二人による声優ユニット・harmoe。「音楽と物語はいっしょに歩く」をキャッチコピーに、おとぎ話をモチーフにしたダンスポップミュージックで独自の世界観を表現する彼女たちが、2ndシングル「マイペースにマーメイド」をリリースした。タイトル通り「リトル・マーメイド」を題材にした本作には、彼女たちと所縁のある三森すずこ、Tomggg、そして新進気鋭のクリエイターである春野、ボカロPの歩く人が参加。多彩なアプローチで楽しませてくれる3曲について、harmoeの二人に話を聞いた。

三森すずこが歌詞を提供!マイペースな二人の「人魚姫」のための歌

――まずは前作「きまぐれチクタック」でデビューして以降の感想についてお聞かせください。4月には初のトーク&ミニライブイベント“harmoe canvas session Ⅰ”も開催されましたが、ファンの方の反応や反響はいかがですか?

岩田陽葵 オンラインサイン会などで皆さんからいただくコメントを見ていると、harmoeの活動や楽曲を通して私たちのことを知ってくれた方も結構いらっしゃって、すごく嬉しいです。4月のイベントが初ステージだったのですが、私たちの楽曲は独特の世界観が確立されているものばかりなので、多分ファンの方も「どんなライブになるんだろう?」と考えていたと思うんですよ。でも、実際にパフォーマンスを観てもらえたら、harmoeの世界観やダンスを好きになってくれていることを、当日ライブをやっていても肌で感じることができました。

小泉萌香 私も同じく、そう感じました。私たちのグッズにはペンライトがなかったにも関わらず、皆さんちゃんとペンライトを用意してくださっていて、曲に合わせて振ってくださって、すごく嬉しかったです。私たちの世界観をしっかりと伝えられたかなと思います。

――オンラインサイン会の様子を拝見していて感じたのですが、harmoeは海外のファンの方も多くいらっしゃるみたいですね。

岩田小泉 そうなんですよ!

――中国や韓国、インドネシアなど、色んな国の方からの反応があるみたいですが、あれは何か理由があるのですか?

小泉 私たちもわからないんですよ。アジア圏はもちろんなんですけど、アメリカやヨーロッパ、プエルトリコからも(オンラインサイン会に)参加していただいて。

岩田 ロシアからとかもあるよね。それも楽曲の力があるのかな?海外の方にも好きになってもらえるような曲調なのかも。

――たしかにharmoeの楽曲は、フューチャーベースやジャージークラブといった最先端のクラブミュージックの要素を取り入れているので、その意味では海外の人にも受け入れられやすいのかもしれませんね。

岩田 音楽がきっかけだとしたらすごく嬉しいですね。でも、私たちも毎回ビックリだよね。「えっ、フランスから!?」みたいな(笑)。

小泉 harmoeからなのか、ほかの作品からなのか。どこで出会ってくれたのか知りたいよね。気になる。

――今回のニューシングルの表題曲「マイペースにマーメイド」も、前作「きまぐれチクタック」に続きTomgggさんが楽曲提供した、夏が似合うフューチャーベース系のナンバー。しかも作詞は、お二人とは『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』で縁深い三森すずこさんが担当しています。

岩田 二人でポニーキャニオンからデビューさせてもらえることになったときに、みもさん(三森)が「いつか作詞したい!」と言ってくださっていたんです。「いつかぜひ!」と思っていたら、スタッフの方から「2ndシングルは三森さんに作詞してもらうことになりました」と言われて、「もうですか!?」って(笑)。

小泉 ほぼ夢みたいな話だと思っていたので、こんなに早く叶っちゃうんだと思って。歌詞も、みもさんの優しさやかわいらしさが出ていますし、言葉のチョイスがすごくお洒落なんですよね。“クラゲのネオン”とか。私は“検索 絶景␣ビーチ”のところがすごく好きで、この歌詞が歌えることにワクワクしました。

岩田 みもさんが「二人のことを考えながら作詞するのがすごく楽しかった」とおっしゃっていたので、どんな歌詞になるか楽しみにしていたら……もうみもさんそのものがトロピカルな方じゃないですか。

小泉 夏が似合うよね。

岩田 そう、太陽やマーメイドも似合うし、夏みたいにすごく明るい方なので、それがすごく詰まった歌詞だなと感じて、初めて歌詞を見たときからすごく好きになりました。私は特に2番の“メロンソーダみたいな海 ジュワッと溶けたオレンジ”のところが、情景が思い浮かんでくるような歌詞で好きです。

――言葉のセレクトに今の女の子っぽさが溢れていて素敵ですよね。三森さんはお二人のことを考えて作詞したとのことですが、自分たちらしさを感じる部分はありますか?

岩田 “マイペース”ですね。

小泉 そうだよね。

――お二人ともマイペースという自覚があるのですか?

岩田 とってもマイペースです(笑)。

小泉 しかもゆっくりめのマイペースですね。オンラインサイン会のときも、結構いいペースで進行してると思いきや、結局時間が差し迫っていて……「あれ?私たちの感覚と時間の進み方がちょっと違うかも……?」って思いました(笑)。

岩田 二人とも妥協ができないタイプで、こだわりたくなっちゃうんですよ。だから何事にも時間がかかってしまうんだと思います。

――たしかにオンラインサイン会でも、誕生日が近い人のためには必ずバースデーソングを歌っていましたし、こだわりや楽しんでほしい気持ちが強いのかもしれないですね。

小泉 結構見られてる(笑)。

岩田 楽しくやっているんですけど、ただ、そういうところで(時間が)延びるんです(笑)。踊り出したりもしてたもんね。

小泉 「この曲のこの部分が好きなんです!」とか言って。

岩田 結構いいペースでやっていたつもりでしたけど、よく考えたら踊っていたからでした(笑)。

――お二人はすごく仲が良いですが、それはマイペースな部分で通じ合うところがあるんですかね?

岩田 どうなんだろう?もう出会ってから4年くらいになるし、舞台も一緒にやっていたりするので、毎日一緒にいることが多いんです。なので、そういう次元も超えているというか……。とにかく一緒にいる時間が長すぎて、色んな姿を見せているから、ダメなところもたくさん知っていてくれているし、だからこそなんでもさらけ出せる感じになっちゃっていて。最早「仲良いよね」とも思わないというか、一緒にいて当たり前みたいな感じにはなっていますね。

小泉 たしかに改めてそういうことを考えることがないので、そう聞かれると「あれ、なんでだろう?」ってなります(笑)。きっと同じぐらいのペースなんでしょうね、歩み方が。

――お二人でやられているニコニコ生放送の番組「岩田陽葵・小泉萌香 気の向くままに思うがままにっ!」をたまに観ているのですが……。

岩田 えーっ!ありがとうございます!

小泉 嬉しい!

――あの番組もすごくマイペースでフリーダムなのに、それで成立している関係性が素敵だなと思って。

小泉 あの番組は仕事というよりも、普通に遊びに行ってるみたいな感覚ですから(笑)。いつも楽屋のテンションのまま生放送が始まっていて。

岩田 素の私たちを観てもらえています。

――三森さんはお二人のそういう魅力を踏まえて、今回の歌詞を書かれたんでしょうね。なおかつ歌詞に“ほら 魔女も 王子もいらないわ ただ 海に包まれたい”とあるように、この楽曲で描かれるマーメイド像には、周りに左右されない芯の強さがあるように感じまして。お二人にもそういう部分はありますか?

小泉 たしかに私もあまり人と同じことをしないタイプかもしれないです。悪く言えば流行りものに疎いだけかもしれないけど、あまり流行りにも乗らないですし、誰かに「これしなさい」って言われても、嫌だったらやらないので(笑)。自分がやりたいからやる、というのはあるかも。

岩田 もえぴ(小泉)は、良い意味で自分を持っていると思う。周りに流されない自分を確立しているというか、信念があるというか。

小泉 はるちゃんも自分を確立しているタイプだと思うし、唯一無二の存在という印象があって。でも、はるちゃんは器用だから人に合わせることができる人だと思う。

岩田 逆に私としては、自分よりも周りを優先してしまうところがあるなと思っていて。長女気質なのかもしれないです。

――岩田さんは長女なんですね。なんとなく妹っぽいイメージがありました。

岩田 よく言われます(笑)。実は長女なんです。なので自分の考えよりも周りに合わせちゃうというか、平和を好んでしまうので、周りが楽しいならこっちがいいな、っていうところがあって。だからこそたまに「あれ?私って自分があるのかな?」ってふと思うときがあります。

小泉 ちゃんとあるよ。

岩田 でも頑固とはたまに言われる(笑)。譲れないものがあるんだと思います。

次ページ:二人は仲良し姉妹!?息の合ったレコーディング&MV撮影エピソード

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人